延滞したら債務整理者になる方が良い

審査ファイナンスで、ブラックリストの借入ができるのは街金があります。街金では、延滞している内容を見ると審査落ちになる可能性があります。

どんなブラックリストでも借りれるわけではない

ブラック対応のキャッシングができるのが街金です。保証会社などが介在しない街金では、会社の判断で債務整理者や多重債務者でも借入ができるチャンスを与えます。それが、ブラック対応の融資ファイナンスになります。

自己破産でも借りれることがあるのでは、個人信用情報機関で金融事故があっても返済ができる力があればキャッシングができます。その審査結果では、延滞者でも借りれる街金ということです。

延滞しているのはどうしてですか?

延滞者は、返済が数ヶ月支払いができていません。それがどうして?と必ず聞かれることになります。

延滞している理由として、担当者が納得できれば審査通過です。そこで言われることとしては、親切な担当者であれば数ヶ月分の返済ができること、または債務整理して出直すことなどが提案されることになります。

そして、中小消費者金融、街金のまとめローンの手段もあります。延滞している部分をすべて街金での1つのおまとめローンにすること。これで、過去の延滞をキレイにすることで完済させよう。

返済金額が小さな金額であれば、長期の返済期間になりますが、金融事故としての延滞がなくなります。それが、信用情報そのものが、まとめローンという新たなキャッシング審査通過です。

その狙いとして、安定収入であれば、ずっと返済期間で金利収益があります。その目的があるため、延滞があっても貸す街金があります。その極甘審査なのか、ずっと返済が続けば高い金利で対応ができます。

延滞者に提案

もし、甘い審査の街金の前にて、他社金融業者の支払いができていない状態で延滞しているとします。その時に街金で借りるのではなく、債務整理をすることです。

弁護士などに相談して、債務整理開始をします。その時には、その時の延滞も返済もとりあえず返さなくても良い状態になります。一応、延滞の問題は棚上げになります。それだけでもキャッシングの必要がありません。その内容が解決した時に、再び借入をすることができます。

この時に延滞者の申込ではなく、債務整理者の申込になります。そうすると、審査通過の確率が高くなります。延滞者としてではなく、債務整理者の申込になり借りやすくなります。

ただ、この債務整理者になるためには、しばらく時間がかかります。しかし、債務整理の開始で決まるまでの間の返済が休止し、延滞や滞納部分もそのままの状態になります。できれば債務整理でキャッシングができることが理想ですが。