住宅ローン滞納なら個人再生のススメ

思い出のあるマイホームを競売の形で放す事は絶対にしたくないことです。誰もがそう思いますが、経済状態が悪化した時にはそうも言っていられないことになります。住宅ローンの滞納、実はこれだけではなく様々な借金もあり、それらの滞納も続いている。そんな根本的な経済状態が破綻している、そんなときでもマイホームだけは守りたい方、一応方法はあります。それは債務整理の個人再生です。

多額の借金を作ってしまい、借金の返済もできず、その中に住宅ローンも入っている。住宅ローンがなくなれば他の借金も返済できるので、競売にかけるのも一つの手ですし、住宅ローン以外の借金がなくなればという選択もできます。それが、債務整理の個人再生で、住宅ローンの返済はそのままで後の借金を大きく圧縮することができます。

この個人再生の約束は、債務整理後の支払いは必ず行うことです。それがではないのであれば、競売も仕方のないことになります。借金の中にも順位を付けるのは困難かもしれませんが、家だけは守りたいというときには、この個人再生を考慮してみてください。住宅ローンには一切の手を加えないことから、純然たる自分の資産として残る画期的な債務整理です。