ブラック延滞情報を消す方法については只今弁護士さんと準備中です。
準備が整いましたらご連絡致します。
ご興味のある方はメール登録をしておいて下さい。


金融事故があっても借りたい

お金を借りれる情報があれば、何でも飛び込んで知りたいというものですよね。そんな人の属性はズバリブラックでしょう。何故ならば、事故情報を作ってしまい、信用情報機関に事故情報が登録された時点で、何処からもお金を借りれない人となってしまうからだと思います。

消費者金融とかクレジットカードとかで、お金が借りたいしカードが作りたいと言っても、個人信用情報機関の事故は簡単には消せません。過去に債務整理をしてしまった人であれば、延滞していた借金を支払い出来ずに仕方なく、自己破産や個人再生で片付けてしまったのではないでしょうか?

残念ながら、事故情報がある段階で何処の金融機関も契約してくれなくなるので、消費者金融も銀行も当分利用不可能となるでしょう。審査に通らない事がわかってしまえば、もうお金が借りれないと諦めるしかありません。ですが、実際には事故情報はある一定の期間で消えるので、事故情報も消えてしまえばまた金融機関を利用する事が出来ますから安心してください。

しかし、今の段階ではもうクレジットカードの利用もだめだと思いますから、全国銀行個人信用情報センターなどで事故情報が明らかになってしまう以上、任意整理や個人再生または自己破産などの債務整理をしてしまった人が、お金が借りれる可能性はほとんど無いと言っておきます。

日本信用情報機構で問題があればお金が借りれません。個人信用情報機関を介さない方法でお金を借りれる金融業者を利用しなければ、金融事故者はずっとお金が借りられないと思っておいて下さい。ちなみに、カード会社でお金が借りれない人で、債務整理者でもお金が借りれるし事故記録があってもお金が借りれる金融会社ならばあるのでご心配なく。

しかしながら、破産しているとか事故情報がある人は、信用情報機関の事故を開示されてしまえば審査では大変不利な状況になってしまうので、借金債務整理後は消費者金融や銀行の利用はやめておいて下さい。

それでも、事故情報が消えたらまた利用可能ですので、信用情報から事故が消えて金融事故がクリアされたのであれば、カードでお金が借りれる身分となるでしょう。暫くは、自分の名前も登録情報も個人情報にも事故が記載されてお金が借りれないし、どうしたらいいのかわからないと質問する人もいると思いますので、こんな人は債務整理対応の金融会社を利用するとか事故の記録が消えるまで利用は自粛しておく事がベストだと思いますよ。


ブラック延滞情報を消す方法については只今弁護士さんと準備中です。
準備が整いましたらご連絡致します。
ご興味のある方はメール登録をしておいて下さい。