住宅ローンを払えない場合に行うこと

住宅ローン返済が払えないときではなく、経済状態が悪化していき住宅ローンの返済ができなくなりそうという時点で、必ず金融機関に相談してください。この滞納前の相談後の相談では、金融機関の対応が大きく変わります。

詳しい理由などは言わなくても良く、給与が下がった、生活環境が変わったなどでもいいのです。カードローンなどの他の借金の返済をしている場合もあるでしょう。しかし、それを言わずに住宅ローン返済の相談だけをしても良いのです。他の借金返済をしていることは隠し通せるものではなく、金融機関もわかっていることですから、とにかく今は住宅ローンが払えないとはっきり言いましょう。

以前は、ここで門前払いだったようです。返済額を小さくしたり、返済期間の延長という対応は全くなしで、では保証人に建て替えてもらうか、競売ですねということだったようです。しかし、昨今の経済事情では、住宅ローンの返済が困難な方が多くなっていて、金融機関としても不良債権にはしたくない事情があります。連帯保証人がいるのであれば、その方にも一言断りを入れることになります。そして、当然自分が返済ができないのであれば、保証人が全てかぶることになります。

それは絶対に回避したいけれど、このまま行くと絶対にダメ、というときの解決法として、任意売却があります。これは競売と違い、住宅ローンを破棄して、その物件を市場に出してしまうのです。競売と同じく家は手放すことになりますが、市場価格は競売よりも高く売却されることがありますから、うまく行けば住宅ローンの返済分以上の売却も可能です。ただし、債権者の同意が必要になります。債権者の同意があれば、この方法が一番の得をする解決になります。