住宅ローン払えない、債務整理をしなきゃダメ?

住宅ローンを払えないときには、すぐに金融機関に相談をしてください。

  • 返済期間の延長
  • 一定期間の返済額の減少
  • ボーナス返済月の変更

の対応はしっかりと行ってくれます。

これは必ず滞納前に行うことですから、払えないときではなく、払えなくなりそうというときの対処法です。どうして金融機関ではこのような対応ができるか?というと、実はローン総額が増えるからです。金融機関は損をしないのです。

しかし、滞納をしてしまった場合は、その対応が急変します。3~6ヶ月程度の滞納で、保証会社が返済をしてしまうと、延滞利息付きで一括返済の請求がきます。これを払えなかったら、競売物件となってしまうのです。これは、最初の契約のときに取り交わしたもの(多分契約者をくまなく見る方は少ないでしょう)ですので、当然の対処となります。

住宅ローンだけではなく、他の借金返済もあり日常生活が苦しい場合もあります。そのときには、毎月の返済額を確認した上で、債務整理なども考慮して、住宅ローンをどうするかを真剣に考えてください。もし、住宅ローン以外の借金の債務整理をした時、住宅ローンの返済ができるのであれば、民事再生(個人再生)の形で、住宅ローンの支払いだけをして、後の借金を大幅カットすることができます。

反対に住宅ローンがなければ、他の借金返済ができる、住宅ローンの負担が大きい場合は、任意売却の解決法を探ってみてください。競売に至る前の時点で、自宅を売却することができれば、うまく行けば住宅ローンの返済ができる可能性があります。残念ながら、家は失いますが、後は普通の日常生活に戻ることができます。その上で、まだ借金返済ができないのであれば、そちらを別で債務整理をすると負担は大幅軽減することができます。

この住宅ローンにしても借金にしても、滞納前の対処が大切です。素人ではわからない、どうしたら良いか不安な方は、法律事務所や弁護士にご相談ください。無料で対応してくれるところもありますから、必ず滞納前の早め早めの行動が功を奏します。