長期延滞中の融資可能な中小消費者金融は本当にある?

消費者金融の借入では、返済日にリボ払いの形式での返済が主です。返済額の内容は元金と利息部分です。

10万円借りて、10回払いだとします。金利は18%だとして、毎月1万円のリボ払いです。1回目の返済で1万円ですが、このときに元金の1万円が減るわけではありません。元金が一部という計算になっています。大手消費者金融でも銀行カードローンでも同様です。

元金がなかなか減らない返済

消費者金融などの金融機関では、元金だけの返済ではなく、毎月それに伴う金利が付いています。そこでなかなか減らないという形になりますが、返済をしない、できないとなると、普通の利息に加えて遅延損害金が加わります。1万円のリボ払い以上の返済が必要になります。

遅延損害金に関しては、ホームページにも明記していますが、延滞が長期になるほど遅延損害金も増えています。正規の消費者金融では、遅延損害金の金利が20%の利息制限法上限になっていることが多いです。ますます元金も減らないし、返済負担も大きくなっていくということです。

そんな遅延損害金を抱えた長期延滞中

遅延損害金は毎日付くものですが、長期延滞中になった場合は相当な返済額になっています。そこで、この状態での融資可能な金融業者の選択ですが、甘い審査の中小消費者金融を中心に検討することです。

大手消費者金融も銀行カードローンも借入ができない状態であり、カード会社では延滞と遅滞だけでも審査落ちになります。すべて個人信用情報に記録されていることで、長期延滞中の申込者はそれだけで審査対象にもならないです。

中小消費者金融では、借りれる可能性があるのはなぜでしょうか?

審査の仕方にポイントがある

大手消費者金融や銀行カードローンでは、審査はコンピューターで判断をします。そこでダメなら審査落ちですが、中小消費者金融や街金では、申込者とのヒアリングがあります。そこで、長期延滞中の理由と返済見込みを話す事ができます。

本当に長期延滞中が解消できるだけの返済計画が存在しているのならという仮想の話しですが、このヒアリングが唯一のチャンスになります。少なくとも長期延滞中の返済額がそれほど大きくないことが条件ですが、甘い審査で担当者がこちらのいう言い訳に納得してくれるのなら、借りれる可能性がないわけではないでしょう。

甘い審査の中小消費者金融で、長期延滞中でも融資ができるという口コミは極端に少ないです。これは、もしできたとしても口外しないことを条件としている場合もあります。ゼロ、絶対に借入ができないことはないと言われていますが、可能性としては少ないことです。