住宅ローンが払えないときにはここにも相談を

住宅ローンの返済が困難になりそうと予想するとき、一応任意売却専門業者に相談を持ちかけてみてください。任意売却と言うのは聞きなれない言葉ですが、住宅ローン返済ができない方の救済策の一つなのです、

もし、返済が困難になった場合、数ヶ月での回復が見込まれるときには、すぐに金融機関に対応をしてもらってください。新しい返済計画などでなんとか返済できるのであれば、契約の書き換え手数料などで数十万円かかることもありますが、それでもその先新しい住宅ローンの返済ができれば、問題はありません。任意売却は、一応家を手放す方向で考える手段で、競売よりも得をする売却をするものと考えて良いでしょう。

住宅ローンは数ヶ月滞納をすると督促などがきますが、ある時一括返済の請求がきます。もちろんそんなのは返済できる状況ではないので、そういうことなら競売というのが普通のパターンです。しかし、任意売却のときは、ここからその家、売りましょう。そして、その利益で住宅ローンの返済をしましょうという展開になります。

住宅ローンを完済することも可能ですが、残念ながら家は残りません。しかし、借金もなくなったり引っ越し費用も捻出することができ、ある意味新しいスタートを切ることができます。

借金に苦しむ方には債務整理の方法もあります。自己破産になったとき、家を手放すと同時に借金もゼロになりますし、住宅ローンの支払いの責務も負いません。任意売却と大きく違うのは、引越し費用もなく返済をしなくても良くなったというだけで、後の財産なども残らないのです。

任意売却なら家だけの処分になりますから、再スタートも切りやすいことと、一応住宅ローンの返済をしたという自負は残ります。精神的な違いだけかもしれませんが、この差はこれからの人生において気持ち的に大きく違います。