住宅ローン滞納で、競売物件になってしまう回数は決まっている?

住宅ローン滞納がどのくらい続けば、競売物件になってしまうのか?回数の問題ですが、住宅支援機構などの場合は6ヶ月と言われていますから、回数で言うと6回、6ヶ月の返済不能期間と言えるでしょう。しかし、早いところでは、3回、3ヶ月の返済不能期間で、競売物件の話がくることもあるようです。

債権者は、滞納が続くと何かしらの連絡をしてきます。いきなりの競売宣告はありません。金融機関などでも連絡をしてきて、それに対応しないと裁判所や差し押さえ、そして競売物件にという段階を踏んでいます。一度でも返済をしないと必ず連絡が来ますから、その時には払えないことであっても、きちんと対応をしてください。滞納をしていると、一括返済の通知がくるといいますが、これは債権者が保証会社に支払いをしてもらって、その保証会社からの請求になります。

そんな住宅ローン滞納者は、競売物件にしたくないというときには、任意売却を考えてみましょう。これは、何回滞納したらという回数の問題ではなく、住宅ローン返済ができないとわかった時点で動き出すのがベストです。任意売却は競売物件になる前に、市場での売却を進めることですから、残債関係なく行うことができます。住宅ローン滞納の予感がしたらと言うより、この先の返済がムリと思ったら、任意売却専門業者に相談をしてみてください。