↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

ファクタリングと偽装ファクタリング

偽装ファクタリングの言葉は最近、東京や大阪でファクタリング被害として登場しています。
すでに逮捕者もあり事件となっています。

ファクタリングとは?

会社が資金調達のために、銀行融資や金融会社からの借金に頼らず、自社が持つ売掛債権を使って資金を獲得する方法です。
自社が持つ売掛債権は、回収日が決まっています。取引先からの入金をまたずに、ファクタリング業者(債権回収会社)に売却することで資金を得ます。
そして、取引先からの入金をファクタリング業者が手にすることで、取引が完了します。

このときに、売掛債権が担保となる形にはなりますが、一定の手数料の支払いで、自社としては回収日をまたずにまとまった資金を調達することができます。貸金ではないファクタリングでの資金調達は、大企業のグループ会社から発祥となっています。現在は、中小企業、個人事業主にも波及している比較的新しい資金調達方法になっています。

↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

売掛債権の譲渡

資金調達したい会社では、ファクタリング業者に対して、債権譲渡を行います。
その時に、売掛債権の額面から手数料を差し引いた金額の現金を調達します。

売掛債権は譲渡してしまったときに、契約として取引先からの入金が直接ファクタリング業者に行く3者間ファクタリングと自社で回収してファクタリング業者に行く2社間ファクタリングがあります。

偽装ファクタリングでは、後者の2社間ファクタリングの取引上で、不当な手数料だったり、現金支払いをわざとに遅らせ、結果的に自社に戻す形になります。このときに手数料と称して、高い金利で貸付を行います。回収日までの期間が長いこともあり、ファクタリング業者では、本来のファクタリングの得るお金より少ない金額を会社に貸し付ける形になります。

本来この形では、ファクタリングが貸金業法に則った形で、正当な利息制限法の範囲内の貸付ならまだ犯罪ではありません。
それが、50%を超えるヤミ金まがいに金利で、かつ譲渡したはずの売掛債権も再譲渡の形で戻ってくる。売掛債権が担保となるのは、契約内容の現金が来るまでの話しですが、この場合はヤミ金の貸付だけの僅かな現金であり、高い金利の返済が迫られることになります。

宙に浮いた売掛債権での資金調達ができずに、ヤミ金に騙された形になってしまうことが、偽装ファクタリングの手口です。

譲渡したはずの売掛債権

契約上では、売掛債権がうまくファクタリングで資金調達になるはずですが、手玉に取られて、不当な金利請求を受ける被害が横行しています。
貸金ではないはずのファクタリングです。不審に思う契約では、必ず弁護士などに相談されることをオススメします。
大切な売掛債権が、うまくファクタリングとして資金調達にならない場合、手数料と称する高い金利請求がある場合は、会社の倒産危機を誘引する大変な犯罪です。

↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

ファクタリング契約のときにはよく確認を

ファクタリングに関しては、近年ヤミ金業者が多く入り込んでいるとの情報があります。融資ではない売掛債権の譲渡が関係していることで言えば、本来の回収日以前に安全な売掛債権の現金化が理想です。

手数料の存在

ファクタリングでは、資金調達に売掛債権を買取してもらうことです。その時に、どうしても手数料はかかります。

現在、ファクタリングの法整備が確立されていないことから、手数料は自由設定です。
各ファクタリング業者のホームページを確認しても、明確な手数料の数字がありません。
5%~、業界一の低手数料を実現といった宣伝文句が飛び交うのですが、手数料の上限設定がありません。
あとは口コミ評判などを頼りに、ファクタリング業者を探っていくことになります。

これはとても危険なことでしょう。貸金ではなく、売掛債権譲渡で成立する商取引です。
その時に、ヤミ金業者の偽装ファクタリングに遭ってしまったら、被告会社として大変な損害が出ることになります。

↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

偽装ファクタリングの被害

契約書の内容では金利、金銭消費貸借の文字があると、これは偽装ファクタリングになっていると言います。
本来、貸金ではなく、売掛債権に対するファクタリングは、手数料だけを差し引いた現金の支払いになります。

3社間ファクタリングでは、取引先も同意した内容で、ファクタリング業者に直接取引先が支払いをします。取引先では売掛債権そのままの金額であり、申込会社では、すでにファクタリング業者からの現金の支払い歩を受けていますので問題はありません。

問題は、取引先には一切内緒の2社間ファクタリングです。
内々に取引をすることで、ファクタリング業者からの債権譲渡の際に現金支払いを受けます。
そして、取引先からの回収のときに満額の売掛債権の現金をファクタリング業者の支払いをするときに、金利を要求される。
これは本来関係のない話しです。

ファクタリングの契約書に要注意

売掛債権の譲渡ですから、金利もないはずですが、契約書には金利の文字がある。
完全に偽装ファクタリングの手口であり、2社間ファクタリングの際の、売掛債権回収の支払いのときに不審な動きがある場合もあります。
この回収された売掛債権の支払いに際しては、一切余計な金利請求も受けないのがファクタリングです。

売掛債権譲渡契約のときに、予めかかる手数料と回収後の支払いのときに金利設定がないことを確認しましょう。
ファクタリングに関しては、契約内容をいい加減に対応してしまうと、金利があると書いてあると文句が出ます。
完全に違反行為ですが、まさにヤミ金の手口です。

ファクタリングのことはよくわからないというときには、むやみに手を出さないことです。
安心できる業者ではない場合、3社間ファクタリングが不可能な場合には、ファクタリングそのものをしないことです。
どうしてもファクタリングでの資金調達をしたいときには、すべての契約内容が把握できるよう専門家などの立会で行うことでしょう。

↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

ファクタリングは貸金ではないけれど

会社の運転資金のために銀行融資を受けたいけれど、審査に通らない。
赤字経営だから、ではなく経営者の信用情報の金融事故などが邪魔していることがあります。
極めてプライベートなことで融資が受けられないでは話しにならないことです。

そこでファクタリング

資金調達先として、金融業者ではなく、ファクタリング業者の選択もできます。
ファクタリングでの取引は売掛債権の現金化です。売掛先も巻き込む3社間ファクタリングでは、手数料が10%以下になることが多いです。
100万円で90万円程度の現金化です。

また、ファクタリング業者としては、取引先のリサーチもすることで、返済確約が高い取引になります。
すでに何回続けてファクタリングする場合には、3社間ファクタリングが良いでしょう。
偽装ファクタリングの防止にもなります。

↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

偽装ファクタリングになりやすいのは?

取引先には言わない2社間ファクタリングです。ファクタリング業者との取引では、手数料だけの支払いで済むはずです。
100万円の売掛債権で10%の手数料であれば、現金が先に90万円支払いを受けることができます。

ここで資金調達ができたことになり、取引先からの回収ができた時点でファクタリング業者に100万円の支払いですべて完了です。
それ以上のファクタリング業者との取引がありません。

ノンリコースファクタリング

これは取引先が倒産した場合、ファクタリング業者に支払うべきお金がゼロになる契約です。

ファクタリング業者では、契約のときに取引先の会社事情を確認します。
このときに倒産の危機がある、不安定な中小企業であれば、手数料が高くなるという特徴があります。
リスクのためですが、公的機関や上場企業では3社間ファクタリングでは、とにかく低い手数料になります。

2社間でも同様です。ただ、中小企業などで倒産をした場合は、ノンリコースの契約もない場合は弁済義務があります。
または、回収日に支払いができないことで、不当な金利設定、ファクタリングとは別に甘い言葉で貸金の勧誘などもあります。

しかし、正規ファクタリング業者では、すべてを調べた上で危ない取引ではそれなりに高い手数料になったり、リスクも相談ができます。
融資対象になるときには、利息制限法20%を超えることもなく、貸金業者としての届け出をしている金融業者であることがわかります。

ファクタリングは本来貸金ではないのですが、資金融資の観点からは、ファクタリングも貸金も対応していることがあります。
その場合は、ファクタリングとは別の契約が用意されています。

しかし、ヤミ金まがい、偽装ファクタリングの場合は、ファクタリングそのものが貸金のような等な手数料に金利請求があります。
おかしいなと思ったのなら、すぐに弁護士などの法律専門家に相談してください。

↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

偽装ファクタリングの手口はヤミ金

偽装ファクタリングの内容はいくつか種類がありますが、いずれもヤミ金業者が絡んでいます。
ヤミ金融が絡むことで、逮捕容疑では出資法違反がありました。

何が偽造?

ファクタリングでは売掛債権を挟む取引です。
自社と取引先にある売掛債権をファクタリング偽造が買取現金化します。
売掛債権では回収日が先になりますから、その支払したのなら完了です。1~2ヶ月後の回収が多いです。

しかし、ここでファクタリング業者では、売掛債権の譲渡契約として所定の現金を渡すことがファクタリングです。
ところが、この入金が即日だったり、数日かかることがあります。
多額になるほどファクタリング業者としては1週間程度かかることがあります。

偽装ファクタリングでは、現金化のときに「貸付」をすることが多いです。
現金には時間がかかるからとお金を貸す。そんな契約にしてしまうことがあります。

整理をしてみると

ファクタリングでは、事業資金を売掛債権の買取で現金の提供があります。
資金調達として借金ではない方法でのファクタリングでは、売掛債権の額面から手数料を差し引いた金額が現金になります。
このときに査定としては、ファクタリング独自の審査が必要ですが、信用情報などを問われることはありません。

ポイントとしては、取引先の支払い能力です。
ですから、ブラックリストの申込者でも資金調達方法として紹介されることがあります。
信用情報が金融事故者でも借りれる点でもオススメです。

資金調達を今すぐほしい

ということで、ファクタリング申込では経営者が切羽詰ったときであることが多いです。
それなのに、偽装ファクタリングの被害に遭ったのなら泣きっ面に蜂状態です。
すぐに資金がほしいこのような状態で、今すぐ資金がでないので、とりあえずお金を貸す。この行為は完全にヤミ金の手の内です。

ブラックリストであり、焦っていることはわかっています。
貸金はすぐにでもほしいお金であり、ファクタリングをしたことで売掛債権は譲渡される。
そして、貸金をして年率で1000%近い金利であり、返済をしたのなら、売掛債権は再譲渡する。
その時にファクタリングとして再契約をすることになります。

貸付で金利も取られ、売掛債権の再契約という最悪の状態に行きます。
貸付の返済ももちろんですが、理不尽な再譲渡のときには、ほぼ脅し状態です。
2社間ファクタリングでは、取引先にしゃべるなど、不利な条件も出してきます。
ここはヤミ金の手口で次々にあくどい手段を出してきます。

偽装ファクタリングの正体

ヤミ金であり、貸付で金利を取る。
返済をしないのなら、取り立てや嫌がらせを加える。ほぼキャッシングのヤミ金対応になります。
被告会社になってしまったのなら、倒産してしまうこともあります。

このときの解決法としては、弁護士などに相談するしかないでしょう。
やってはならないのは、解決しようとしないことです。偽装ファクタリングにやられたままではNGです。

↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

偽装ファクタリングの被害は増えている

最近の偽装ファクタリングの逮捕劇では、ヤミ金業者が行っているものです。貸金ではないファクタリングですが、たいてい貸金業法違反が容疑になっています。被害会社では、すでに経営が苦しい上に、高い金利を払わされたり、手数料が高く手に入る現金も少なくなる悪徳ファクタリング業者が横行しています。

遡ると貸金業法の改正が原因なのか?

貸金業法の改正によって、金融庁登録するために貸金業者が正規の業者になるには、規制が大変が厳しくなっています。
ここ数年で、正規貸金業者の数が激変しています。そこで、貸金業者ではヤミ金融と化していることが問題になっていました。そして、そのターゲットとして、ファクタリングになっています。

↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

偽装ファクタリングの真相

あなたの会社が持つ売掛債権を買います。現金化をしますが、手数料がかかります。
金融業者ではないはずですが、登録金融業者がファクタリングをしているケースもあります。
その場合、たいてい売掛債権の現金化だけでは不足する資金調達としての提案です。
貸金業者では、利息制限法での金利できっちりと貸付をします。

ただし、ヤミ金ではこの要領で、現金化よりは最初から高い金利での貸付をちらつかせます。
それは、最初から現金化のつもりはなく、貸付目的で話しを進めます。巧妙な契約書の作成だったり、蓋を開ければ売掛債権が現金化されていない、単に高い金利の貸付で取り立てで困ってしまっている状態になっていることです。

不安なファクタリングと契約したのなら

ファクタリングを専門とする弁護士にしっかりと相談をしてください。
キャッシングで言う債務整理が専門とする弁護士のように、偽装ファクタリングと戦う弁護士も多く存在しています。
そこでは、契約書の内容を一から確認していくだけではなく、不当な金利のキャッシングについての解決法を見つけ出すことができます。
キャッシングのように単純な内容ではないですから、解決の方法は1つ1つ違います。

債務整理専門ではなく、ファクタリングに詳しい弁護士に相談だけではなく、早期に解決した方が良い場合も多いです。
数年間の偽装ファクタリングの逮捕者は増え続けています。
経営者がファクタリングに急ぐときには、資金ショートの危険性があるときで、緊急資金調達をしようとしています。

その申込者の姿をみていると、ヤミ金の手口に乗ってしまうことになります。
自信のないファクタリングの契約などには注意が必要です。よほどしっかりとしたファクタリング業者との取引が必要です。

↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談