大手消費者金融の審査基準をアコムで考える 滞納者は無理

アコムの口コミでは、甘い審査であるとの内容もあります。その真意はいろいろですが、あくまでも口コミであり実際にはそんな簡単には借りられないようです。

大手消費者金融の審査

即日融資のカードローンとして、アコムなどの大手消費者金融では盛んに宣伝をしています。

数社の大手消費者金融では、それぞれに金融事故がある方の借入は一切できないと言います。当社所定の審査では、返済日を守らない方は排除です。

なぜ、審査が甘いとの口コミがあるかはわかりません。しかし、少なくとも滞納者はお金を借りる事ができない金融業者です。

大手消費者金融はブラックは拒否

金融事故に対してはデリケートな審査で対応します。

コンピュータースコアリングシステムでは、データ上の金融事故が借りられないです。些細な内容も審査落ちになりますので、融資をしたい方は、信用情報に気をつけましょう。アコムの審査は甘いものではないことは確かです。

滞納者の定義

61日間遅滞をすると正式に滞納になります。では、その間は大丈夫?というとそうではないです。たいてい返済日から1週間以内に電話がきます。この間の支払いができると、金融業者によっては金融事故としないことが多いです。

また、話し合いで翌月に2ヶ月分の支払いで話がまとまったとします。30日の了承のある遅滞ですが、一応金融事故になることがあります。ただし、約束を守り、その後の返済が順調であれば、借りれる場合もないかもしれないです。

滞納者としてではなく、プチ遅滞者程度です。それでもアコムでのキャッシングができるレベルではなく、大手消費者金融では金融事故の傷があること自体借りられない理由です。

気をつけたいクレジット払い

お金を借りるときの信用情報の確認では、クレジットヒストリーも関係します。今なら、賃貸契約、携帯電話の契約もクレジットで行うことがあります。この未納分がある、保証会社でのチェックが入る行動があるとカードローン審査に響きます。

奨学金については存在自体は良いのですが、延滞者になるとNGです。クレジットカードの支払いではなく、各種支払いそのもののクレジット行為では返済日は厳守です。口座引き落としができないことでの金融事故もありますが、金融機関や金融業者の引き落としが1日数回行われることがあります。

午前がダメなら午後というような感じであり、手元に引き落としのお金の用意があるのなら、必ず連絡をしてすぐに対応してください。この電話連絡と引き落としに間に合えば、滞納者、延滞者にはならない場合があります。金融事故者ではないので、お金が借りることができます。