住宅ローンと任意売却、債務整理などで危機を脱する

住宅ローンの返済ができない場合、金融機関に相談に行きましょう。様々な提案を貰ったとしても、それでも返済ができない場合は任意売却と債務整理を考えましょう。

まず任意売却は、今の家を売却してしまうことです。住宅ローンのある家ですが、金融機関との相談により市場での売却をするのです。金融機関の同意があれば、そのまま売却ができます。任意売却の大きな目的は、その家の売却で住宅ローンの完済ができることですが、不動産会社や任意売却専門業者はそのままその家に住み続ける提案をしてくれます。

それがリースバックです。リースバックとは、売却した家の買い主に対して、その家を賃貸物件としてもらい、そのまま居住することを許可してもらうことです。賃貸ですから、かつての自分の家に家賃を支払いながら、そのまま住むことできます。任意売却で住宅ローンの完済ができなかったとした場合、住宅ローンの残債と家賃の支払になってしまいますが、不動産会社が仲介していることから、交渉の余地はあります。ですから、最初からリースバック目的での任意売却を行うことはとても多いのです。

また、債務整理では個人再生を選択すると、住宅ローン以外の借金の減額ができます。要するに住宅ローンを無理なく支払える経済状態になります。そこで、住宅ローンだけをきちんと支払い、売却せずに済みます。いずれも、専門知識を要する手続きが必要です。任意売却の場合は不動産会社などに、個人再生の債務整理については、弁護士に相談されることをオススメします。弁護士も債務整理を行わず、任意売却を勧める方も多いようです。