住宅ローン滞納した時の相談は、任意売却専門業者へ

住宅ローンの滞納ばかりではなく、消費者金融やカードローンなどの借金も抱えている方、住宅ローンの返済もこれらの借金で賄ってるケースも見受けられます。この一見うまくいってるような返済も、自転車操業では借金を増やす原因です。そして、最終的にすべて借金を滞納することになります。

こうなると、解決の手段としては債務整理です。住宅ローン滞納をし続けると、やがて不動産は競売物件になってしまいます。市場の半分以下の価格での売却です。債務整理にしても、借金がゼロになる自己破産でも同じです。しかし、債務整理には、住宅を守る個人再生と住宅ローン返済の可能性がある任意売却があります。いずれも交渉が必要な債務整理ですが、個人再生は調停員が行い、任意売却には任意売却専門業者がいます。借金と収入にもよりますが、住宅ローン滞納で競売を待つのではなく、自分ができる債務整理を考えてみましょう。

相談先としては、任意売却専門業者がおすすめです。任意売却ができるかどうか、他の借金の関係からもアドバイスを受けることができます。そして、任意売却で市場価格での売却が可能な場合は、とりあえず住宅ローン完済と新しい住まいまで入手することができます。また、リースバックといって、任意売却先からの賃貸の形で、その家に住み続ることができるケースもあります。すべて、任意売却専門業者への相談から始めることができます。