滞納者は債務整理をしてからお金を借りる方が良い

金融事故の信用情報がある方は、審査が甘い金融業者に行くことです。大手消費者金融、銀行、信販会社ではなく、中小消費者金融や街金と言われる金融業者です。

正規のところなのかは、検索での口コミで知ることができます。闇金が多いので、必ずチェックしてから申込をしてください。

審査が甘いとは?

はっきり言うと、滞納者以外では審査次第で借りれる可能性があります。具体的には総量規制範囲内の多重債務者、自己破産などの債務整理者などです。キャッシングはカードローンではなく振込で高金利になることが多いです。

金融ブラックとして言われることがありますが、個人信用情報機関の金融事故がある方でも借りれるとして口コミが多いです。借りれた報告の中にはブラックリストも少なくないので、検討されると良いです。

問題の滞納者の審査

中小消費者金融や街金では、まとめローンがある金融会社があります。

これは、多重債務を1つのローンにするのですが、現在滞納者だけど理由があって、これからは返済ができる。その際に、ここでまとめローンにして一度滞納者を返上したい。返済額だけを貸してくれというものです。そんな簡単な話ではないのですが甘い審査では、安定した収入があったり、保証人、担保などの提供で借りれる場合がゼロではないです。

ただし、口コミが極端にない話であり、滞納や延滞している人をどこまで信じてくれる審査になるか?です。滞納している理由にもよるのですが、甘い審査の金融会社への相談はオススメです。

このときに、間違いなく完済ができること、騙し目的では行かないことです。ブラックリスト対応の金融会社の担当者はなかなかのツワモノ揃いです。

滞納者ができること

大方債務整理になることでしょう。自己破産だけではなく、任意整理や個人再生が妥当です。この債務整理をしたのなら、中小消費者金融や街金での借入がぐっと楽になります。

滞納者と債務整理者への扱いが180度違違います。滞納した借金はこの機会に綺麗にしましょう。しばらく借入ができないのは、街金では関係ないです。

ある自己破産をした方で、決定した翌日には、中小消費者金融からのDMが来ていたと言います。これは何を意味しているのでしょう?滞納がゼロになった時点でお金借りませんか?の勧誘です。理由があって滞納してしまうのは仕方のない話です。

返済日に支払いができない。

今後も無理なら、債務整理がベストです。延滞となる前に動くことをオススメします。