払えない住宅ローンなのに家を売却?

最近、任意売却という言葉を耳にすることが多いです。この任意売却とは、住宅ローンが払えない状態になったときに、競売物件になる前に、その家を売却することを言います。果たしてそんな事はできるのでしょうか?

住宅ローンを組んだとき、ローン完済まで、その家は金融機関のものです。すべてのローンは同じことで、車なども同じです。車もローン途中で乗り換えをすることができますから、それと同じこと?と思うところですが、形だけは似ています。ただし、そう簡単ではないということです。

任意売却は、住宅ローンを払えないことが前提にきます。競売物件になってしまうと、落札価格での処分ですから、家の価値は下がっていきます。しかし、任意売却は市場価格での売却が可能ですから、家の価値は高いまま売ることができます。

これはどういうことかというと、それぞれのメリットとして、

  • 債務者は高く売ることで、住宅ローンの返済に回すことができる
  • 金融機関などの債権者は住宅ローン返済を受け取ることができる

というすごく良い話なのですが、その手続きなどは大変です。

だれが得をするか?というと、債務者と債権者になりますが、住宅ローンは払えたとしても家は失います。債権者は、うまく行けば住宅ローンの返済総額を手にすることができますから、ひとまず安心ということでしょう。任意売却は「住宅ローンを完済したけれど家はなし、しかし、借金も残らず新しい生活のスタートを切ることができる」という債務者救済のための債務整理と考えてください。

このような任意売却ですが、住宅ローンを払えない様になってすぐに債権者が同意してくれるとも限りません。しかし、みすみす競売物件になるよりは、債権者にとってもメリットになりますから、話だけでも持ちかけることが必要でしょう。自分で行うのは大変ですから、任意売却専門業者が今好かせ、是非相談をしてください。目前の住宅ローン返済ができなくなりそうと判断した時に、相談をするのがベストなタイミングです。