とにかく住宅ローン完済だけは目指したい方

夢にまで見たマイホームは、何がなんでも手放したくない。債務整理をしなくてはならないほどの借金を抱えた方でも、個人再生を選択することで、それが可能です。ずっとこの家に住み続ける、住宅ローンは守るとの強い意志があれば、叶う事もあります。

債務整理とは、借金の返済ができなくなった方に借金の返済額を大幅に減額すること言います。法律で定められた方法で、債務者の権利として裁判所を通じて訴え出ることで、借金を減らすことができます。毎月の返済というと、住宅ローン以外にもカードローンや消費者金融などがありますが、個人再生は原則的に住宅ローン以外の借金を大幅に減らすことが目的です。そして、住宅ローンは減らさず、現状維持をすることで返済を続けることになります。それで、借金の債務整理をした上で、自分の家にそのまま住み続ける事が可能で、完済した暁には自分の家として財産になります。

債権者にしてみれば都合の良い話かもしれませんが、個人再生は住宅ローンを守ることができる画期的な債務整理です。家を失わないことで、希望も失わない債務整理によって、希望のリスタートができることが期待されています。また、住宅ローンだけはきちんと払う責任を負わす意味でも、債務整理ですべての借金が減るのではなく、ある意味ではとても苦しい結果と言えるのです。

借金が減れば、その分を住宅ローンに回すことができる。それが目的の個人再生ですが、一定の収入があることが大原則で、その他にも制約がある債務整理で、決定までにも時間がかかると言われています。