↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

ファクタリングの返済できないとは?

ファクタリングとは、売掛債権をファクタリング業者が現金化することで早期にキャッシュフローを用意するものです。
本来なら、まだ回収ができない売掛債権を債権回収によって手数料を差し引いた現金入手が期待できます。
ファクタリングのトラブルの中に、返済ができないとワードが出るのですが、これは一体何でしょう?
融資ではありませんから、返済の必要性があるのでしょうか?

ファクタリング上の返済とは?

ファクタリングは、自社と取引先の間にファクタリング業者が入ります。
自社が持つ売掛債権を現金する際には、必ず債権譲渡を行います。
理想的な3社間ファクタリングでは、完全に譲渡登記がされ、取引先の支払いがファクタリング業者になります。

ところが、ファクタリングでは取引先に内緒で行う2社間ファクタリングがあります。これは、取引先が知らない間の譲渡登記がされるのですが、ファクタリング業者への支払いが取引先からの支払い後に自社が支払うことになります。それが、返済の形になります。

要するに、ファクタリング業者からの現金化後に売掛債権の回収がされる。
それをファクタリング業者にきっちり返済の形デ支払いをしなければならないことです。

↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

返済ではない?

ファクタリングのことを前借りと表現することがあります。正確には、3社間ファクタリングであれば、返済も支払いも無用です。
2社間ファクタリングの時に、取引先からの本来の支払いの時に、そのお金に手をつけなければならない事態になっていたり、約束の日に入金されないことで返済できない事態になることがあります。売掛金はすでに受け取っています。手数料は当然ですが、売掛債権の支払はすでにもらっているのですから、本当の支払いではすんなりと返済をすることです。

返済できないは許されない

ファクタリングの返済できない理由として、取引先が原因であれば仕方のないことです。
倒産の危機がある時には、弁済の必要がないファクタリングもあります。

しかし、本来の3社間ファクタリングでは、債権譲渡契約完了までは、返済できない事実は許されない事です。
正確には債務者ではないのですが、返済しなければならない感覚のお金です。

3社間ファクタリングにはないこと

2社間ファクタリングのみの対応であり、3社間ファクタリングの場合はない話しです。
ファクタリングとしては、しっかりと3社間ファクタリングの際の返済はきちんと行いましょう。
もしできないとしたら、その理由を明確にしなければならないでしょう。

↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

ファクタリングは新型ヤミ金の手法?

ファクタリングの中には、新型ヤミ金と言われる内容があります。
これは、ある弁護士のところに経営者が相談に来た事が発覚した事であり、同様の要領で逮捕者も出ています。

ファクタリングとは?

本来のファクタリングとは、売掛債権を買い取って、手数料を差し引いた現金の提供をするものです。
ところが、ヤミ金のファクタリングでは、100万円の売掛債権を担保として、数十万円の貸し付けを行うようです。

資金提供が、十分ではなく、金利が高い事が犯罪です。弁護士の相談にきた経営者の内容では、完全にヤミ金です。
貸金業法にも則っていない高金利の貸し付けです。これはファクタリングではありませんし、担保融資です。

↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

ここで間違ってはならない事

ファクタリングでは本来80%以上の現金が入るはずです。3社間ファクタリングなら、取引先からの回収になりますが、2社間ファクタリングでは自社が回収した時にファクタリング業者に「返済すること」になります。

ところが、上記のヤミ金では、単に売掛債権が担保です。不動産担保ローンだったり、車融資などの扱いです。
それが、ファクタリングでは貸金業法の登録をしていないとできないことです。
ただし、たいていのファクタリング業者では、貸金業法の登録もされていないので、担保融資は禁止なはずです。

また、本来ほしい金額に満たない事であり、これでは単なるビジネスローン的なことです。
これは、債権譲渡契約として少額の資金提供であり、高い金利になっている。全くファクタリングではありません。

手数料は金利ではない

ファクタリングが最初に支払手数料は1回きりのものでする。金利の形での借入にはならないはずです。

しかし、最近はこうした形のファクタリングが横行しています。
売掛金の譲渡がされていたり、契約上で金利の存在があるのにサインしてしまう。
そうした資金調達もあると思うようですが、完全に騙されています。

ファクタリングの法整備ができていない

こうしたブラックファクタリングの背景には、ファクタリングか貸金が不明な資金調達方法になります。
まだ曖昧なファクタリングの内容ですが、担保も保証人の必要もありません。

売掛債権に対しての一定の金額の提供がファクタリングです。
それ以外ではファクタリングではなく、高い金利で返済できないというのも当然の事です。
ファクタリングの内容をよく知って、契約でわからない、不明な点であれば明確にしてからの契約にしましょう。
怪しいファクタリングに関しては、断る勇気も必要です。

↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

ファクタリング業者に支払うお金がない?

2社間ファクタリングでは、自社は回収されたお金を一括でファクタリング業者に返済することになります。
この時に分割払いは不可です。一括支払ができるのは当然の事がファクタリングの常識です。

債権譲渡契約のファクタリング

売掛債権をファクタリング業者に譲渡する契約のファクタリングは、契約と同時に自社のものではなくなります。
これは、取引先からの回収ができた時にファクタリング業者に100%支払いをすることができるはずです。
100%前借り感覚のファクタリングでは、分割払いなんていうことは皆無です。
それでも、最近100%の支払いができない、返済できない事態が増えています。

↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

どうして返済ができない?

売掛債権の現金化した時に、手数料分を差し引いた金額の現金化ができます。
この時に、売掛債権が現金に変わった事を意味します。
資金調達方法としてファクタリングを選択するのですが、すでにもらった現金は、100%ではありません。

ファクタリングでは、最高30%に近い手数料の場合もあります。
100万円の売掛債権が最低70万円にしかならないということです。
この30万ですが、実際の債権回収の時に不足した30万円の補填などをしてしまう事があります。
これは絶対にやってはならないことで、売掛債権の回収金はすべてファクタリング業者に支払いすることです。

債務者ではない。
100%の返済というと借金のようですが、正確にはファクタリングは貸金ではありません。
もちろんファクタリング業者に返済ができれば、良い話しですが。

資金調達でファクタリング

ファクタリングの目的は持っている売掛債権の早期現金化です。
本当は回収日に入金される金額を先にもらう形であり、見通しが変わることになります。

回収されたお金は必ず返済をしなければならないことであり、返済できないことは許されない事です。
経営がうまくいかず、今回のファクタリングで資金調達が失敗してしまう場合もあります。
それで、結局は返済ができない場合もあります。

債権譲渡登記をした時点で、返済の形の資金は自分のものではないことを確認しましょう。
どうしても返済をするには、どこかで資金を作らなくてはならないでしょう。

ファクタリングの可能性

実は、ファクタリングの効果として、キャッシュフローをすることで、銀行融資や日本政策金融公庫のからの審査通過がしやすい手段です。
要するに、ファクタリングでキャッシュフローを作ることで、審査に通りやすく、融資を受けることが環境になります。

ということで、ファクタリング業者には融資後の返済が可能になることもあります。
それが、ファクタリング業者に了解を得て、支払いのトラブルを回避する事です。
銀行融資、日本政策金融公庫の審査は時間がかかりますので、計画的なファクタリングが必要でしょう。

↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

本当は犯罪?架空売掛債権の存在

売掛債権を現金化できるファクタリングでは、自社が差し出す債権が架空の場合があります。
債権譲渡登記では、架空は犯罪になってしまいます。
ところが、ファクタリング業者が架空と知ってファクタリングをすることもあります。

ファクタリング詐欺だけど

架空の売掛債権を差し出すことは犯罪です。しかし、経営者では、売掛債権の額面だけではとても不足する場合もあります。
ファクタリング業者としては、架空の売掛債権の存在を知っていて資金提供をする場合は、詐欺とならないようです。
貸金に似た対応ですが、これが怪しい事になるでしょう。売掛金の存在がないことは、資金回収ができないとされます。

本当は、売掛債権が回収可能なので、ファクタリングとしては契約ができます。
架空の売掛債権というのは、返済できない事も意味しています。
貸金に似たことですが、この架空だけど売掛債権を現金化できる場合もあります。
互いに同意していたら良いのですが、その際にファクタリング業者がヤミ金の場合は大変になります。

↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

ヤミ金の手口

ヤミ金のファクタリングの方法では、売掛債権担保として貸金する、売掛債権も架空でも良いけれど、そこに不当な金利をつける事があります。要するに、悪徳キャッシングそのものの対応です。高い金利も利息制限法以上のものですが、架空の売掛債権提示していることの後ろめたさもあり、なあなあの関係になってしまう。

本来は、貸金業者であれば貸金もあり。
架空の売掛債権だとしても、同意であれば、回収の設定日に完全返済ができれば良い話しです。
ヤミ金では、それを待たず先に貸金設定で高金利のキャッシングの話しになります。

架空売掛債権の存在

ファクタリング業者の同意ですが、貸金は別問題です。
そうではなく、借りに架空売掛債権の相談で、返済することかできれば、ファクタリング業者としても一応は一定の手数料の収入ができます。
その同意ですが、返済できないとなると決裂してしまうことで、訴えられる事があります。

架空売掛債権でも資金提供という話しもありますが、信頼ができるファクタリング業者であることも必要です。
本来はあってはならない事で、トラブルになってしまう場合があります。

たいてい、数回お世話になっているファクタリング業者で相談をしてみてください。これをファクタリング業者に内緒で行うと犯罪ですが、同意があることで同罪というか、しっかり返済することができれば、別の資金調達なのですが。

本来はしてはならないことですが、どうしても今回の資金調達、返済ができるのならという話しですが。
ヤミ金のファクタリングではないことが必要なことです。

↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

ファクタリングの分割払い歓迎は怪しい?

ファクタリングの返済では、一括が大原則です。
口コミでは、最初から分割可能の場合は、ヤミ金の恐れがあると言います。
2社間ファクタリングでは、絶対に分割払いができないものと考えてください。

売掛金の存在

売掛債権の額面が100万円だとします。
債権譲渡登記をする事で、取引先に通知をしない2社間ファクタリングでは、早期現金化ができます。
そのときに100万円以下の現金になりますが、ファクタリング業者に返済するのは、100万円売掛債権100%になります。

これは、2社間ファクタリングでは回収日に100万円が回収される。
それをそのままファクタリング業者にわたす事が必要です。
それが、今はどうしても返せないというのは許されないことです。

契約違反になる事で、ファクタリング業者に責められたとしても仕方のないことです。
売掛金はそのままファクタリング業者に行く態勢にしておくことです。

↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

担保ではない売掛債権

ファクタリングでは、売掛債権を現金化するものです。
担保融資では、借入の際に担保保証をする事です。

しかし、ファクタリングでは、売掛債権がすべて返済に回ります。
ですから、担保として返済したら戻ってくるものではありません。
売掛債権の100%回収金がそのままファクタリング業者に支払うことが完結できます。

もし、担保としての存在であれば、売掛金以外にも返済が必要とします。
そのときに高い金利設定だったり、それが利息制限法以上の数字の場合があります。
この手のファクタリングでは逮捕者も出ていますが、資金調達で困っている経営者に対して、ファクタリングを利用した悪質なことです。
売掛債権を提供して、現金化をするはずですが、担保として契約をして貸金をする内容です。

契約書の確認を

ファクタリングの場合、契約の時にそれが担保であり、売掛金回収の時に、額面以上おかしいと思った時には、契約書を見せられ、完全に貸金契約になっている事があります。

これはヤミ金ファクタリング手口であり、経営の困っている方にしてみれば、目の前の現金で妥協してしまいます。銀行融資もできないブラックリストの場合です。おまけに、分割払いができる(本当は完全な貸金)ことで、あたかも親切な対応のふりをしています。

本来のファクタリングでの資金提供では無いこと気が付かないこともあります。
返済できないと知って、弁護士などに相談に行くと悪徳ファクタリングに引っ掛かっていたということです。
最近は、このようなファクタリングの被害がとても多いです。
とにかく契約書の内容確認をした時に、きちんとしていない場合は、売掛債権を渡さないことです。

↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談