ブラック延滞情報を消す方法については只今弁護士さんと準備中です。
準備が整いましたらご連絡致します。
ご興味のある方はメール登録をしておいて下さい。



借金減額ゼミナールでいくら減額できるか?>>>無料シュミレーター

信用情報回復でブラックリストを消す方法

ブラックリストは、基本的に掲載期間を過ぎないと消すことはできません。
しかし、一定の情報に当てはまる場合、ブラックリストから消去ができることがあります。
信用情報を回復させてブラックリストを消す方法とはどのようなケースなのか、ご紹介していきます。

一定の情報に当てはまることでブラックリストを消す方法

ブラックリストに掲載されると、一般的には一定の掲載期間が消えない限りブラックリストを消すことはできません。
しかし、このような条件にあてはまる場合は、信用情報を回復によりブラックリストから消すことが可能な場合があります。

  • 遅延が5年以上あり、裁判所に訴えられていない
  • 裁判所に訴えられている場合であっても、10年以上経過している
  • 5年以上年18%を超える利息の返済を、2003年以前のローンで行った
  • 5年以上破産の免責から経過しているのに事故情報の掲載がある

借金の時効は5年ではない

借金の時効を5年と勘違いしている方もいますが、5年経っても自然に成立するかといえばそうではありません。
5年以上経っている場合でも、金融機関より裁判所に訴えられて判決が出た場合、その後の10年間は時効援用ができなくなってしまいます。
また、金融機関が債権譲渡を行った場合も信用情報の回復は5年間できません。借金の時効の成立は、時効の援用が必須となります。
時効援用というのは、時効を理由にして借金放棄とする方法です。時効期日によって、借金を消滅させることです。

時効援用は弁護士に相談してみよう

時効援用には、所定の手続きが必要となります。
しかし、手続きの仕方を記載しても慣れていない方にはわかりにくいと思います。
時効援用は、弁護士に相談して依頼すると良いでしょう。

弁護士回答は、必要な全ての時効援用の業務の代行を行ってくれます。
そのため、お客様が面倒な手間をかけずにスムーズに時効援用へと進むことができます。
書類の作成をはじめ、時効の起算点などの細かいことも正確に調べてもうこともできます。
また、債権者との交渉もお願いすることもできます。

司法書士も可能ではありますが、取り扱う金額に制限があります。
司法書士は140万円以下の借金までしか扱うことができませんので、140万円以上の借金の場合は弁護士にしかお願いすることができません。
弁護士は借金の金額に関わらず代行ができるので、迷った場合は最初から弁護士に相談をすることをおすすめします。

もちろん、時効援用はご自分で行うこともできます。
ご自分で行うことで、弁護士や司法書士に支払う手数料を支払わなくて済みます。

しかし、時効援用の書類の作成や手続きというのは、想像以上に難しいです。
書類に不備があったり時効成立となっていない場合、債権者より裁判を起こされてしまうこともあり、時効成立まで期間が延びてしまうこともあります。時効援用を行うのであればしっかりとした手続きが必要となるので、弁護士に相談をすることをおすすめします。

弁護士に依頼する際の時効援用の費用は3万円程度が一般的となっており、信用情報回復も含む場合は8万円程度となります。

いかがでしたでしょうか。
時効援用でのブラックリスト消去は、条件が該当していれば誰でもご利用できる可能性があります。
まずは弁護士に相談をして、該当するのかどうかの判断を受けましょう。


ブラック延滞情報を消す方法については只今弁護士さんと準備中です。
準備が整いましたらご連絡致します。
ご興味のある方はメール登録をしておいて下さい。



借金減額ゼミナールでいくら減額できるか?>>>無料シュミレーター

借金には時効があるの?ブラックリストから消す方法

ブラックリストから消すポイントとして、借金の時効を行う方法があります。
時効となって借金の返済は不要となったら、ブラックリストからも消すことが可能なのでしょうか。
借金の時効や知ってほしいポイントについて、ご紹介いたします。

借金の時効とはどのようなことなのか

時効制度の利用にて、その後の借金返済の義務をなすことができる場合があります。
しかし、5年の期間が過ぎれば、時効により借金がなくなるというわけではありません。
時効で借金を無くすためには手続きが必要であり、時効の援用を行わないといけません。

一定の期間が過ぎれば借金の消滅時効が適用するということは、とても便利な制度に思えるかもしれません。
しかし、誰でも時効の成立というのは手続きをすれば成立するということではありません。
簡単な流れとはならない場合もあり、時効期間を過ぎても成立しなく借金を支払い続けたという声も挙がっています。

借金の消滅時効とは

借入れの際の契約通りの返済をしていくことが、お金の借入の決まりとなっています。しかし、これには特例があり、長い期間返済する動きが全く無いスリープ状態が継続すると、消滅時効という制度により借金の権利消滅とすることができるケースがあります。

時効の援用の手続きのポイント

債権者側である相手側に意思表示することから、時効援用の手続きははじまります。
金融機関側である債権者側に、消滅時効制度を使うことを意思表示して知らせる流れです。
伝え方は口頭でも問題ありませんが、一般的には証拠を残すということがとても重要となります。

証拠を残して手続きを進めないと、意思の重要性が問われることになり手続きが上手く進まないことがありますので、注意が必要となります。
そのため、内容証明郵便を使ったやり取りを行って証拠を残したやり取りとすることが一般的となります。
消滅時効制度の利用をすることを明確に伝えるこというのは、この手続きの中で最も大事となります。

はっきり名言しないといけない理由は、曖昧な言い方としても伝わらないこともあり、有効とならない場合があるということです。
消滅時効制度を使う際、曖昧な表現の仕方をしたことに対して相手に逆手に取られて、上手く流れが進まなかったというケースもあります。
消滅時効という言葉をきちんと使い、はっきり相手に明確に伝えることがとても重要となります。

時効期間の計算方法

借金時効となる消滅時効の期間は5年間の期間というのは、どこから数えるのでしょうか。

法律上権利を行使できる時からの計算となり、契約に則った借金の返済ができるようになった時からの換算となります。
金融機関からの借金の場合は、1番最後に返済した日から時効期間の換算がはじまります。そのため、最後に返済した日から5年となります。
この期日の計算は専門家じゃないとわかりにくい難しい判断ですので、弁護士などの専門家に依頼してもらい確実な期日を把握することが大事となります。

いかがでしたでしょうか。
時効期間を過ぎた後に適切な手続きを取ることによって、借金の支払いがなくなりブラックリストから消すことが可能となります。
難しい話ですので、弁護士などの専門家に相談をして解決するようにしましょう。


ブラック延滞情報を消す方法については只今弁護士さんと準備中です。
準備が整いましたらご連絡致します。
ご興味のある方はメール登録をしておいて下さい。



借金減額ゼミナールでいくら減額できるか?>>>無料シュミレーター

ブラックリストから消す方法!借金の時効手続きの際の注意ポイント!

ブラックリストから消す方法に借金の時効手続きがありますが、この手続きには様々な注意ポイントがあります。
どんなポイントに注意すべきなのか、ご紹介いたします。

債権者側の時効の妨害に注意

借金の時効とするためには、長い間支払いや請求などの何の動きもない状態が続くことが必要ポイントとなります。
一定の決められた期間に何もアクションが発生しないことにより、消滅時効により権利消滅へとみちびくことができます。

しかし、この流れには大きな盲点があります。時効期間に法律的な要件の動きが生じた場合、時効期間が中断となりリセットされます。
それにより、時効の期間の計算が変わってしまうことがあるということです。

中断にあてはまる動きが発生することにより、進んでいた時効期間がリセットされて振り出しに戻ってしまうことがあるということです。
不思議な話に思えるかもしれませんが発生することがある事実ですので、よく覚えておきましょう。

中断に当てはまる動きというのは、債権者からの請求や差し押さえなど発生です。
債権者は借金の支払いを続けたいので、時効とは絶対にしたくありません。
そのため、請求書を送ってきたり差し押さえをするなどの、様々なアクションを起こしてくる事が大半となっています。

時効とすることで残りの借金が帳消しとなるので、融資額の回収ができなくなってしまいます。
そのため、できるだけ時効を中断させるべく様々な手を考えて行い邪魔をしようとします。
よって、なかなかスムーズに時効が進まない場合もあります。

これらのアクションが発生した場合、そのアクションからの時効期間の計算の起算となります。
わかりにくい場合は、弁護士などの専門家に相談をしてみると良いでしょう。

時効期間が経過した後に返済した場合

時効期間が経過していることを知らずに、誤って返済してしまう方もいます。
この場合、時効期間の計算の仕方が変わってしまうことにより時効期間に変更が発生してしまいます。
最後に支払ってしまった日からの計算となってしまいますので、その日から5年後の時効期間となってしまいます。
うっかり時効期間後に支払いをしないように、時効期間の把握というのはとても大事となります。

しかし、例外もあります。それは、債権者側に脅されて少額などを返済してしまった場合です。
少額を返済させて時効期間をクリアにさせるという、よくある債権者側の悪質な強硬的なケースです。
その場合は、時効期間には影響が発生しないので、弁護士などの専門的な方に相談をするようにしましょう。

時効期間経過の確認方法

時効期間満了の日や中断というのは、お客様にはわかりにくいことです。
そのため、どうなっているのかは本人でさえ非常にわかりにくいです。
正確な確認方法というのは1つしかなく、残念ながら債権者側へ問い合わせするしか方法がありません。

債権者に問い合わせをしても、正確な情報を得られないこともあるようです。
正確な時効期間を教えることは債権者側にとってとても不利となるので、正確な情報を教えないことが大半のようです。
そのため、弁護士などの専門家に相談をして調べる手段を得ること1番安心な方法といえます。
お客様独自で動くと債権者の思うつぼになる可能性もありますので、慎重に動きましょう。

いかがでしたでしょうか。
借金の時効手続きの際は、このような注意ポイントを把握して検討するようにしましょう。
難しい手続きですので、少しでもわかりにくい場合は弁護士に相談されることをオススメします。


ブラック延滞情報を消す方法については只今弁護士さんと準備中です。
準備が整いましたらご連絡致します。
ご興味のある方はメール登録をしておいて下さい。



借金減額ゼミナールでいくら減額できるか?>>>無料シュミレーター

ブラックリストから消す方法!時効援用の手続き後の疑問ポイント!

時効援用にてブラックリストから消すことができますが、援用手続き後はどうなるのか疑問に思われる方も多いと思います。
時効援用の手続き中や後に発生する疑問に思える様々なポイントを、詳しくご紹介します。

援用手続きとはどのように行うのか

時効援用の手続きというのは、裁判所が絡みます。
裁判所の中で行うのか外で行うのかの、2つの方法からの選択となります。

裁判を行う場合

債権者側が時効期間後にお客様に対して裁判を起こした場合、裁判利用の流れとなります。
裁判を行う場合は、時効期間の数え方がいつからなのか、何年間の時効期間なのかを、当事者であるお客様の方で理由付けして主張します。
裁判にて時効援用の主張をしっかりと行った上で認められることにより、判決にて請求棄却となって勝訴となり、完了となります。

裁判を行わない場合

裁判を行わない場合は、やり取りの形がしっかりと見えない場合があります。
お客様は素人なので、お客様が行っても債権者がきちんと受け入れてくれて処理してくれたのかが不明解になってしまう場合も多くあります。
そのため、信用情報機関での確認などの様々な確認を行わず、お客様自体の手間が多くかかってしまいます。

この2つを比較した場合、明らかにスムーズな流れとなるのか裁判利用の時効援用手続きといえます。裁判というと難しく感じるかもしれませんが、全て場合は弁護士が全て行ってくれますので、お客様は弁護士の言うとおりに手続きを行うだけで済みます。

時効援用後債権者からの反論はあるのか

時効援用はお客様にとって有利となりますが、債権者にとって不利となります。
そのため、手続きにより債権者から反論されたらどうしようと思うかもしれません。
債権者は様々な手段を使って、絶対に時効援用とならないように邪魔をすることがあります。

例えば、まだ時効期間になっていないことを主張するため、様々な反論をしてくる場合は多くあります。
本当に支払っていないのであれば反論することで解決するのですが、本当に支払ったのかなどの曖昧な方も少なくありません。
この場合、事実確認をするようにしましょう。事実確認の明確な方法は、債権者に開示を求めるしかありません。
しかし、争う相手に開示を求めるのは簡単なことではありません。その場合、弁護士に相談をしてみると良いでしょう。

時効の援用は信用情報に影響するのか

時効期間を使ってその後の借金を全てなくす手続きですので、時効援用後の借金は全て支払った完済の状態となります。
この信用情報の表示の扱いは、各信用情報情報記録により異なるようです。

即過去の延滞情報も全て消える場合もあれば、貸し倒れと判断されて5年ほど情報が残ってしまう場合もあります。
これは、各個人信用情報機関に問い合わせてみると良いでしょう。

いかがでしたでしょうか。
これらをチェックしてみると、特にデメリットや困ってしまうことはないといえます。
時効援用により、長年の借金を無くしてブラックリスト記録を消してみましょう。


ブラック延滞情報を消す方法については只今弁護士さんと準備中です。
準備が整いましたらご連絡致します。
ご興味のある方はメール登録をしておいて下さい。



借金減額ゼミナールでいくら減額できるか?>>>無料シュミレーター

ブラックリストに載る理由とブラックリストを消す方法

ブラックリストになってしまうということは、どのような理由からなってしまうのでしょうか。
なぜブラックリストに載ってしまうのか、ブラックリストを消す方法など、ブラックリストについて詳しく解説していきます。

ブラックリストに載ってしまう理由

信用情報に記載されてしまうほどの大きな事故情報が発生した場合、ブラックリストに掲載されてしまいます。
このような事実があった場合に、ブラックリスト情報となってしまいます。

61日以上若しくは3カ月以の支払い遅延の場合

ローンやキャッシングなどの支払いの3カ月以上の遅延、1~2か月の支払いの遅れを何度も繰り返し行っている場合、信頼を著しく損ねる契約不履行があると判断されます。

債務整理を行った場合

自己破産、民事再生などの、いわゆる債務整理を行った場合です。
平成22年までは過払い金請求の場合もブラックリストに載りましたが、法が改正されたことにより掲載の対象外となりました。

携帯電話の分割払いの延滞

携帯電話の端末料金を毎月の使用料と一緒に分割で支払っている方が多く、ローンで携帯電話端末を購入していることと同じこととなります。
携帯電話の支払いというのは、うっかり遅延や延滞してしまう方も多くいます。

気を付けてほしいのが、携帯電話の毎月の支払いもローンでお買い物をした分の支払いの遅延や延滞と同等の扱いとなるということです。
うっかり滞納してしまう方もいるようですが、3カ月以上未払いとなるとブラックリストに載ることがあるので、注意が必要です。

ブラックリストには1度載るとずっと記載されるのか

1度記載されると、ずっとブラックリストとなる訳ではありません。
掲載されたとしても、事故情報の保有期間が過ぎれば情報はなくなります。
事故情報の内容により、このような登録期間となります。

  • 支払いの延滞:5年以内
  • 破産申し立てや債務整理、債権回収などの取引事実:5年以内(ただし全国銀行協会は10年以内)

記載されることで受けるダメージといえば、新規の借入やローンを組むことができないという事実です。
就職への不利や勤務先に知られるなどの日常生活への影響は、一切ありません。
ただし、銀行などの金融機関に勤務されている場合は、影響が出てしまうこともあります。

ブラックリストの内容は確認できる

信用情報開示制度という方法にて、所定の手続きを行うことによりブラックリストの内容の情報開示確認することができます。
本人じゃなくても代理人が申請して確認することも可能ですが、別途割り増しの費用が掛かります。
郵送やネットでも申し込みが可能であり、機関によって手数料は異なりますが500~1,000円ほどで開示して確認することができます。

ブラックリストに掲載された情報は消去できるのか

情報内容により定められている掲載期間が終了することで、ブラックリストの情報は消去されます。

また、最後の支払いから5年間支払いも請求もしていない場合は、時効援用という方法により借金の支払い義務を無くしてブラックリストから消去させる事が可能な場合もあります。
5年以上支払っていない場合は該当する可能性がありますので、弁護士などの専門家に相談をしてみると良いでしょう。

いかがでしたでしょうか。
知らない間に思いがけずブラックリストに掲載されてしまうことがあり、不安な場合はご自分で閲覧をしてチェックしてみると良いでしょう。
事故情報さえばくなれば、新規のローンやキャッシングも以前のようにご利用が可能となります。


ブラック延滞情報を消す方法については只今弁護士さんと準備中です。
準備が整いましたらご連絡致します。
ご興味のある方はメール登録をしておいて下さい。



借金減額ゼミナールでいくら減額できるか?>>>無料シュミレーター