住宅ローンは払えないときに考える個人再生とは?

住宅ローンを持ちながら借金を作ってしまった場合、日常生活は大変です。それでも生活をギリギリとしていますが、もうダメだ借金返済をすると住宅ローンに回らないというとき、弁護士にご相談ください。それも大至急です。弁護士にと言うのは、債務整理のためです。住宅ローンの払えないとき、そのままにしておくと家は確実に失います。

借金は?というと、債務整理をすることで、返済額を小さくすることができます、そして、この債務整理の中には、住宅ローンだけは払い続けて、そのまま住み続けることができる画期的な個人再生があります。債務整理というと、返済を楽にする任意売却を始め自己破産までいろいろとあります。個人再生は、住宅ローンを持つ方を守る目的で作られたもので、住宅ローン以外の5000万円以下の借金なら、うまく行けば10分の一程度に圧縮することができます。しかし、住宅ローンはそのままきちんと返済をしていくことで、家は大丈夫なのです。

これで、返済は住宅ローン優先にすることができる上、競売物件になることもなくその他の借金返済が楽になります。金融機関に対しても債務整理をしたことは何も影響もありませんが、現在行っている住宅ローン以外のローンなどはしばらく組む事はできません。この個人再生ですが、自分でもできますが、とても煩雑な手続きですから弁護士などに相談することをオススメします。そして、個人再生には一つだけ大きな条件があります。それは、一定の収入が確約できることです。つまり、収入の確保がきっちりできる方の借金の解決法です。