任意売却のメリットとデメリット

住宅ローンが払えない時の任意売却ですが、メリットはとても大きいです。中でも、買い手の承諾があればその家に住み続けることできるかもしれません。実際に不動産会社では、リースバックの形で競売前の任意売却の物件で手広く賃貸をしているところもあります。

このリースバックですと、損をする方が少ないのが特徴です。住宅ローンを払えない本人が、他人の家だけどもともとは自分の家に住み続けることができる上、住宅ローンは完済した形です。賃貸料はかかりますが、普通ではありえない環境です。さらに、住宅ローンを提供した金融機関では、とりあえず不良債権にならずに済み残額の回収もできる。不動産会社としては、賃貸物件としてこの先も利用価値があるということです。

これが競売になってしまうと、市場の半値価格の落札です。回収率が低く、完済ではなく不良債権になってしまうことで金融機関は大損です。当然債務者は新しい住まいになってしまい、マイホームとは無縁になってしまうのです。そして、住宅ローンが払えないときには、連帯保証人にも迷惑がかかります。この任意売却で納得していただくことで、余計な心配もかけずに済みます。

メリットがたくさんの任意売却ですが、デメリットとしては売却の可能性が100%ではないことです。市場に出すと言っても、永遠に待っていることはできません。地域的なこともありますが、任意売却専門業者としてもどうしようもないことがあります。しかし、売却ができるかどうかはやってみないとわからないことですので、競売を待つのではなくとりあえず任意売却をやってみるのが良いのではないでしょうか?