奨学金滞納者はやっぱりブラックでお金は借りられない

最近は、日本学生支援機構の奨学金を使って大学進学をする方が多いです。返済は就職してから始まります。実際には大変なことです。

奨学金は借金していると同じだけど

奨学金返済をしている方でも、キャッシングやクレジットカードの契約はできます。

ただし、一応は信用情報で借金があることは記録されているのですが、滞納者ではない限り、多重債務のカウントには入らないとされています。返済額にもよるのですが、実際にはキャッシングの部類ではなく、学生のための借金の立ち位置であり、返済している限りは影響がないと言われています。

金融機関、金融業者での借入のときに奨学金の内容は、審査にはあまり関係ないと言っても良いでしょう。考えもしなかった方も多いことでしょう。

ところが滞納者になると

即座にブラックです。奨学金返済に関しては、金融事故になる前に特別な措置があります。返済額を減少させたり猶予などの対応があります。この対応をすると、利息だけを先に支払うとか、毎月負担額を小さくしてその上での契約履行になります。

普通、カードローンやキャッシングでは、途中で契約変更はブラックになります。最初契約で完済できないことの金融事故です。しかし、奨学金ではこの変更に関してはブラックにならないので、返済ができない、難しいときにはすぐに対策をしてください。

奨学金があっても

理不尽な話ですが、未納分の奨学金があっても、カードローンやキャッシングができます。

もし、奨学金の支払いのためならしないほうが良い対応であることはわかっていることでしょう。しかし、たいていカードローンの借入では、他の用件に使用するために借りる方がほとんどです。一応、奨学金の滞納者前までは信用情報機関でもセーフですが、あくまでも借金を背負っている身分であることをお忘れなく。

そして、延滞前にきちんと対応をして、奨学金での金融事故者にはならないことです。奨学金は支払いができないと猶予対応があり、この滞納をしない限りブラックにはならないです。

国での対応はいかに?

奨学金は、大きな社会問題です。返済が本当にできない状態が続いているのは確かです。金利が低いはずの借金ですが、学費が高く、返済負担を小さくすることで、返済期間が長く負担が大きいです。今に始まった話ではないのですが、30代なかば、40代にして奨学金の完済をしている方も多いです。

どうしても支払いが困難な場合は、債務整理もあります。滞納者の借金どころの話ではないのですが、返って自己破産などの債務整理後で借りれる金融業者があります。罪としては、滞納者よりも軽く、債務整理した方が今後のために良い場合もあります。