住宅ローン中の離婚 銀行への対応

住宅ローンの最中に離婚をした場合は、必ず銀行などの金融機関に報告に行かなくてはなりません。経済状態も関係しますが。銀行などでは滞納の危惧をすることになります。

夫婦が揃っているからこそ貸した住宅ローンと言うのは大きなことです。それぞれの名義や保証人の関係もありますが、そうではなく安定した家庭でなければ、いつ住宅ローン滞納や遅滞があるかがわからないということです。それを少し興奮状態だったり、うろたえた感じでの伝え方はマイナスです。離婚を原因に、住宅ローンの一括返済を請求することもあります。

銀行などに伝えることは、家と住宅ローンをどうするかをきちんと決めた上で、

  • 今後の返済を続ける
  • もう返済はしないで、解約する
  • どうしても名義変更をしたい

旨を伝えます。

銀行としては、離婚しようがでていこうが、とにかく返済をしてくれれば良いことです。それが家庭の事情から、危うくなってしまうことが心配なのです。

原則的に完済までは、連帯保証人はそのまま。たいてい夫名義、妻が連帯保証人になっていますから、その関係は変えることができず、その上で、住宅ローンの返済を続けるときには、伝えてください。いずれにしても、銀行としていろいろな面で起こってほしくないというのが、住宅ローン最中の離婚のようです。