家は残らないけれど、住宅ローンが完済できる任意売却

住宅ローンが払えない状態になった時には、どのようなことが起こるのかはだいたい想像がつくと思います。銀行などからの請求、保証会社からの請求を経て競売物件になってしまいます。

この時に注意しなければならないのが、連帯保証人がいる場合です。住宅ローン契約者本人は支払いができない、家を売れば良いと考えますが、その前に連帯保証人のところへ請求が行きます。それも保証会社からの一括返済です。分割ではなく、払えていない住宅ローンがすべてです。そうならないためにも、もし住宅ローンが払えなくなった場合には、いくつか行動を起こすことが必要です。

連帯保証人にも迷惑をかけない、保証会社~の請求を受けない方法があります。それが任意売却です。任意売却とは、現在住宅ローンで支払っている家を売りに出すことです。結局手放すことになるのですが、任意売却と競売は売却価格が雲泥の差があります。任意売却の方が遥かに高いのです。

まずは、住宅ローンそのものの見直しです。この時にポイントになるのは、延滞の有無です。既に、延滞をしているか、していないかでも銀行の対応は変わりますが、できれば銀行などの金融機関へ行くのは、延滞前に払えないかもしれないので相談にきましたというのが理想です。

今後の支払いの見通しも立たないため、任意売却の上、住宅ローンの完済を目指しますということを告げましょう。その時に、銀行が合意しなければ(現在抵当権は銀行のもの)ならないので、合意されたら、任意売却に入ります。そこからは不動産会社にお世話になりますが、中古物件の扱いと同様に、査定や閲覧などに対応することになります。

そして、買い手が見つかれば、できれば住宅ローン残額相当分の売却価格になるよう設定、売却後は銀行での住宅ローン完済ということになります。この方法ですと、債権回収会社等からの請求も待ってくれます。売却を意味する競売とは全く違う方法で、形はいびつですが住宅ローンも完済することができます。