↓↓法律相談カフェ↓↓
匿名で相談をご希望の方は↓↓


アヴァンス法務事務所の外郭と評判 法務事務所って何?

アヴァンス法務事務所は、弁護士が在籍していないです。
司法書士だけが法的な手続きができます。法律事務所では弁護士の在籍があるのですが、法務事務所では司法書士事務所と考えて良いです。

アヴァンス法務事務所とは?

2007年に大阪で開業しています。
以前は名古屋や福岡にもオフィスがありました。
しかし、現在は大阪と東京にオフィスがあるだけです。

原則的に140万円以下の債務整理を担当しています。過払い金返還請求、任意整理などです。
2011年から、不動産登記、商業登記、相続登記の扱いもしています。
現在、認定司法書士が11名在籍しています(スタッフは全員で100名ほど)。

↓↓法律相談カフェ↓↓
匿名で相談をご希望の方は↓↓


女性専用の受け付けもしている

アヴァンスレディースとして、女性担当者が対応しています。
デリケートな借金返済の悩みに対して、丁寧に相談ができます。

特別な料金体系ではないのですが、相談者が女性なら同性で話しやすい環境を作るのも債務整理には必要と考えてのことです。女性専用の無料相談を別に用意してありますので、心置きなく相談ができることでしょう。

CMも行っている

現在はYou Tubeで確認ができますが、マスコミでも評判になっていました。
CMは2009年から広告宣伝をしています。

この時は、大きな法律事務所などが、盛んにCMやマスコミに露出していた時代です。
過払い金返還請求の受け付けなどで、アヴァンス法務事務所もネームバリューがある方でした。
現在では過払い金返還請求の数も減少していますが、債務整理の受け付けはしています。

24時間体制でフリーダイヤルでの借金相談、何度でも無料など、ラジオCMもおなじみです。
インターネットのバナー広告、テレビCMも全国区です。

↓↓法律相談カフェ↓↓
匿名で相談をご希望の方は↓↓


広告活動、一瞬消えた?

債務整理ができる事務所として、盛んな広告がありました。見ている人間にとっては、そこが法律事務所なのか、法務事務所なのかは気にしない方が多かったでしょう。

2011年には、非弁活動の疑いで大阪弁護士会からの告訴がありました。
嫌疑不十分での不起訴になったのですが、広告は消えた時期がありました。
そして、社内を刷新した形で、現在も活動は盛んです。

無料法律相談を全国各地が開催しています。
この全国の無料相談ですが、ネームバリューのある法律事務所でも開催しています。
なかなか電話やインターネットで債務相談ができない方で、各地の会場で直に話すことができるチャンスです。どこも大盛況の企画です。

インターネットで進行状況が確認できる

アヴァンス法務事務所では、依頼された債務整理の進捗状況を公開しています。
アヴァンス・ネクストは、パソコンでもスマホでも24時間確認ができます。
2017年12月にはリニューアルされて見やすくなりました。

↓↓法律相談カフェ↓↓
匿名で相談をご希望の方は↓↓


高いと評判は多いけれど、契約書の確認で納得する方も多い? 

アヴァンス法務事務所の債務整理では、事務手数料がかかるとホームページにあります。
債務整理の費用については、各社独自の設定になっています。

高いとの評判が多い

事務手数料は、いくらになるかが不明です。
司法書士は弁護士よりも低い設定であることは知られていますが、事務手数料として徴収することはあまりないです。

  • 基本報酬と減額報酬、成功報酬がある。
  • 基本報酬と着手金だけ。
  • 基本報酬だけ。
  • というようにパターンがありますが、アヴァンス法務事務所では、着手金も基本報酬もありです。

    減額報酬がないのですが、別途事務手数料がかかる計算です。
    それは金額表記がないため不明です。しかし、必ずかかるので、確認は必要です。
    任意整理では、着手金と手続き報酬がありますが、基本報酬の明記はないです。

    ↓↓法律相談カフェ↓↓
    匿名で相談をご希望の方は↓↓


    高いとは言い切れない

    1社50,000円が平均的な基本報酬ですが、ほぼ同等です。
    事務手数料の内容では、件数が多くなるとかかる内容も多いですが、それほど高いと目くじらを立てる内容ではないです。着手金ゼロとか、減額報酬ゼロ。基本報酬が50,000円とありますが、最終的に合計した最初の金額が50,000円前後なら妥当と言えます。

    ただし、司法書士の債務整理なので、140万円以上の借金の取扱はしていないです。
    選択しての債務整理は可能ですが、ここは確認が必要です。

    費用では矢面に立つこともある

    債務整理では、いくらで解決できるかが大きい問題です。
    実際どこの法律事務所でも書き方がとても安易であり、それぞれの例で違います。

    減額報酬がありませんと言いながら、基本報酬が高い。
    手数料もアヴァンス法務事務所のように、具体的ではないことで悪い噂もたちます。
    これは、実は専門家にとっても不明な点があります。

    債権者の対応でも違う

    債務整理と一口に言っても、成功率は100%ではないです。
    残念な言い方ですが、交渉が長期間になったり、出張、事務手数料などが、余計にかかることがあります。相手あっての交渉であり、実際にかかる金額ははっきりとだせないのが現状です。
    法律の範囲内のことですが、実はそんなに簡単ではない債務整理もあります。

    あなたは例外だったから高いではなく、他にかかる費用があることを匂わせておくのは、債務整理の費用ではよくあることです。2万円とか4万円とかの最安値の場合の債務整理もあります。しかし、もっと請求される内容になっていて、具体的な金額表記がないです。

    ですから、事務手数料が存在するアヴァンス法務事務所にしても、高いと評判になっているようですが、実は他社とあまり変わりはないと言えます。
    どちらかというと、任意整理だけは高めになる可能性がある。
    件数が多ければ、それだけ事務手数料も多いかも?ということです。

    ↓↓法律相談カフェ↓↓
    匿名で相談をご希望の方は↓↓


    アヴァンス法務事務所の債務整理とアフターフォロー

    アヴァンス法務事務所では1社からの任意整理も行っています。
    任意整理については数があるほど儲けがあります。
    法律事務所によっては、一定数がなければ対応しない場合があります。

    事務手数料はかかる

    任意整理では、司法書士が直接債権者との利息カット交渉をする内容では。
    裁判所は介在しないことで、司法書士の直接の交渉だけが鍵です。
    提出書類も少なく、来店なしで行うこともできます。

    アヴァンス法務事務所では、土日祝日も営業しています。
    債務整理の理想としては、1度は面談をして話をすることです。
    遠方で来店できない旨はしっかりと相談してみてください。
    事務手数料はかかりますが、1社だけでも任意整理ができる対応は嬉しいでしょう。
    そして、土日の営業もその時に直接相談ができるメリットは大きいです。

    ↓↓法律相談カフェ↓↓
    匿名で相談をご希望の方は↓↓


    まめに連絡がこない

    債務整理では、相談者が話をして契約をすると、司法書士からの連絡は基本的にはこないです。何か変わったことや必要な場合だけの報告になります。まだ途中経過などは、連絡の必要がないことがあります。わざわざもう少しですからという報告はないです。

    アヴァンス法務事務所では、アヴァンス・ネクストがあります。
    これは自分の債務整理をパソコンやスマホで進捗状況を確認できます。
    ですから、ここに限っては、自分の債務整理が進んでいることを目で確認することができます。

    どうして連絡がこないか?というのは、ズバリその必要がないからです。
    債務整理契約した時から、受任通知が債権者にいくことで、返済の必要がなくなります。
    それだけでも安心できますが、連絡がないのは不安です。
    アヴァンス・ネクストではその不安をサイトで対応しています。

    債務整理ではいちいちどうなっています?そんなことも聞けないのが現状ですが、アヴァンス・ネクストでは、自身の借金がどのように債務整理の進み具合を確認できます。

    新しい試み

    こうしたサイト公開により、新しいカタチの債務整理を展開しています。
    もともとマスコミ露出が多く、10年以上のキャリアの法務事務所です。
    早くから多くの債務者が相談にいく事ができるとしてネームバリューもあります。

    過去には大阪弁護士会からの告発などがありましたが、債務整理業務には何ら影響がないです。規模は小さくなりましたが、電話で何度でも相談無料、過払い金返還請求の対応、全国各地での無料相談などは行われています。

    一応ですが、法務事務所とは司法書士が扱う債務整理です。
    弁護士ではないので、できない債務整理の内容もあります。ここはしっかりと確認してください。断られたとの口コミでは、それが司法書士ではできないことが理由になります。

    ↓↓法律相談カフェ↓↓
    匿名で相談をご希望の方は↓↓


    借金問題に強いアヴァンス法務事務所 初期費用はゼロ 

    CMを行なっているアヴァンス法務事務所では、特に過払い金返還請求に強いとされる点がポイントです。貸金業法の改正によって、利息制限法で上限金利が変わりました。同時に借金返済ができずに悩んでいる方にとっても、テレビで宣伝をしているだけでも大きな安心感があります。

    アヴァンス法務事務所

    法務事務所とは司法書士が行う法的手続きの会社です。
    司法書士と弁護士との大きな違いは、多額の債務整理ができない、裁判所での手続き上で司法書士ができないことがある点です。過払い金返還請求、任意整理にしても140万円以下の債務整理しかできないのが法務事務所です。

    実際に債務整理をする方では、140万円以下の方も多いです。そして、全体的に司法書士の方が費用が低いことがあります。ですから、140万円までの債務整理なら、アヴァンス法務事務所での契約がオススメな方も少なくないでしょう。

    ↓↓法律相談カフェ↓↓
    匿名で相談をご希望の方は↓↓


    24時間相談ができる

    これはメールだけではなく、電話にも対応しています。
    しかも回数制限がなく、何度でも無料の借金相談ができます。
    実際に、債務整理と言っても、自分の場合はどうなの?と疑念に感じている方も少なくないです。

    債務整理にも種類がありますし、アヴァンス法務事務所では、いまの状況を確認した上で適切な方法をアドバイスしてくれます。電話相談=契約ではないので、何度でも同じ質問でもOKです。無料相談と言いながら、実は初回30分だけという法律事務所も少なくないので、ここは気をつけましょう。

    認定司法書士が、あなたの借金相談について、きちんと説明も任意整理、過払い金返還請求の内容も説明をしてくれる事になっています。何度でもというのが、アヴァンス法務事務所のポイントの1つです。

    お金がないのですが

    相談が無料ですが、債務整理の契約に至る時にはお金がかかります。
    この点も分割払いができ心配はないです。

    分割ができる費用になっていて、原則初期費用がゼロ円です。
    債務整理では、司法書士が債権者に対して受任通知を送ります。
    これで、一応返済はストップできます。

    すでに延滞している部分があったとしても、これからの毎月の支払いもしなくても良い状態になります。この支払のお金を後に、アヴァンス法務事務所の費用として回す事ができます。

    早いほうが良い

    借金返済の問題に関しては任意整理が一番早いと言います。
    将来の利息カットの交渉で、裁判所を介さない方法です。

    アヴァンス法務事務所では、直接債権者との交渉をすることで、早期に返済負担を小さくすることができます。その進捗状況は、いちいち報告ではなく、アヴァンス・ネクストのサイトでスマホからも確認ができます。

    画期的な進行状況のお知らせであり、連絡がなくても自身の債務整理の状況確認ができます。
    もちろん無料の利用ができます。

    ↓↓法律相談カフェ↓↓
    匿名で相談をご希望の方は↓↓


    アヴァンス法務事務所の良い評判はココ

    アヴァンス法務事務所では、他社にはないサービスがいろいろとあります。

    女性専用窓口

    これは法律事務所でも最近で始めていますが、女性スタッフによる相談です。
    ここに相談をすると、相手が女性が出ます。
    センシティブな内容、もともと男性と話すのが苦手。
    借金についての話をきちんと話をしたい女性にとっては嬉しい対応です。
    業務の都合で男性が電話口に出たとしても、女性が良いとはっきりと申し出ることもOKです。

    アヴァンス法務事務所では、男性もソフトですが、妥協はしなくても良いです。
    堂々と女性であること、女性専用窓口であることを主張することができます。
    安心して話をすることができます。

    ↓↓法律相談カフェ↓↓
    匿名で相談をご希望の方は↓↓


    アヴァンス・ネクスト

    契約後の自身の債務整理についての進行状況を確認することができます。
    マイページ的な存在であり、今の私の債務整理の動向を知ることができます。
    ログイン方式であり、自分だけが確認ができますから、イライラして待つことがないです。

    多分、債務整理の進捗は電話でどうなっているのですか?と質問したとしても、今行なっている最中としか言いようがないでしょう。それをアヴァンス・ネクストを使うと聞かなくても状況が確認できます。このシステムで安心ができます。

    ちなみに、任意整理でも数ヶ月かかってしまうことはザラです。

    アヴァンス・リニュー

    任意整理の債務整理では、返済をしなくてはならないです。
    自己破産と違って債務が残るのですが、その時には再和解、2度目の任意整理が必要になることがあります。債務整理後の返済ができないと、弁護士の中には代理人を辞任してしまう場合があります。

    そんな時には、別の弁護士や司法書士を探すことになります。
    アヴァンス法務事務所では、こうした最悪の事態にも対応しています。
    無理のない債務整理をしたはずですが、状況が変化した時に再和解などの交渉をしてくれます。

    普通はとても困難になるのですが、アヴァンス法務事務所では完済までのお手伝いをモットーとしています。費用が少しかかるのですが、完済までしっかりとサポートをしてくれる対応はさすがです。過去に債務整理で失敗をしている方も、アヴァンス法務事務所で解決できる借金もあります。

    代理弁済

    アヴァンス法務事務所では、返済がある債務整理では代理弁済の形もあります。
    債権者との和解でアヴァンス法務事務所が完済し、債務者は法務事務所に直接支払いをする形です。

    要は返済している形ですが、債権者との付き合いは切れたことで、法務事務所との一対一での対応になります。精神的にも楽であり、必ず負担ない金額設定の相談ができます。
    これで借金返済で悩む日々もなくなり、自身の債務整理が納得の上で行うことができます。

    ↓↓法律相談カフェ↓↓
    匿名で相談をご希望の方は↓↓