住宅ローンの延滞六ヶ月超

住宅ローンの問題で悩んでいる人は、結構多いようですね。中でも、住宅ローンを未払いで延滞をし過ぎてしまった結果、強制的に家を失ってしまう人などもいるようです。これについては、ネットの掲示板などでもユーザーからもお叱りの声が飛び交っておりました。「対応を取るのが遅い」「もっとちゃんと向きあうべき」「ローンやクレジットを使う資格が無い」などです。

やはり、滞納六ヶ月というのは自分で考えても長いものですよね。半年の間に出来る事は探せばいくらでもあったずなのに、何も対処方法を考えなかった。当人に対して慰める言葉もありません。かと言って、家を手放すの嫌だとか、二度と支払いの遅延はしないと言っていたのですが、時既に遅しとなってしまいます。

こうなっては、全額返済の通知が来ている状況かつ払えなかったら一気に競売にかけられるという状態です。当人がもう少し早く相談窓口に連絡をしていたり、もっと早く対応をしていればこのような事態を避ける事は免れる事が出来たのかもしれません。しかし、ずっと半年もの間住宅ローンの支払いを放置していたという結果、今回のような窮地に立たされてしまったわけです。

さすがに、延滞も六ヶ月超となると、専門の所へ相談する間もないのではないでしょうか。何事も早期対処が大事だとつくづく思わされるケースでしょう。仮にまだ間に合うようであれば一刻も早くご相談すべきでしょう。但し、間に合えばの話ですが・・・。