住宅ローン最中の家を売却するということ

住宅ローンが払えない時に、この家を売ってお金を作る。これができるのは任意売却です。しかし、勝手に動くことは絶対に出来ません。ローンの間は、金融機関が所有権があります。これは家だけではなく、車もそうです。カーローンなどは、ローン完済時に名義を変えますが、家も同じです。ですから、金融機関の家を売ることになりますから、必ず同意を得ることになります。これが、比較的同意しやすいのですが、その理由は競売よりも高く売却できる可能性があるからです。

任意売却の時にはまだ金融機関が抵当権をつけていて、保証会社からの代位弁済もしていない状態で、返済を待っていてもらっている状態です。そして、急いで任意売却を行い売却が出来れば、一括返済で住宅ローンは完済することになります。

不動産会社では、この時に買い手に対して、債務者に賃貸契約をするように勧めることもあります。住宅ローンの残債務にもよりますが、もし500万円程度で購入した買い手に対して、そのままの物件で貸してほしい、そして今まで通りに住み続けることを同意してもらうのです。この時に毎月家賃を支払って、自分の家の用に継続して住むことが出来ます。

これはリースバックというのですが、もともとは賃貸を続けた上で買い戻すことを条件とされるものです。買い戻しや住む期間については、その時の対応によりますが、不動産会社によっては、賃貸物件として売却をすることで、このリースバックを推進していることもあります。これなら、住宅ローンで手放したと言う感覚はなく、ひょっとしたら買い戻すことができれば、少し遠回りですが、自分の家の獲得につながります。やりようにもよりますが、住宅ローンが払えないとき、案外とその家の売却ということが、その後の人生を大きく変えることもあります。

もし、返済負担が大きくなりすぎている場合には、銀行などの金融機関と任意売却対応の不動産会社にご相談ください。また、住宅ローンだけではなく生活もままならない借金を抱えている方については、弁護士にも相談されることをオススメします。