競売ではなく任意売却の選択

住宅ローンは多額です。毎月の返済が大変になってきたとしてもね、滞納をしてしまうと競売で、家を失うリスクがあります。債務者が団体信用生命保険の対象になる以外の返済不能では、容赦なく家は失ってしまいます。

金融機関にとっては、競売になることは不本意なのです。順調な住宅ローン返済と比較をしても、競売になってしまうことは回収率が大幅に減少してしまうからです。そのための保険にも入っていますが、本来は最初の住宅ローンで長期間の利息そのものも銀行などにとっては収入源なのです。ですから、その不動産の価値がそれなりにあるときには、住宅ローンが払えない場合の任意売却についての相談を受けることはよくあるようです。

任意売却とは、競売物件になる前に不動産会社が市場に出すことを言います。要するに、中古物件として売却することが目的です。そのお金で、住宅ローン完済の形を取ることで、金融機関としては競売以上の利益をもたらすことになります(正確には債権回収会社になりますが)。

書類上では、住宅ローン完済ができることで、債務者としても納得できる形になります。住宅ローン貼らない事態になると、全てが終わったと思う方も多いですが、任意売却の形を取ることで、一応住宅ローン完済ができる可能性があります。

不動産会社での売却活動がうまくいけばの話ですが、ある程度住宅ローンが払えていて、残額が市場価格を極端に上回っていなければ、可能な話です。大した期間が経っていなければ、新しい中古物件としての売却もできますから、住宅ローンが払えないときには、任意売却をすることをオススメします。