住宅ローンを払えない 任意売却をしたいがデメリットはないの?

住宅ローンを払えない場合の任意売却ですが、うまく行けば借金の住宅ローン完済もでき家は残らないのですが、穏便にことが済むと思っている方も多いです。ただ、競売物件を任意売却物件に変える手間はとても大変です。任意売却専門業者に依頼をすることですが、業者選びは慎重に行ってください。債権者の同意から始まる交渉は、時間がかかることも多いです。

住宅ローンを払えない物件は、そのままにしておいたとしても利益を生みません。任意売却として市場価格で売りに出しますが、なかなか買い手がつかないとき、損が大きくなって早く競売物件にして、お金の回収をすることも多いです。要するに時間との戦いになります。任意売却はうまく行けばメリットが多いのですが、一応デメリットもあるのです。

ところで、任意売却は債務整理ですか?という質問もあります。債務整理と言うのは、最初に行った金銭貸借の契約を変更をすることを言います。任意売却はその趣旨から行くと、債務整理の一つと言えるでしょう。そして、債務整理というとブラックリストの存在が気になりますが、ブラックリストとは個人信用情報機関が持つ個人の貸借の記録だと思ってください。要するに、滞納をした時点でその方は滞納をしていますと記録が残るようなものです。

各金融機関では、この個人信用情報機関をもとにローン契約を結びます。ですから、債務整理をしたからブラックリストではなく、滞納をした時点で個人信用情報機関に報告が行くということになります。したがって任意売却の場合、滞納前であればセーフか?というと、一応契約を遂行できなかったという記録により、いわゆるブラックリストに載ることになるでしょう。