長期延滞中で借りられないから闇金

キャッシングで借入ができなくなると、闇金だけには行くなよと忠告が入ります。この闇金とは違法業者であり、その多くが高い金利で貸付を行っています。

長期延滞中で断られた

甘い審査とされる中小消費者金融と街金ですが、延滞中の借入ができないとされています。しかも、長期延滞中となると、どうしても融資ができないと言われてしまいます。

私が長期延滞中であることは申告していないのに?中小消費者金融の審査では、個人信用情報を確認しますので、言わなくてもバレバレです。それが審査です。中小消費者金融でも個人信用情報は確認をします。遅延損害金も相当あるんだね?という判断では融資ができないでしょう。

闇金では個人信用情報は無関係

審査機能がありません。長期延滞中だとしても、申告しなければ個人信用情報を確認しない違法業者では、返すことができれば良いと判断をします。

では、中小消費者金融で審査落ちで、長期延滞中の借入を闇金で調達したら良いのでは?と言って本当に借りに行く方も少なくないです。

個人信用情報を確認しないのは本当にありがたい

良い意味で言うと、金融事故がたっぷりある方でも、闇金ではバレないで受け付けをしてもらえます。収入があるとわかると、間違いなく貸してくれるでしょう。

しかし、高い金利が尋常ではないことと、返済能力があるのなら、際限なく返済を迫ってきます。また、取り立てなどが法律外であり、勤務先、実家にも取り立てがあり、個人情報が流出してしまいます。

高い金利というのも、年率1000%という内容であり、普通に考えたとしても、闇金は禁止行為だと言えます。多くの口コミでは闇金に対する恐怖心などの記事もありますが、長期延滞中の方の利用者が多いです。

どうします?これから

中小消費者金融の審査落ちの理由が長期延滞中の場合に闇金に行く。高い金利で返済ができない、しなくても良いのですが、そうすると嫌がらせが続く。眠れない日ばかりではなく、職場にもいられなくなってしまいます。

闇金の取り立ては酷いものが多いです。ということで、闇金に行かなければ良かったと思うことになります。金融事故を抱えた信用情報ですが、それを確認しないヤミキンでは、決して良心的なキャッシングはしないです。とことん吸い取る形で、人生が破滅します。

闇金ではなく、弁護士に相談

長期延滞中している状態でまだ借りようというのがNGです。融資可能なのが、個人信用情報無関係の闇金だけであり、そこは地獄です。

ということで、長期延滞中の解決は債務整理です。それができるのは、弁護士や司法書士であり、まずは相談です。長期延滞中なのですが、どうしたら良いですか?融資可能な金融業者の検索をしたところで、何の解決もしないですので、消費者金融業者から訴えられる前に債務整理をしましょう。

長期延滞中も一定の収入がある方は、給与からの差し押さえが始まります。そうなると、毎月の給与から強制的に引かれる事になってしまいますよ。