コロナのせいで収入が減った、ボーナスなしになった

コロナ感染拡大による緊急事態宣言は参ったと感想を持つ方は多いでしょう。世間的には、テレワークが普及したのですが、テレワークもなしで、とにかく会社が閉鎖してしまった。

どういうことになる?

会社閉鎖だったり、テレワークがうまくいかない。または残業がないことで、コロナ減収になった方はとても多いことでしょう。

休業手当も出ない、雇用調整助成金があると言いながら、まだ現金を手にしていない方もいます。国民全員給付の10万円にしても、まだもらっていない方がいるとか。

コロナでは、多くの方の懐が寂しい状態になります。

今年のボーナスはなし?

ニュースでも話題になったことですが、この夏のボーナス支給が減ったり、ゼロの会社も続出しています。それはないよと言いたいのですが、会社としても業績が厳しいのは確かです。

モノ作りの会社にしても、取引先もすべてコロナによって仕事がない状態であれば、回せる仕事もない。そこでコロナ減収が連鎖的に起こっている状態になっています。

事業者としては、コロナ融資に奔走はしているのも現状であり、ボーナスどころではないというのも実態です。ボーナスももらえない、給与も下った方も不幸ですが、社長も不幸であり、この先の見通しも暗澹たることです。

各業界が厳しい

すべての業界が寂しい数字になっていますが、末端の給与取りでは、この先の生活が不安の方も多いです。

世間的には、景気が戻るとか、街に人が戻ってきたと言いますが、皆さんなかなか厳しい現実にさらされているのは確かです。そして、カードローンなどの返済の不安もあることでしょう。

ボーナスで一括支払いの見込のクレジットカードの残債、カードローンの返済も一気にしてしまおうという方。きちんと返さないと、金融事故を起こしてしまうこともありますが、大丈夫でしょうか?そして、住宅ローンを抱えて、ボーナス払いはとても大きな金額に設定している方もいます。

返済しなければならない借金があるときには、給与が下った、ボーナスが出ないからと免除にならないのが現状です。

返済が苦しいときには

返済日までにお金の用意ができないときには、カードローン会社、クレジット会社、銀行などにきちんと話しをしてください。理由としては、コロナで収入が少ないでも良いでしょう。とにかく担当者と話しをすることで今後の話しで解決することになります。

ちなみに、これからの収入は大丈夫なのでしょうか?というのも、コロナは終息はしていないことで、業種によっては思わぬ影響が給与激減に反映されることもあります。

返済日前に連絡を

以前キャッシングしてしまったカードローンの返済額がある。そんなときにコロナで、収入が減ってしまった。今月の支払いはできたけれど、来月は不安。そして、これからもどうやら仕事もクビになってしまう?

深刻な観光業界

観光業界などでは、未だにコロナの影響が大きいでしょう。同じく飲食店などでもバイトのシフトが減少してしまったとの声もあります。

学生などでもバイトしなければならない。奨学金の返済も重なっている。授業がない分バイトをしようと思ってもバイトの求人もない状態もあります。緊急事態宣言解除になったとはいえ、収入はもとに戻らない方もいます。テレワークは残業なしで給与があまりにも少ないとか。

コロナはなんてことをしてくれたと文句も言いたいところです。

カードローンの返済どうする?

今までは普通に返済ができたけれど、収入が減ってしまったのでは、その金額の支払いが苦しい。実はコロナ以外にもこうした状態になる方は多いです。

収入の見込みがつかない場合では、なかなか返済ができないと不安。コロナで極端な減り方であり、バイトなどでは普通にこなくて良いと断られた方もいます。

そこで、毎月のカードローンの返済がとてもできない人もいるはずです。カードローン返済どうしよう?

迷わず相談を

各カードローン会社では相談窓口を開設しています。

そこで、毎月の返済方法を変えたい。コロナが原因で収入が減ってしまったので、考慮してほしいということ。このときに返済ができないからと遅滞したり延滞してしまってはNGです。必ず返済日前に自分から相談に行くことです。

普通はいくらなら返済が出来ますか?契約内容の変更として、今月から○円の返済にしてくださいとなります。減少した返済額では、返済期間が延びますが仕方のないことです。

返済ができるのなら

この方法が最善です。支払いをしないのではなく、収入が減少してしまったので、支払いができる金額調整です。多分、カードローン会社としては、こうしたお願いに対しては邪険にすることはないでしょう。

返済額の調整に関しては、完済目的として、利息だけの支払いから対応しています。

コロナだから仕方ない

カードローン会社では、返済日前の願い出に対しては、良好対応になります。それは、債務者の自覚の範囲内で完済見込みがあることでは、良い客ということになります。遠慮無く、今の事情を話した上で、正規の返済額にはならないけれど、ここは収入が上がるまで、返済できる範囲出勘弁してということです。

完済が可能な残債なら、時間をかけて完済していくことが必要です。返済日前に債務者が直接電話をして交渉することが不可欠です。

第一に考えたい生活のために 

コロナ感染拡大の影響で収入が減った。中には、休業要請で仕事そのものがなかった方もいます。

生活をしていくために

少ない給与の中から、必要なお金に順位を付けることが大切です。生命保持のためには、食費だったり、生活費が1番になります。納税、公共料金などは猶予がありますし、場合によっては減免対応のものもあります。今すぐの支払いが不必要になります。

そして、携帯電話料金などでは、できるだけ支払いが必須です。これも無ければ生活ができない人も多いです。

支払いと言えば

カードローンだったり、クレジットカードの支払い。住宅ローンの支払いなどの借金関係ですが、全て猶予の交渉ができます。特に大きな支払額は住宅ローンですが、住宅金融支援機構などでは猶予があります。

金融機関も相談窓口がありますが、支払いの猶予対応はしっかりとできます。手続きなども必要になりますが、支払いができないと決まったときには行動してください。同じくカードローンなどの支払いも同様です。

借金の猶予って

案外と知られていないことですが、カードローンにしてもクレジットカードの支払いにしても、事前に支払いができないので、どうしたら良い?という相談ができます。

本当に普通に話しができますが、今回ではコロナ感染拡大で収入が減ってしまった、仕事が少ない。最悪失業してしまったということでも、事情は汲んでくれることになります。

カードローン会社では、元金はそのままで最初は利息だけでも支払いをしてくださいなどの対応策を言ってきます。かなり少ない返済額になりますが、それでも返済をしていることになります。それを承知してくれるので、迷わず相談をしてください。

要するに、返済額を少なくして、本来の契約とは内容が違うけれど、完済していくということです。カードローンの本来の支払いができないけれど、調整してくれたら、返済期間を延ばしてでも支払いをしますということになります。キャッシングやカードローンの内容では、こうした交渉ができます。

カードローン会社では、時間をかけてでも完済ができれば良いわけです。ですから、遠慮無くコロナで収入が減ったので、返済方法も変えたいと言うだけです。

住宅ローンだけは複雑

カードローンなどでは、総返済額がそんなに高くないこと。モノがないだけでお金の問題だけですから、こうした対応が可能です。

ただし、多額の住宅ローンの返済にかんしては、先の計画もきちんと確認することが必要です。コロナが影響して住宅ローンの返済ができなくなった。それで、返済額も調整はできますが、完済までの内容では相当金額の返済になってしまうのです。

よく検討しての相談になりますが、カードローンの返済などでは、簡単に対応してもらうことができます。

カードローンの支払いできないのなら債務整理

カードローンの支払いもやっとの思いで行っていた方、今回のコロナで本当に参ったと思うことでしょう。

既に返済も大変になっていて、コロナでこんなに収入が低くなったり、今後も厳しい。そして、失業してしまったり、事業が倒れたりしたときには、カードローンの支払いどころではないでしょう。

債務整理をしましょう

コロナが原因で支払いができないことでやっと決心した方も多いようです。

返済期間が長期化したり、返済を少なくしてしまい完済。そんなことはとてもできないと思っている方は、任意整理などの債務整理をした方が良いでしょう。

なんとなく債務整理は回避していた方もいますが、コロナによって、収入がこんなに減ってしまった事態ではこれからの返済ができないということ。

弁護士などに相談して

弁護士に債務整理の依頼をした方が良いのは、全て任すことができるからです。

そして、弁護士依頼しての債務整理では、申し込み後に債権者に受任通知を贈ります。その時点で、カードローンの支払いを一時的にストップすることができます。その間に債務整理の手続きをすることになりますが、コロナで減収してしまったことで出費を大きく減らすことができます。

債務整理開始から、返済はなしになってしまうことでは様子を見ることです。

ブラックリストになります

債務整理したときには、個人信用情報機関上で金融事故が付きます。

カードローン会社にしてみれば、債務整理されるということは、契約不履行ということで金融事故になります。ブラックリストになりますが、返済ができないことで、しばらく金融事故者として新規の借り入れだったりクレジットの利用ができないことになります。

誰が悪いことではありませんが

借金をしたとき、カードローンの借り入れのときには、こうした展開は思いもしないことです。その時には、きちんと完済をしていくことができると契約をしますが、コロナで減収は仕方ないことです。そして、現実的に支払いができないことには、この先もダメというときには早期の債務整理が妥当です。

債務整理と言っても、任意整理、住宅ローンがあるときには、個人再生があります。そして、全ての借金の返済がとてもできないときには自己破産になります。その判断を間違わないためにも、弁護士などに相談して、再生手続、破産手続をしていくことです。

カードローンだけの支払いができないにしても、どういう債務整理が良いのかは、専門家のアドバイスは肝心です。しばらく請求がこない債務整理の依頼では、その間にこれからの計画も立てることができます。

カードローンの支払いが不安なとき

カードローンの支払いでは、不安なことがあると相談窓口があります。コロナ感染拡大によっては、各カードローン会社では対応していることです。

減収してしまった現実では、カードローンの支払いができない。そんなときにきちんと相談ができます。

債権者としても

カードローン会社では、債務者としてもコロナ感染拡大の影響で返済が苦しいことは予想していることでしょう。

飲食店にアルバイトをしている方で、シフトが減らされて減収。休業要請によって、給与が少なくてとてもカードローンの返済はできない。そうした相談にも対応しています。

多くは、返済額を小さくする。返済期間を延ばすなどで、どうにか毎月返済をほそぼそと続けることで、同意したとのことです。今回のコロナが減収での返済が困難になったことでは承知をしてくれるでしょう。

問題としては

減収してしまったから返済をしない。カードローン会社に話しても仕方がない。

それより、コロナで様々なことが起こってどうしようもなくカードローン支払いができない状態で放っておくことだけは回避してください。これは、カードローンとして借りた人の責任であり、きちんと解決しなければならないことです。

今月は支払いができそうもない、どうしたら良いでしょうか?との態度です。

返済ができないのなら

再生手続、破産手続をするのなら、債務対応の弁護士などの依頼がオススメです。その時にカードローン会社での債務整理をしますということは必要ありません。弁護士などに依頼したのなら、あとは任すことができます。

この債務整理に関しては、コロナがきっかけで、これからの返済が大変になってしまう事態が起きそうなのでの解決です。返済額が大きいときには、債務整理も仕方のないことです。それまで精一杯無理して返済していたのなら、コロナがきっかけの債務整理も一つの手段です。

コロナで変わった

中にはコロナ感染拡大の影響で失業してしまった。生活様式が180度変わってしまった方もいます。

そこで、カードローンの支払いができない事態では債務整理しかない方もいます。いたずらにカードローンの遅滞延滞してしまうくらいなら、債務整理をしてしまった方が良いでしょう。弁護士に関しては、借金の相談も同時 行うことができます。

今一度生活の立て直しが必要な時期で、コロナがきっかけでわかった。または、カードローン会社の交渉で細々と返済していくことで、長期の時間をかけて完済していくことも手段です。

どちらにしてもブラックリストになってしまうことになります。きちんと借金の解決をすることでは、完済だけではなく、債務整理もその方法になります。