住宅ローン延滞は相談に対応してくれる

住宅ローンの返済は、逃げ切れるものではありません。そんなことを考えたことも無いかもしれませんが、一度の延滞からズルズルと滞納に陥ってしまう場合、どうしようと不安ばかりが募ります。

住宅ローンが支払えなかったら、競売だよ、それが恐怖なのかもしれませんが、これはある意味当然のことです。支払えないものは支払えない。だから競売になってしまう。考えてみれば、品物はもらったけれど代金を払っていないことですから、競売は運命といえます。

ただ、銀行などの金融機関では、返済ができない状況になったときには、すぐに競売にはしないです。まずは、事情を聞いてくれる対応をしてくれます。その家の残額にもよりますが、今後どうしたら完済ができるかを考える用意はあります。それが返済額を下げたり、返済期間を伸ばす、一時的に利子だけの返済期間を設けるなどの配慮をしてくれます。そのような配慮をしてくれることで、住宅ローン延滞の危機を脱する事ができるのなら、迷わず相談に行きましょう。

そして、そのような問題ではなく、無収入になってしまったというのなら、それも相談に行くべきです。その場で競売になってしまうことを告げられることもありますが、それでも今の状態を話すことは筋です。住宅ローンの滞納をする方の中で、既に多重債務になっていたり、仕事がなくなってしまっている方もいます。債務整理で、住宅ローンだけを支払う手筈にする個人再生などもありますし、不動産会社に相談をして市場価格での任意売却の方法もあります。

いずれも、住宅ローン延滞を避けるための方法ですが、これからの生活のために支払う事ができる状態であるのなら、個人再生が良いかもしれませんが、任意売却をしてしまったら、家を失うことになりますから、新しい住まいなどを探さなければなりません。そこで、任意売却後のリースバックの方法もありますが、一応一定の収入がなければ対応できないこともあり、こちらも簡単なことではないこともあります。

いずれにしても、延滞のままの状態は絶対に避ける。延滞しそうになったら金融機関に行くのは大原則です。