住宅ローン滞納なら任意売却で住み続ける

住宅ローン滞納は2ヶ月までは一応の憂慮がありますが、その後保証会社が代位弁済をすると、一括返済の通知がきます。それに対応ができないと、不動産は競売に掛けられることになります。丸裸にして追い出される事になりますが、それをなんとか阻止するのは個人再生があります。個人再生は住宅ローンそのものを守ることですが、もう1つ任意売却があります。

任意売却は、住宅ローンの返済がもうできない方にオススメの方法です。売却とありますから、競売前に売却をしてしまって住宅ローンの物件でなくしてしまうことを言います。どういうことかというと、競売は落札で価格が決まります。これは希望者が安く叩くことで、市場価格とかけ離れているのが一般的です。しかし、任意売却では、市場価格での売却を根本にしていますから、競売よりも高く売却ができます。競売の売却益は債権者に入りますから、少しでも高い任意売却が成功することで、債権者としても不良債権にならない可能性もあるのです。

そこで、任意売却の場合、債権者との交渉になるのですが、住宅ローンは返済できないけれど売却をして、それを住宅ローンに充当するということです。そして、この時に自分の親族に売却をすること、不動産屋が仲介し、購入者が債務者に賃貸の形を取ることで、そのまま住み続けることができます。これはリースバックの形になりますが、賃貸の形ですがマイホームを手放すことがないのです。

任意売却の最大のメリットがこの部分です。どれだけの家賃の支払いができるか、その住宅ローンの残額にもよりますが、任意売却で住宅ローンがなくなる上にマイホームに住める。仕組みとしてはよくできた内容ですが、交渉、不動産屋などの仲介などで時間がかかってしまうと言われています。住み続けたいマイホームを願う方には夢のような話しです。