↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

ファクタリング業者に虚偽売掛債権を依頼はNG

ファクタリングは、最近中小企業でも資金調達方法として浸透しています。
それは今まで大企業しか相手にしていないファクタリング業者が、中小企業や個人事業主にも資金調達のチャンスを与えるものです。
もちろん利益が上がることを見込んでのことです。

ファクタリングの契約内容

企業が持つ売掛債権の現金化です。100万円の売掛債権があるとします。回収日は来月の25日です。ですが、その間に資金調達したい時に、ビジネスローンや銀行融資ではなく、この売掛債権の回収日をまたずにファクタリング業者に買い取ってもらう方法です。

手数料が5~25%程度取られるのですが、すぐに資金調達ができます。
資金ショート防止だったり、次の事業展開のために借金ではない形の資金調達方法になります。


↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

もう一つの得

それが、中小企業が赤字で経営者がブラックリストで借入ができない状態でも、ファクタリングができることです。
ファクタリングでは取引先の支払いが大きな焦点であり、申込者の信用情報ではそれほど重視しないことがあります。
借金の返済ではなく、すでに売掛債権としての回収の目処がついています。

取引先の信用情報に関してはOKであれば、ファクタリングができる。借入ができない場合でも資金を手にする事ができます。
そこで、申込者としては、しっかりとした取引をしている事で、ファクタリングで上手に資金を作る事ができます。

債権譲渡登記

ファクタリングでは、売掛債権を正式に譲渡をします。その時に額面の金額が絶対です。
ファクタリングには2つの方法があり、取引先も交えて行う3社間ファクタリングと取引先には内緒の2社間ファクタリングがあります。

3社間ファクタリングでは、取引先が直接ファクタリング業者に支払う事になり、手数料が少ないです。しかし、2社間ファクタリングでは、取引先には内緒で行うことで、申込者が支払いを受けてからファクタリング業者に返済の形で回収金の支払いを行うことになります。

売掛債権の偽造

2社間ファクタリングの際に、少しでも多くの資金調達方法のために、偽造売掛債権を作成する場合があります。
申込者としては、回収日までに資金を作れば良いことで、本来の売掛債権以上の資金を作ろうとすることがあります。

ファクタリング業者では、債権回収として審査も置行うことで、こうした虚偽はすべてバレます。
最悪ファクタリング不履行になることがあり、ファクタリング業者を騙すことは不可能だと思ってください。

どうしても多くの資金がほしいのなら、ファクタリングとともにビジネスローンの対応しているところで、最初から相談をしましょう。
悪徳ファクタリング業者も横行しているのですが、この場合はファクタリング業者を欺く悪行です。こうした行為はまずバレます。


↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

ファクタリングの二重契約は大きな罪

ファクタリング契約は、本当は3社間ファクタリングが理想です。
申込者、取引先との話し合いが、今回の売掛債権を先に現金化してしまうので、取引先の支払いをファクタリング業者にしてもらう。
それでファクタリング業者としても信用ができ、手数料も少なくて済みます。

取引先には知られたくない

ファクタリングを考える時、申込をする方としては、現金化の事実はバレたくないものです。
反対に、取引先が資金ショートの恐れがありファクタリングをしたとしたら?
信用問題にも関係してくるのですが、高い手数料を支払ったとしても取引先にはばれないで、売掛債権を現金化したいのは本音です。


↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

2社間ファクタリング

3社間ファクタリングでは、正式の債権譲渡登記をファクタリング業者に移します。
ところが、2社間ファクタリングでは回収されるまで、保留の状態になり、ファクタリング契約書上での譲渡になります。
ということで、登記は申込者のままなので、別のファクタリング業者に持っていくことができます。
要するに、1つの売掛債権で二重のファクタリングで資金を得ることができるということです。

もちろんトラブルの原因

3社間ファクタリングの手数料が低いのは、こうしたことが絶対にないからです。
どうしても資金がほしいからとあちこちからのファクタリングでの資金稼ぎをする。
後で、回収後にうまく返済をしたら良いと考えるのは危険です。
当たり前のことですが、一つの売掛債権で一つのファクタリングしかできません。

横領罪になる

すでにファクタリング業者と契約をしている売掛債権のファクタリングを別の業者とも掛け持ちにして契約をする。
これは完全に横領です。後で完済したら良いのではなく、この事実が分かれば罪になります。罪状は横領罪です。
資金ショートで、登記が宙に浮く状態です。どうしても資金がほしいのはわかりますが、二重契約は大きな罪です。

債権譲渡契約のファクタリングでは、2社間ファクタリングでは、回収後の支払いで完了です。
二重契約で支払いができないという事態があると、会社そのものも経営が危なくなります。
下手な事は考えないことです。

とにかくファクタリングは売掛債権の現金化であり、債権譲渡登記はしてしまったことになります。
2社間ファクタリングでも手元にある売掛債権はもう自分の財産ではないことを承知してください。
悪用は厳禁であり、その事実が取引先の知られたとしたら、本当に会社が傾くことになる事もあります。
ファクタリング業者もそんなにアホではないので、騙そうとはしないことです。


↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

高い手数料を取るファクタリング業者も多い

ファクタリングは、自社が持つ売掛債権を早期の現金化することで、上手に資金調達ができます。
借金ではなく、資金を作りたい。信用情報の善悪にかかわらず、とにかく現金がほしい時は嬉しい対応です。

事業資金の新しい作り方

実は、最近一般的になっただけで、以前から存在していました。始まりは大企業のグループ会社の資金調達法です。
グループ会社であり、互いに損得を考えて、ファクタリングの方法で負債ではない資金調達をしようというものです。ファクタリング業者の台頭により、それが取引先との関係でも行われ、中小企業にも銀行融資ではないファクタリングの資金調達方法が展開を始めています。


↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

ファクタリング業者はどこが良い?

ファクタリング業者は、売掛債権の金額、種類などでも選択ができます。
老舗も新しい業者も多いですが、必ず口コミだったり、情報があるところが妥当です。

今のところでは、老舗が安心だとされています。
というのも、ファクタリングの展開が早すぎて、法整備ができていません。
金融業者のローンと違い、売掛債権、現金化、回収後の返済で完結します。
互いに手数料の数字が良ければ契約ができます。

そこで各ファクタリング業者では、金融業者のように明確な手数料の数字を出していません。
3社間ファクタリングでは、業界最安値とか、5%~とあり、上限の数字提示がありません。
そこで、実際の口コミや評判だけが頼りになっています。

高い手数料

事業資金がほしいのなら銀行や日本政策金融公庫などの審査を受ける。
それができなくて審査落ちになるのでファクタリングで資金調達したい場合もあります。
そうした時に足元を見られて高い手数料をふっかけてくる場合があります。
もともと闇金が行うファクタリングでは、50%以上の金利の事もあります。

手数料に関しては、査定もしているので、1つ1つ確認が必要です。
銀行融資の審査と違い、数日の査定ができますので、手数料、売掛債権がいくらになるかをいちいち確認することです。
2社間ファクタリングではなく、取引先も同意する3社間ファクタリングでは、10%以下の場合が多いです。
初めてのファクタリングなら、業者選びはより慎重にしましょう。

中小企業を相手にしていないところもありますが、最近ではファクタリング情報サイトもあります。
必ず多くのサイトに確認したり、直接問い合わせをしてみてください。
まだ市場が出来上がっていない部分もあり、老舗が安心できるのですが、それにしても査定次第で決めることです。
経営状態、経営者と取引先の信用情報も大きなポイントになります。


↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

契約内容がすり替わっている?

とても気安いファクタリング業者であり、悪条件にもかかわらず、多少手数料は高いですが、契約ができることがあります。
目前の資金ショートがあると、どうしても焦ったファクタリングになることがあります。
査定は数日ですが、なんと即日資金提供の場合もあります。

無事にファクタリング契約

契約は早いのに、なかなか資金の調達ができないことがあります。
これがもし3社間ファクタリングであれば、資金を手にする事なく騙されたことになります。
売掛債権は譲渡登記をしてしまうことで、自分たちの手から離れてしまいます。

3社間ファクタリングでは、取引先はファクタリング業者に直接支払いをします。
契約書ができていないうちの軽い契約は危険です。


↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

契約書が送られてきてビックリ

インターネットの時代では、ネットでやり取りすることがあります。
契約書が紙であろうと、電子であろうと後で送られてきた契約書の内容が、話しと違うことがあります。
そんな契約ではないといったとしてもいちゃもんをつけてくる場合です。
契約書ではこうなっていると言い張ることで、こちらが損をしてしまうファクタリングの可能性があります。

契約書か先

急いで資金がほしいからと軽はずみに売掛債権の譲渡はしないことです。登記してしまったらすべては終わりです。
契約書があってからの話しですから、話しと契約内容が合致してないと成立させてはならないです。


↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

最近とても多いトラブル

この手のトラブルはとても多いです。
資金もすぐには振込がされないとか、契約内容にはない要求、後で契約書に知らない手数料の書き込みがあるなどです。
おかしいなと思った時には、ファクタリング問題に強い弁護士に相談をしてください。

最近では、弁護士にファクタリングの相談がとても多いと言います。
不安であれば立会もしてもらえるのですが、もともと資金調達のためのファクタリングでは、そんな余裕がない場合も多いです。
しかし、資金調達では借金ではなく、新しいファクタリング内容です。
こちらがもたもたしている時に、業者によってうまくかき回されることがあります。

15%の手数料で合意したのに20%になっている。
知らない事項が加わっていて、あとで確認をしたら違反行為であるなどのトラブルが絶えないです。

3社間ファクタリングでは

このようなトラブルに取引先も巻き込んでしまうと、会社としての信用もなくしてしまいます。
ファクタリングそのものは会社として負債なき経営の選択としては間違っていないので、悪徳業者に捕まらないことです。
それには契約内容はきちんと確認して、早まった契約はしないことです。


↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

ファクタリングに担保と保証人は不要

あるファクタリング業者に売掛債権のファクタリングの依頼をしたところ、担保や保証人の要求を受けた。

借金ではない

ファクタリングは資金調達方法の1つです。その特徴は、債務ではないことです。
担保融資でもなく、売掛債権を先に現金化してもらうだけのことです。
ファクタリング業者は、債権回収であり、現金にすることができます。

そのときに手数料を徴収しますが、それも上限があります。
その過程で、担保や保証人がなくては資金を出せないということはあります。
銀行融資などではなく、手数料も金利ではありません。
1000万円の売掛債権に対して、10%の手数料であれば、それだけの金額を引いて現金化ができます。

担保と言えば、不動産担保などで譲渡をするとか、連帯保証人などが必要な融資ではありません。
そして、ファクタリングでは担保と保証人要求は違反行為です。契約内容は確認が必要です。


↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

売掛債権の売買契約

3社間ファクタリングでは、支払いをファクタリング業者に直接行ってもらいます。
2社間ファクタリングでは、取引先からの回収後に速やかに支払いをします。
それだけの事ですが、それまでの担保や保証人は一切不要です。
ですから、ファクタリング契約の時に担保や保証人の強要があるとしたら、そこは違法業者と言えます。

闇金がファクタリングしている

売掛債権があれば間違いなく資金になることで、最近では闇金ファクタリングも多いです。
その正体がわからなくて、高い手数料だったり、遅い時期の資金提供、そして担保や保証人の強要です。
手数料も50%程度だったりととんでもないことです。

取引先には関係ないのですが、それでもファクタリングそのものは不信感になります。
2社間ファクタリングでは、取引先に言わないことを良い事に、いい加減に丸め込まれる事があります。

信用情報がブラックリストだと不利?

基本的に信用情報は関係ないと言います。取引先の経営状態などがポイントになります。
というのも、取引先が倒産をしたとしても、ファクタリングで得た資金がそのまま貰える取引もあります。
ですが、やはりブラックリストの申込では分が悪いのですが、だからといって担保や保証人の強要はありません。
せいぜい多少手数料が上がる程度でそれも数%程度です。

必ず、ファクタリング業者では、口コミだったり、情報をきちんと得てからの申込がオススメです。
初めてのファクタリングではより慎重に検討してください。
資金ショートもヤバイですが、売掛債権が騙されて紙くずになってしまうのも最悪なことです。


↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談