カードローン会社に連絡を、時期と返済方法は明確に

カードローンの支払いができない。それが今ではコロナのせいという場合が多いでしょう。

すでにやばいかも?

どんな事情であれ、カードローンの返済は必ず毎月の返済日に入金されなければならないものです。

理由としては、今コロナの感染拡大が影響して、仕事ができない、収入減になります。返せないというのが、正式なものがあるとしても、カードローン会社、金融機関でわかるとしても、コロナがあるから返さなくても良いという話しにはならないです。

返済日前に相談を

カードローン会社としては、コロナが原因で返済ができない人がいることはわかっていることです。その時に、契約者に対しては、どうですか?というお伺いは一切ありません。

返済ができないと予感がある時には、契約者からの相談には乗ってくれます。これは、コロナだけではなく、収入減になったり、支払いができないという時には、きちんと返済日前に話しをしてください。カードローン会社からは何も言われないのですが、自分からどうしたらよいかを確認してください。

いきなりNGはない

カードローン会社としては、コロナの影響が一時的なことであり、その後は普通に返せると言う場合ではそれなりの対応があります。

ベストなのは、来月に2回分の支払いができると約束することです。実際に、それができるのなら、来月2回分の支払いで、とりあえず解決ができます。

それぞれの事情がありますが、会社員で休業していたとしても、雇用調整助成金の収入がある。または、現金給付10万円が返済に充てるなどの計画がある場合では、その相談もできます。

要するに、今月はたまたまコロナの影響で支払いができないけれど、来月の返済ができるといえば、今回の返済ができないとしても大丈夫でしょう。支払いの約束の日を決めて、その返済ができるのなら問題はありません。

注意したいこと

この事情の説明では、返済日前に行うことです。今月返済ができない予感があり、来月きちんと返済します。約束したのですから、厳守しなければならないので、それができるのならこうした対応ができます。

もうすぐ返済しなければならない。その前に今月の返済が厳しいと言う時には、ぜひ電話をしてください。来月2回分の返済ができることで、多分個人信用情報機関にも何も影響はありません。

10万円の現金給付をなどを使い、とにかく返済ができない分をここで補填することが必要でしょう。来月きちんと返済ができるという場合に使用ができる方法です。完済間近の場合では、何をしても返済をしていくことが必要でしょう。

今すぐ相談を、怖いことはない

カードローンの返済が難しい。コロナの影響で収入減になってしまった。この悩みがある方も多いでしょう。

カードローン返済は待ったなし

原則的に、カードローンは返済日に入金されないと遅滞になります。ただし、今回のコロナでは返済の危機に遭っていることは、金融機関でも目の当たりにしていることでしょう。

そこで、返済しない。今回は免除ということはありません。金融機関としては、何も言わずに遅滞していると、延滞になっていきます。

返済ができそうですか?

この場合、来月には支払いができるという場合、または少しだけ遅れるという時には、すぐに金融機関に相談してください。返済が単に遅れるだけでは、電話で説明をすることで、指示があります。

本来の返済日には入金ができないのであれば、遅延損害金が加わっての請求金額になります。返済額が多少多くなってしまうのですが、確実に電話で伝えた日に入金ができるのなら、問題はないでしょう。

理由は明確

コロナが原因で収入減であることは、今月の返済ができないというのはよくわかることです。悪意での返済ができないのではないので、それ以上の要求もしないでしょう。返済が後で出来て範囲のカードローンの借入ではそれで解決することがあります。

コロナ感染拡大も終息してしまうと、元の収入になるということでは、信用もしてもらえることでしょう。

説明はきちんと行う

支払いができない前に相談をしてください。場合によっては、契約内容の組み換えや利息だけの支払いという手段もあります。

これは金融機関からの提案ですが、これから収入減が続くようであれば、この提案は素直に従うことです。この場合は、金融事故者になります。しかし、今月だけの支払いができないけれど、来月は2回支払いをするとか、今月分の解決ができるのなら金融事故者にもならないでしょう。

今すぐ電話を

すでに返済日を過ぎてしまったとしても、少しの期間であれば対応はできます。本当は返済日前が理想ですが、どんな時でもカードローンの返済ができない時には、その前にどうしたら良いかを相談してください。

金融機関としては、普段からこのような相談にも対応しています。今だけ支払いができない。今後も不安という内容に関しては、臨機応変な返済の内容を変えることができます。

コロナの影響は人によって違う

今月分は来月に支払いができる人。これからも支払いができない人によっては、対応は変わります。担当者はきっちりと話しを聞いてくれますし、とにかく完済までのプランにも対応しています。

今はコロナで支払いができないという問い合わせも多いようです。

毎月の支払いを少なくしたい、ただし総返済額は多くなる?

カードローンの支払いができないとか、クレジットカードの支払い、各種ローンでも同様ですが、そんな時には、直接電話をしてください。やってはならないことは、返済日過ぎても入金もせずに、黙っていることです。

コロナが原因

現在、コロナが理由で収入減になっている方は国内にたくさんいらっしゃいます。

業種によっては、その仕事をしているというだけで、4月の収入が0円の場合もあります。それでも固定費はかかりますし、生活していくことが必要です。

カードローンの借入があるけれど、後回しにしなくてはならないケースもあります。それは現実問題としては、やってはならないことですが、カードローンの支払いしてしまうと生活ができない方もいます。その時にこそ、カードローン会社に相談ができます。

来月も苦しいけれど

その時には、最終手段として返し方を変える、毎月の返済額を小さくすることができます。

収入が安定するまで、金利だけの支払いをしてください。その後、元金の返済してくださいという手があります。利息だけでは、毎月数千円になります。それなら返済ができるけれど、当然返済期間は長くなり、全体の返済額も大きくなります。

この手の話しは、ない話しではありません。本来1年間で完済できるけれど、2年間欠けて完済できる内容に書き換えすることができます。

ブラックリストにはなってしまうけれど

この書き換えでは、個人信用情報上では内容変更であり、ブラックリストになることがあります。しかし、カードローンの支払いも完済ができます。

金融機関としても途中で債務整理をされるよりも損は少ないです。大損しないだけではなく、返済額も大きくなる点では、相談にもよく乗ってくれます。

返済額が小さい場合

この方法がおすすめできるのは、借入が少ない方です。

もし、借入が大きい場合は、返済期間が長期化してしまうことでは、多額の返済になります。そこで、実際のシミュレーションなどで確認してからの決めることです。毎月少ない金額の返済にはなりますが、数年間かかってしまうのなら、債務整理した方が良いでしょう。

同じブラックリストになってしまうのなら、多額の借入ではなく、減額できる債務整理をしてしまった方が良いでしょう。その時には金融機関に言うのではなく、弁護士や司法書士、法律事務所などで借金の相談をしてみると良いでしょう。

残債の確認を

残債が少ないときに使用できる方法です。毎月の支払いが途中で多くできるのなら、それはOKです。コロナの影響で収入減が壊滅的であり、まだ支払う借金が多い方は、この方法ではなく、債務整理がおすすめです。
 

支払いができないのなら、債務整理しかないんじゃない?

コロナの影響では、生活そのものが危ない。カードローンの支払いはあるけれど、まだ住宅ローンやカーローンなどの支払いもある。どうしたら良い?

借金の確認を

収入減の内容としては、今だけの場合と今後の収入減の予想されることで、内容が変わってきます。

現在、住宅ローンなどでも支払いの猶予として、一時的に減らすなどの提案があります。先延ばしですが、カードローンも同様です。住宅ローンと違って、カードローンの場合は金利が高い点では、この方法では返済額が大きくなります。

コロナの影響では、この先も続くのなら、カードローンの借金は債務整理も検討してください。

任意整理から始めよう

任意整理は、元金の返済はするけれど、今後の利息の支払いはしないということです。

債務整理としては、カードローン会社と直接話しをするだけで、3年間で完済を目指します。毎月の支払いで、どんどんと借金が減っていきます。コロナの影響はあるものの、返済額が少しだけ小さくなって良いのなら任意整理が妥当です。

個人再生をしなければ

カードローンの借入も大きいけれど、住宅ローンの支払いをしている。任意整理の金利カットではとても無理。そんなときには、個人再生をすることで、住宅ローンは100%の支払いができるけれど、その他の借金を小さくすることができます。

カードローンの支払いは大きく減額ができます。住宅ローンを守るためには、この方法が良いでしょう。

実際、カードローンはブラックリストでキャッシングができないだけです。しかし、住宅の手放しはしたくない方に個人再生は画期的な債務整理です。

自己破産について

究極の債務整理は自己破産です。

自己破産では、財産として車や住宅も手放すことになります。条件はありますが、原則的に住宅ローンがあるけれど、自己破産では家も競売物件になります。

カードローンだけの借金であり、その額が大きいときには、自己破産の選択もありです。これからの生活がとても大変と言うとき、コロナで大きな収入減になってしまったときには、自己破産の選択で借金もゼロにできます。

コロナで債務整理

カードローンの支払いができないことでは、コロナのせいにしても解決ができません。

住宅ローンやカーローンなどもあり、全て支払う義務はあります。選択するのはおかしいかももしれませんが、債務整理前提で考えると、方法もわかります。

そこで、コロナ収入減での債務整理の選択の場合では、必ず弁護士などに相談されることをおすすめします。インターネットで情報収集はできますが、今の自分に最適な債務整理は、専門的な見地から確認してもらうことが必要です。

積極的債務整理のススメ

コロナの感染拡大によって休業してしまった、失業ではないけれど、今後の収入も不安。だけど、毎月の支払いは普通通り。

本当に困ったことですが、世間でもアフターコロナについて語られる時期になっています。

現実的な問題として

カードローンの返済ができないと悩んでいる方も多いことでしょう。そして、今後の仕事も同時に考えると、ひょっとしたら収入減が長期間続くかもしれないと言うとき、カードローンだったり他の返済があるものには、きちんと考えなければならないでしょう。

大手消費者金融のカードローンの返済ができないとき、甘い審査の中小消費者金融や街金に行けば、まだ借りれることがあります。これは、収入がこれからも安定しているときに検討したいことです。

中小消費者金融では借りない方が良い

収入がそのままで、本当に一時的なコロナショックで収入減であれば、中小消費者金融の借入もできるでしょう。ブラックリストではなく、今だけの借入であり、来月からは大丈夫というときです。

ところが、収入減が予想される。または、収入減になってしまうかもしれないと言うときには、中小消費者金融での新たな借金はしないほうが良いということです。この場合は、カードローンの借金は債務整理が妥当です。

ブラックリストにはなりたくない

それなら、カードローンの返済に全力を尽くすしかありません。もちろん、それができるのなら良いのですが、アフターコロナでは、今の生活とガラリと変わったとき、場合によっては返済がもっと苦しくなってしまうことがあります。

返済の種類としては、住宅ローンやカーローンなどを優先したい。こちらの返済をしなければ失うものが大きいと言うときには、カードローンだけの債務整理の選択が良いということです。

ブラックリストにはなってしまうのですが、それでも支払い義務が少なくなったり、なくなってしまうことではメリットが大きいです。ブラックリストになりますが、中小消費者金融では、債務整理後でもキャッシングが可能な審査基準もあります。

中小消費者金融の借入のタイミング

そこで、大手消費者金融カードローンの返済のために借りるのではなく、債務整理後の借りれるかも?という中小消費者金融の利用法をおすすめします。

これ以上の借金は増やさない。カードローンの返済ができないときには、債務整理が妥当だということです。

そう言えば、生命保険ありますか?

長年生命保険の契約をしている方は、契約者貸付があります。こちらは、解約返戻金がある生命保険の場合、一部の貸付をしています。この契約者貸付では、カードローンなどの借入と違い、金利がとても低いです。

また、返済ができないと解約の形をとったり、生命保険を小さくすることで、返済しなくても良い内容になります。この場合のデメリットとしては、小さな生命保険の内容になったり、これからの保険料も変わることはあります。

ただし、個人信用情報の無関係であり、聞いにカードローンの完済ができたり、収入減の間だけの返済も可能です。

ブラックリストを恐れない

しかし、生命保険の契約者貸付にしても、将来のためにとっておく。しばらくブラックリストになってしまうけれど、アフターコロナではキャッシング不能のブラックリストで再スタートというのも1つの方法です。