住宅ローンが滞納したら

銀行から住宅ローンを組んで、病気や失業、突然の不幸など様々な事情でその住宅ローンを滞納してしまった!どうしよう!と困っている方は少なくないと思います。

もし銀行からお金を借りて返せなくなったら、銀行は担保に入っている不動産、すなわち貴方の家や不動産を処分して貸したお金を回収しようとします。この担保に入っている不動産を処分するには2つの方法があります。それは「競売」と「任意売却」です。

競売とは

「競売」は銀行が保証会社を通じて、不動産の処分を裁判所に申し立てるやり方です。

裁判所は貴方の家に執行官と不動産鑑定士を派遣し、家の写真を撮ったり担保に入っている不動産を徹底的に調査します。その後、裁判所で最低価格(時価の55%程度)と基準価格(時価の70%)が決められ、貴方の家は「原状調査報告書」「物件明細書」「評価書」の3セットでインターネットや官報で公開されます。

そして、入札が始まり落札された際には貴方は家出て行かなければなりません。しかも、競売の手続きの際に相当の時間と費用、手間を必要とし、返済しきれなかった借入金も返済義務を負うことになってしまいます。

任意売却とは

一方「任意売却」は、担保に入っている不動産の所有者である貴方の了解を得て、その不動産を任意で売却する方法です。

多くは家を売却することになるのですが、任意売却に関する専門家が間に入って、債権者や買い手などと交渉し、時価に近い金額で担保に入っている不動産を売却させ、その上で売却後の返済計画をつくって借金を無担保のモノに切り替えたり、引っ越し費用など新生活に関する費用を工面したりすることができます。

この任意売却の手続きは競売期間中でも表に公開することもないので、近所の人々に借金の存在や自宅競売を知られることがありません。そのため貴方の金銭的ストレスや精神的なストレスを感じることなく借金返済に専念することができます。

また相談の結果、任意売却が必要ないと判断した場合は、生活の見直して資金を捻出する方法や時には銀行に返済計画の変更が出来ないかとアドバイスすることもあります。また、自己破産や個人民事再生などの法的整理が必要な場合は弁護士に助けを求め、総合的に借金の返済計画を提案することも出来ます。

もし、住宅ローンの返済ができなくなって滞納の可能性がある場合は、なるべく早めに専門の任意売却のコンサルタントに相談をしましょう。もし、任意売却の必要がなくても住宅ローンのよりよい返済のやり方を一緒に考えてくれますので、クヨクヨと悩まずに気軽に相談をすれば、将来もっとお金に困る事態を招かずに済むのです。