住宅ローンが支払えない時、最初に行う事

住宅ローンの支払いがキツイと思ったときには、迷わず金融機関に直接相談してください。できれば、延滞前が理想です。これがなかなかできない方が多いのが現実で、実際に住宅ローンの延滞と滞納をした末に、どうしようと悩む方も少なくありません。

世間では、支払いができなくなると競売される、今すぐに出ていかなければならない、今度のボーナスで穴埋めをするから大丈夫と本気で思っている方も多いですが、全て間違ったことです。滞納が続けば、いずれは競売になってしまう事はありますが、必ずその前に金融機関からの連絡が入ります。それをすべて無視した場合、金融機関からの連絡が代位弁済をした保証会社に変わり、債権回収会社になっていき、請求される会社が変わっていきます。

そして、債権回収会社からの請求を無視していると、競売のお知らせが入るのです。それまでに約半年近い時間がかかります。ですから、住宅ローンの支払いをしなかったからと言って、すぐに出ていかなければならない事もないのですが、無視は許されない行為です。さらに、ボーナスの穴埋めですが、それは金融機関との話し合いで可能なことで、今は放っておけばそれもできないことになります。

とにかくすぐに金融機関に行き、支払い方法の変更やボーナスで穴埋めをしたいのなら、その旨をきちんと伝えることです。一回程度の滞納では、金融機関は競売などの行為は絶対にしないですから、安心してください。大切なのは、金融機関との信頼関係を壊さないことで、支払い方法を変えてでも完済していくことが必要です。