↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

誰でもファクタリングができる?トラブルも急増

事業資金がほしいとき、融資をオススメすることになります。銀行がダメなら、ノンバンクの選択もあります。

それ以外の事業資金調達方法はある?

融資を金融機関や金融業者に頼るのは自然のことですが、審査に通らなければならない。この審査の壁に阻まれてしまって、融資をうけられない場合もあります。

また、融資をすることで、個人信用情報の記録されることを考えたくない。どうか、審査無関係の融資などはないかな?特に個人事業主等では、融資そのものが対象にならない場合もあるでしょう。

資金調達、融資以外、審査関連以外ではないのでしょうか?

ファクタリングと言う方法

知っている方も多いですが、ファクタリングは何千万円という債権の現金化になります。

それはそうでしょう。ファクタリングでは、売掛債権や請求書を債権回収会社が買い取って、現金化するものです。その際に手数料はかかるし、債権も目減りもあります。そんなファクタリングは、中小企業や個人事業主では手数料だけで吹き飛んでしまう。そのような懸念もあります。

これは、今までのファクタリングといえるでしょう。

↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

知っていますか?最近のファクタリング

以前は、大企業相手だけをしていたファクタリングが多かったです。売掛債権では、最低でも1000万円のモノがほとんどでした。

ところが、インターネット上の口コミでは、少額のファクタリングの可能性がでてきました。ここ数年の動きですが、中小企業も個人事業主も10万円程度の売掛債権もファクタリングができるとの口コミがたくさんあります。

金額がどう動こうと内容は同じで、回収可能な売掛債権や請求書があると、ファクタリング業者では手数料を徴収して現金化ができると言います。ノンリコース対応等もあり、ファクタリングで資金調達でどの企業でもできるようになっています。

ファクタリング業者の登場

そこで、こうした広範囲のファクタリングが可能になることで、ファクタリング業者が次から次と登場しています。なので、今まで少額の売掛債権しかない方も資金調達ができると言う世の中になりました。

とても便利になっているのですが、同時に不安なのがトラブルです。ファクタリング業者が増加しているとともに、ファクタリングトラブルが発生しています。様々なケースがありますが、ファクタリングのことはきちんと解決しなければならないことです。

法整備も追いついていない

既にファクタリング業者が普通に営業しているのですが、法律は確立されていないようです。

そこで、カチッとしたファクタリングのためにも、ちょっとしたトラブルがあるとしても弁護士に相談をしてください。専門分野として経営上取引等ですが、ファクタリングを得意とする弁護士や司法書士、法律事務所も公式サイト等で警告しています。

↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

ファクタリングは売掛債権担保貸付ではありません

 
ファクタリングのことは、最近になって多くの情報が拡散しています。

ファクタリングって何?

ファクタリングで必要なものは、資金調達をしたい、売掛債権を持っている申込者。その売掛債権を回収日に入金しようとしている取引先。その間に入るのがファクタリング業者です。ファクタリング業者の役割は、申込者が差し出す売掛債権に対して手数料を取り現金化するものです。

現金化という点では、その売掛債権が担保になるのか?というとそうではありません。売掛債権譲渡を行って、申込者にとっては売掛債権は自分のものではありません。既にファクタリング業者のものであり、取引先からの入金100%はファクタリング業者がもらう権利があります。

ですから、ファクタリング申込者は、取引先からの入金があれば速やかにファクタリング業者にお金を渡す。これで完結です。

2社間ファクタリングでは怪しい

2社間ファクタリングでは、取引先に内緒で債権譲渡をしてしまいます。

売掛債権貸付では、売掛債権を担保にして資金調達をして、業者に金利を付けて返済をします。売掛債権譲渡もした上で、100%の額面のお金をもらいながら貸付をすることになります。

これは完全に貸金ですが、普通のファクタリングでは取引先からの入金をすべて渡すことで完結しているはずです。取引先は知らないことであり、ファクタリング業者のうまい口車に乗ってしまうことがあります。

↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

100万円の売掛債権

100万円売掛債権で、ファクタリングで現金80万円で解決しました。ファクタリング業者には売掛債権譲渡したので、取引先からの100万円の入金があり渡しました。それでは一切のトラブルがありません。

ところが、ファクタリング業者の方から、現金化してからしばらく時間も経っていて利息がありますとか、本当は100万円の支払いが大変だから今回は10万円でいいよ。来月から20%の金利で返してくれたら良い。そのようなおかしな話になってしまうことが、ファクタリングのトラブルとして紹介されることがあります。

上記でおかしいのは、100万円をさっと支払いして終わりです。

ファクタリングでは利息はない

100万円の上に利息の請求だったり、20%の金利でその後長期間で返済をしなさいというのは違反です。このようなことを言われたときには、相手は闇金の可能性があります。

ファクタリングの中には契約書もなく、インターネットや電話だけで行うこともあります。その中に、闇金関連のこうした金利や貸金にすり替えるファクタリングも存在しています。

最初から売掛債権担保貸付なら

売掛債権担保貸付では、当然金利での返済が必要です。ただし、ファクタリングでは取引先からの入金額をファクタリング業者に納めることで完結です。

その後、ごちゃごちゃと言って来たとしたら、すぐにファクタリング専門とする弁護士に相談してください。ズルズルと支払いしてしまうようなことはありませんように。

↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

危険、そのファクタリングは契約書がありましたか?

ファクタリングは、持っている売掛債権を現金化をしてくれます。来月に回収予定の売掛債権があるけれど、手数料を支払えば即現金になります。

嬉しい資金調達方法

少額からファクタリング対応しています。

以前は高額の売掛債権しか相手にされなかったファクタリングです。それが、少額でも売掛債権を資金調達の現金としてできます。気になる手数料ですが、今は自由設定です。

そこで、本気でファクタリングを検討しているのなら、数社のファクタリングの査定をして比較することをオススメします。数社のファクタリング業者も最近では、インターネットで簡単に査定している場合が多いです。

売掛債権譲渡契約の現場

ファクタリングの契約では、売掛債権譲渡をすることになります。自社が持つ売掛債権をファクタリング業者に渡します。

それで現金化ができますが、ファクタリング業者によっては、このときに契約書を作らない場合があるといいます。完全な違反行為とされていますが、後にどんなファクタリングなのかの確認ができないことになります。

ファクタリングでは、2社間、3社間ファクタリングがあります。3社間ファクタリングは、取引先が巻き込むことで取引先がファクタリング業者に直接支払いをします。ファクタリングの事実を明かすことになりますが、ファクタリング業者としても直接資金が入ることで手数料も低くなります。

このときには、契約書が存在していることは多いです。第三者的な取引先の存在によって、この形がファクタリングとしては理想です。手数料も少なく契約書もあるのなら、トラブルが起こることが少ないと言います。

↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

2社間ファクタリングの危険性

取引先には何も言わずに2社間ファクタリングでは、ファクタリング業者との契約です。このときに、売掛債権譲渡でファクタリング業者のものになります。

その時、取引先からの入金が申込者に来ます。現金化されているときに手数料が取られているのにも関わらず、改めて手数料要求をしたり、もっと多くの支払いを迫ることがあります。

契約書があれば、きちんとした支払いになります。あえて契約書を作成しないで、後でいちゃもんをつけるファクタリングも急増しています。最悪、取引先にファクタリングした事実をバラすという脅しがあったりという報告も。

とにかくおかしいことは弁護士に相談を

契約書がないファクタリングはNGです。ですから、不当な請求にある時には、あの時に言っただろうとうことは話にならないことです。

しかし、このままファクタリング業者の言いなりになってしまうことは、闇金地獄にはまります。売掛債権譲渡で、高い手数料を取られての現金化です。回収した金額に対してまだ請求するようであれば、契約書がないとしても弁護士等にきちんと相談してください。

↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

ファクタリングの手数料は高いはず?

ファクタリングとは、持っている売掛債権があることで実行ができます。

○月○日に回収予定の売掛債権がある。ファクタリング業者では、その回収率を審査しつつ現金化をしてくれる。それが、ファクタリングであり、審査は基本的に取引先の業況等です。申込者の業況が悪化していたとしても、売掛債権の存在が確かであればOKです。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリング

ファクタリングには2つの種類がありますが、2社間ファクタリングは取引先に内緒で行うことになります。そのときの条件は、返済リスクが高くなります。

取引先から申込者が入金。それから、ファクタリング業者に支払う。その時間的なリスクと申込者の信用情報等も関係して、果たして支払いができるか?等で、手数料が高くなります。

手数料でいうと、3社間ファクタリングは低い手数料になります。ただし、この手数料の上限の規定がありません。上限の規定がない点では、悪徳業者によっては売掛債権50%の手数料がある場合があります。本当にこうしたファクタリングが存在しているため、債権譲渡契約までには慎重に行うことです。

3社間ファクタリングでは、取引先も承知で直接ファクタリング業者に支払うことになります。そのときに、第三者的な存在ではそんなに高い手数料はおかしい?と指摘もあります。

ですから、2社間ファクタリングほど法外手数料になってしまうことが多いです。特に、申込者がどこも融資ができない、審査に通らない時、焦って資金調達目的で契約してしまうことがあります。

↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

ホームページだけではわからない

ファクタリング業者は、その多くがインターネットのホームページで確認ができます。

しかしながら、手数料の明記はとても不明瞭であり、たいてい最低手数料しか明記がありません。しかも、3社間ファクタリングの場合であり、5%~となっている場合があります。この数字は当てにならないので注意してください。口コミによる高い手数料では、30%の場合もあります。

間違ってはならないのが、これは融資の金利とは違います。100万円の売掛債権のファクタリングで70万円の現金が手に入る形です。それが高いかどうかですが、口コミでは多い手数料になります。

極端な話

30%で終わればまだ良いという内容もあります。

この手数料に関しては審査次第という点が多いのですが、あまり公開されることはありません。その理由では、利息制限法という融資のような決まりがないので、それぞれファクタリング業者が自由に設定している状態です。それが30%である時には、場合によっては違反とされる法外手数料と判断される内容もあります。

トラブルではありませんが、ホームページでは低い手数料としてうたっている。実はとんでもない数字の手数料の請求を受ける。それが、あとで追加等の場合で揉めることがあれば弁護士等に相談をしてください。

この追加手数料は、いつのまにか融資のように返済請求される場合もあります。それは違反であり、自分だけでは解決ではない時には弁護士や法律事務所等に相談してください。

↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

ファクタリング業者では闇金もいる?

はっきり言いましょう。ファクタリング業者の中には、最初から普通ファクタリングではなく悪徳業者が存在しています。中には反社会的勢力の方たちも含まれていますが、いわゆる闇金の輩です。魅力的なホームページや口コミがあります。

債権譲渡してしまうと大変

ファクタリングの仕組みでは、売掛債権を回収します。入金される中から、手数料を差し引いて現金にします。この時に、必ず債権譲渡契約をすることになります。

最初に現金を渡すのですが、当然です。請求書等でも対応していますが、その債権が正常なものであれば現金に換えることができます。取引先の信用が肝心ですが、官公庁、大企業、法人として業況が良ければ、すぐに現金化ができます。

そのときには、売掛債権が譲渡されてからの対応です。債権譲渡後の現金で約束と違う場合もあります。ですから、必ず契約書を確認していくことが必要ですが、実はこの契約書がないファクタリングも存在しています。

↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

契約書がない?

即日現金化を対応していて、手数料も少ない。とりあえず、債権譲渡だけをしましょう。

そして、現金振込ですが、明らかに低いことがあります。そのときに、申込者の信用情報が悪いとか、最初からそんなことは言っていないという内容になります。明らかに最初から騙しの方法ですが、契約書がなければ弁護士に相談しても難しいことになります。

取引先に知られていない2社間ファクタリングの場合では、譲渡されてしまったら最悪です。取引先は100%の支払いをするでしょう。しかし、そのときには、既に売掛債権は自分のものではないと言う事態です。

契約書がない場合は従わない

急いで現金がほしい時には、慌てて契約してしまうことになります。そして、契約書があるとしても、内容で貸金になっている場合があります。

ファクタリングでは、具体的な法律がなく貸金業法で貸そうとする場合も少なくないです。契約書も巧妙な内容でからくりがある等の問題もあります。ファクタリングに関しては、こうした難しい闇金の操作もありますので、要注意です。ファクタリングのトラブルに関しては、ファクタリング問題に強い弁護士等にきちんと話をしましょう。

どうしても資金調達が必要な時には、急いでファクタリングしてしまう場合もあります。契約書がないことは大きな問題ですが、契約書があるとしてもうまく操作されてしまう場合もあります。

困ったことがあれば、すぐに弁護士等に相談ができます。そのときには、ファクタリング対応の弁護士に行くことが肝心です。

↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談