家賃の滞納者でもブラックになる?保証会社の存在

不動産会社では、ブラックリストとの契約をしないところもあります。お金を借りることとは関係ないように思えるのですが、賃貸契約で保証会社が間にはいることがあります。何の保証か?というと家賃の支払いです。

意外な盲点?

保証会社と言えば、カードローンで言うと銀行の審査です。不動産賃貸でも同様であり、保証会社もピンきりです。

不動産会社では、いくつか保証会社と契約をしていて、そこの保証が取れないと契約ができないです。何を確認するか?というと、カードローンやキャッシングと同様の信用情報です。

滞納者は借りられない

これはお金もそうですが、不動産も同様です。信用情報で延滞の記録があると、何も借りられないことになります。

ただし、収入が安定していて、賃貸の支払いができると判断される保証会社もないわけではないです。カードローンよりはいくらか柔軟ですが、厳しい状態です。

賃貸支払いは、カード決済するところも少なくなく、返済日の入金がされない状態が続くと契約が切れます。このときに違約金の発生がある場合も少なくないです。賃貸契約は2年間と決まっていることが多いです。

信用情報機関の金融事故が原因で、家を追い出されることはありません。しかしながら、支払いをしない滞納者には容赦ない部分があります。

お金だけではない

契約と保証、お金借りるだけではなく、不動産も大きなカギになります。ただし、猶予もないわけではなく、きちんと相談をされることです。

実は、クレジットカードやカードローンでも、相談をすることで返済できない借金の内容を変える事ができます。滞納者の多くは返済日に引き落としができず、そのまま放置してしまいます。そうではなく、返済が難しい場合にはきちんと相談をしましょう。

この対応は、金融機関や金融業者でもきちんと聞いてくれます。延滞前なら滞納者になることなく、信用情報機関のブラックも延滞によるモノではないです。

結局金融事故だけど

家賃にしてもカードローンにしても、未納分がある事自体、ブラック、金融事故者です。そうなった場合、融資も審査通過もできないことが多いです。

アコムなどの大手消費者金融、銀行カードローンでは金融事故者の審査は通らないとされています。しかし、甘い審査の中小消費者金融や街金では、ブラックでも借りれる機会がありますが、滞納者だけは借りることができないです。

現在、すでに滞納者となっている方は、今からでも今後の返済について金融業者と話し合いをするか、債務整理の方向で検討してみてください。キャッシングができない時間はありますが、債務整理後は中小消費者金融などでも借入ができます。滞納者返上が条件ですが。