ブラック延滞情報を消す方法については只今弁護士さんと準備中です。
準備が整いましたらご連絡致します。
ご興味のある方はメール登録をしておいて下さい。


ローンブラック消える 信用情報一つでお金が借りれる借りれないが決まる?

今の時代、自分の情報一つでお金が借りれる借りれないが決まると言っても過言ではありません。と言っても、お金が借りれるかどうか、一体どんな情報がキャッシングを左右するのでしょうか。お金が借りたい時にお金が借りれない、そんな時に特に気にするべく情報とは一体何か? これを知っておかないと、金融機関でお金が借りたい人がいても一生借りれない事となってしまいます。

お金が借りれない人が気にするべく情報、それは事故情報です。事故情報は、主に自分が借金返済を疎かにしたり延滞する事によって記録されてしまうので、返済トラブルが生じてしまうと信用情報にこの事故が記録されてしまいます。だから、最近債務整理した人だったら、任意整理や個人再生または自己破産が原因で、お金が借りれない事故情報が記録されてしまっているでしょう。

但し、一生消えないものではありません。ある期間まで我慢すれば再び金融事故はクリアされるので、事故が消えればお金が借りれるし金融機関も復活しますので、カードでお金が借りれるようにもなるでしょう。

しかし、審査に通らない今の状態では、事故情報が消えない限り申し込みしてもお金が借りれませんから、信用情報機関に事故があるこんな人は、金融事故対応の金融会社で個人情報のみの審査を受けてみましょう。とりあえず、お金が借りれる所ならばまだあると言えます。

審査は、消費者金融や銀行より甘いので、自己破産とか個人再生していてもお金が借りれます。全国銀行個人情報センターでお金が借りれない事故情報が確認される人でも、基本的にカード会社より審査が甘いので個人のみの保証人不要でお金が借りれるでしょう。

消費者金融会社とか銀行は絶対信用情報命ですので、これに事故が記録されている心辺りがある人がいましたら、事故記録が消えるまで利用は我慢しましょう。クレジットカード会社でも同等ですので、別の金融機関なら大丈夫と思っていたら利用出来なくてショックという事もありそうですから注意です。

とにかく、事故情報が消えるまでの間は金融事故情報あってのキャッシングは不可能ですので、債務整理している人は債務整理していてもお金が借りれる金融会社や、信用情報が絶対じゃない審査の甘い金融機関でお金を借りるようにして下さい。

もし、身近の義父母や旦那、兄などが債務整理しているのであれば、間違いなく消費者金融や銀行は利用出来ないので、信用情報の審査で事故が開示される前に引き止めてあげて下さい。


ブラック延滞情報を消す方法については只今弁護士さんと準備中です。
準備が整いましたらご連絡致します。
ご興味のある方はメール登録をしておいて下さい。