↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

ファクタリングの売掛債権の回収が遅れたら

ファクタリングとは、売掛債権の早期現金化のことを言います。

事業資金調達の1つとして融資ではなく、ファクタリング会社では持っている売掛債権を一定の手数料を差し引き現金化をしてくれます。その後、売掛債権の回収ができ次第、ファクタリング会社の支払いをします。

ファクタリングの流れ

持っている売掛債権の譲渡を行います。要するに、ファクタリングではファクタリング会社で売掛債権を買取をしてくれる形です。そのときの代金を手数料を引いて現金として渡されます。

譲渡されたのですから、売掛債権の回収が取引先から受け取ると、ファクタリング会社の支払いをします。これが、取引先も交えてのファクタリング、3社間ファクタリングであれば、自分がファクタリング会社に支払うことなく、取引先がファクタリング会社に直接支払うことになります。

この場合、手数料が安くなりますが、ファクタリング会社としたら、直接売掛先企業からの回収になります。介護報酬ファクタリングなどでは、この方法でファクタリング会社国保連からの回収を受けることになります。

問題なのが2社間ファクタリング

取引先に内緒で行う2社間ファクタリングでは、ファクタリング会社には回収できてからの支払うことになります。

ところが、取引先の回収ができないとなると、売掛債権の代金の支払いができないことがあります。この場合、ファクタリング会社に対しては正直に事情を話すことになります。

取引先が倒産してしまったリ、破産したときには、支払い義務がないファクタリングもあります。もし、その理由であれば、支払いはしなくても良いでしょう。

そうではなく、取引先が事情があり支払いができいというときには、ファクタリング会社に相談してください。それが本当に、回収ができないことだけが原因であり、取引先の支払い力があるのなら、待ってもらえるでしょう。

2社間ファクタリングの場合は、取引先にもファクタリングしていることをバレたくない。ですが、取引先の事情の支払いの遅れは、ファクタリングしている身としてはいてもたってもいられないことです。

まずは事情を話すことですが、この事態はあまり良いことではありません。取引先を信じてのことですが、2社間ファクタリングでは、売掛債権の回収が100%できる場合のみの利用が妥当です。せっかく高い手数料を支払っての2社間ファクタリングです。

支払いに関しては、様々な問題があります。この取引先が大企業、自治体などでは間違いないので、安心です。また、過去に一度も遅れていないなどの事実も大切なことです。

↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

ファクタリング回収日に入金なし、信用問題に関わる大問題

2社間ファクタリングのデメリットとして、回収できないことで起こる様々な事案があります。

2社間ファクタリングでは、売掛先企業に知られないように、先に売掛債権の現金化をすることです。回収日にファクタリング会社の支払う契約です。内緒で行うことで、それなりの高い手数料の支払いをしています。

ファクタリング会社は何をする?

例えば、ファクタリングで回収日に支払いがないと、2社間ファクタリングだと言うのに取引先に連絡が行きます。

ファクタリングの売掛債権の支払いは原則的に分割は不可です。それは当たり前のことであり、売掛債権は100%の支払いを受けるものです。そして、ファクタリング契約にときに売掛債権の譲渡をしています。

ということで、この売掛債権の請求権がファクタリング会社にあります。そこで、ファクタリング会社で回収されないとわかると、取引先に直接請求をします。債権譲渡通知書を送付してしまいます。

取引先にファクタリングがバレる

そのことは、自分が売掛債権のファクタリングをしてしまったことがバレます。

この行為は、会社経営が危ないとか、融資を受けられないなどの事情が取引先にバレることになります。それまで順調に取引していた場合は、この一件で取引ができない場合があります。

売掛債権の回収日に入金ができないのがたいした理由でもない。それよりも、ファクタリングしなければ事業回転していないことがバレることは回避したいことです。それなら、最初から2社間ファクタリングの意味がないということです。

↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

取引先としても面白くない

取引先にしてみれば、債権譲渡通知書をみて請求を受けることになります。取引したのは、今までの会社ではないことでは、この請求もできれば嬉しくないことでしょう。

例えば懇意にしている関係なら、数日の猶予も対応できますが、見ず知らずのファクタリング会社からの請求。取引先の信用も丸つぶれになってしまうことになります。

一応ファクタリング会社に打診を

実は取引先の回収が遅れているということを正直に話して、債権譲渡通知書だけは待ってもらう。これはファクタリング会社の裁量によるものですが、少しは猶予があることも考えられます。

ただし、この申し出に対して、この契約の信憑性が薄れることは確かです。というのも、本当は回収されたのに、使い込んだのではないか?という疑いです。

取引先が、回収日に入金したら問題ないことですが、回収できないことによるデメリットというのは多大な影響があります。自社だけではなく、取引先、ファクタリング会社にとっても不穏な雰囲気になります。

多くのファクタリング会社では数日の猶予があるらしいのですが、優良とされるファクタリング会社選択が必要です。

↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

取引先が倒産してしまった

ファクタリングとは、売掛債権の債権譲渡してしまうことです。

ファクタリング会社では、それを現金にすることができますが、手数料がかかります。その際に、売掛債権の回収日に返済、支払いをすることが契約です。

契約に際しては、ファクタリング会社では取引先の信用情報などを審査します。そこで、取引先が倒産した場合の支払いの無効になる契約もあります。

取引先が倒産した

ファクタリングの契約上では、償還請求権ありの場合となしの場合があります。

償還請求権とは、取引先が倒産したときには、売掛債権の支払いが無効になります。無効も何も倒産してしまって、売掛債権が不良債権になってしまったのですから、支払いができないということです。

償還請求権ありの契約では、取引先が倒産したときに、こちらでそのお金を支払うことになります。ですが、最近では償還請求権なしの契約がほとんどです。取引先が倒産したときには、ファクタリングの代金の支払いがなくなるということです。

↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

契約時に確認を

この償還請求権ありのファクタリングでは、手数料が若干安くなることがあります。というのも、売掛債権の支払いが取引先ができないとしても保証されるからです。ただ、こうなると売掛債権は金融商品と同じ扱いで、ファクタリング会社が貸金業としての資格が必要です。

現在は、ファクタリング会社ではその資格がなく、償還請求権なしの契約をすることが多いです。資格なしで償還請求権あり契約は違法です。

そこで、現在はファクタリング会社で、取引先倒産のときにはリスクをかぶるという内容です。そのためにファクタリングの際には、取引先事業者の審査をくまなく行うはずです。

ですから、ときには、取引先の経営が危ないと断られることもあります。そのリスクを背負っての手数料が高くなると言えます。

償還請求権なしの契約なのに

取引先が完全に倒産したときには、ファクタリングは不成立ですが、現金化されたものの返済もしなくて良い。売掛債権の譲渡が行われているので、ファクタリング会社が損をするだけで、申込者がトクをするという内容です。

それでも、償還請求権なしの契約で、請求を受けた場合は、全て無視でokです。また、うるさく請求してくる場合などは、弁護士などに相談して、窓口になってもらってください。

多分、この方法では、償還請求権なしの場合はそれ以上の請求ができないでしょう。償還請求権なしの契約かどうかは、必ず確認をすることです。

取引先に関しては、2社間ファクタリングの場合はバレていないことであり、何も言うことはありません。

↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

ファクタリングのお金の使い込みをしてしまった

ファクタリングでは、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがあります。

3社間ファクタリングの場合は、取引先も混じっての売掛債権の現金化です。回収日は後日ですが、先に現金化してしまったことを告げます。そして、売掛債権の支払いはファクタリング会社に直接行ってもらうことになります。

自分としては、ファクタリング会社との関係は現金をもらった時点で終わりです。

2社間ファクタリング

取引先に現金化したことは絶対に内緒にしたい。2社間ファクタリングでは、それが可能です。ただし、現金化のあとに、回収した現金をファクタリング会社に支払う義務が当然あります。

2社間ファクタリングでは、売掛債権譲渡が行われます。つまり、取引先からの回収金は全てファクタリング会社のものです。ファクタリングでは、たいてい手数料がとられます。

ですから、現金化は100%ではありません。間違ってはならないのは、ファクタリング会社からもらえるお金は売掛債権よりも少ないことが事実です。

しかし、ファクタリング会社には売掛債権の額面上のお金100%の支払いが必要です。利用者ではすでにファクタリング会社からの現金をもらっているのですから、当然の行為です。

ファクタリングの背景

ファクタリングでは、融資ができないようなブラックリスト経営者が資金調達のために利用することが多いです。そして、最悪取引先から回収のお金に手を出すという事態もあります。

これは、犯罪として訴えられても仕方のないことです。使い込みであり、横領、詐欺などの罪に問われることがあります。

↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

ファクタリング会社の対応

ファクタリング会社では、支払日の入金がないことで不審に思うことでしょう。そこで、取引先に債権譲渡通知書を送ってしまうことがあります。

本当は取引先に知られていない2社間ファクタリングです。しかし、債権譲渡後ではこの売掛債権はファクタリング会社のものです。

その義務は違反ではありませんが、取引先はきちんと回収日に入金しています。それを使い込んだのですから、私達はきちんと支払いをしていますということで言えば、ファクタリング会社としては、困ってしまうことです。

ほんとはやってはならないこと

回収したお金の使い込みは、ファクタリング会社の売掛債権のお金を使ったことです。消費者金融でも借りて、全額保証が当然です。

しかし、ファクタリングではこうした融資が受けられない方ばかりですから、回収日前にこうした不安がある方は、ファクタリング問題に詳しい弁護士に直接相談をしてください。ファクタリング会社との窓口になってもらう内容で、とにかく問題を大きくしないことで、交渉を依頼することです。

このとき、ファクタリング会社の対応は様々ですが、犯罪者呼ばわりされたとしても仕方のないことです。金策に走るなどの方法もありますが、まずは弁護士などのアドバイスを受けることです。

↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

ファクタリング支払いができないから分割でいいって?

ファクタリング会社では、最近悪徳業者が横行しています。

もともと、銀行融資、ビジネスローンで借り入れができないブラックリスト経営者の利用者が多いファクタリング。そこで美味しい話しを持って勧誘する闇金たちが存在しているということです。

やっと契約ができた

ファクタリング会社では審査がないとは言いますが、どうしても信用情報で難しい場合、審査落ちもあります。取引先の信用情報だけではなく、申込者の信用情報も当然ある程度は考慮します。

また決算書提出書類もあり、どうも怪しいと見抜かれたときには審査落ちです。そして、お金ま困窮している場合は、ファクタリングの支払いができない。売掛債権の回収したお金を使ってしまうようなケースもあります。

ひどいファクタリング

悪徳業者のファクタリングでは、なんと売掛債権の50%も手数料を取る場合があります。しかも、それでも現金がほしい時には契約してしまうことが多いと言います。

そうしてでもお金が欲しかったということですが、取引先からの回収のお金がでたとしても、すぐに100%返したくないということ。これはNGであり、ファクタリングが悪徳だとしてもやってはならないこと。100%返すことが不可欠です。

しかし、返したくないというとき、こんな相談をしてみました。

↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談

実は、経営が苦しくて支払いができない

悪徳業者の回答は思いもしないことであり、来月からの返済で良いです。金利がありますが、それでもいいですか?というもの。無茶な話しであり、完全にファクタリング違反です。

しかし、回収したお金に手を出してしまい、来月からの支払いというのは、非常にありがたいことです。

これは完全なローンですが、ファクタリングは一括返済が義務です。分割は違反行為であり、金利というのは持っての他です。しかし、ファクタリング悪徳業者、闇金ファクタリングでは最初から、このような話しを持ってきます。

やっとファクタリングで資金調達ができたのに、50%の手数料。そこから高い金利の返済という内容ですが、完全な闇金のカモそのものです。

最初からおかしいと言うのは、50%の手数料です。しかし、案外この手の話しは多いです。そして、使い込んでしまった売掛債権の代金も返済で金利をつけて行ってしまう。闇金の場合は、金利も高い場合があります。

50%の手数料は高すぎ

せいぜい20%台と言われていますが、50%程度の手数料の場合はファクタリングはしないほうが良いでしょう。

そして、売掛債権の代金は何が何でも100%ファクタリング会社に一括して支払いをするものです。使い込むというのは犯罪であり、闇金相手では大変な事態になります。

ファクタリングで困ったことは、ファクタリングを専門としている弁護士などにすぐに相談してください。最近はとても苦情が多いと言います。

↓↓↓偽装ファクタリング相談無料↓↓↓
 イストワール法律事務所 偽装ファクタリング相談