住宅ローン延滞から競売までの流れ それを回避できる任意売却

どんな事情があったとしても、住宅ローンの支払いができなくなったとしたら、必ず延滞前に金融機関に相談してください。金融機関では、では競売にかけますということは絶対に言いません。

この先完済までの支援策として、

  • 利息のみの支払い
  • 返済期間の延長と支払いの減額

などの提案をしてくれます。

しかし、何の連絡のなく滞納してしまった場合、競売予告通知などがきます。なるべく早く支払ってくださいとか、来月2ヶ月分の引き落としですと言うような内容の通知がきます。それも無視した場合、早くて3ヶ月後、遅くとも6ヶ月後には代位弁済予告通知がきます。これは、保証会社が未払い分の住宅ローンを支払うということです。住宅ローンの契約時に保証会社との保証契約を結びますが、住宅ローン滞納の方の未払い分を保証会社が立替え=代位弁済をしますという予告です。

保証会社に代位弁済をされると、金融機関は関係なく今度は債権回収会社との連絡になります。この時点でも金融機関に支払いをすると、代位弁済が延期されることになります。その後、住宅ローンの契約違反をしたため一括返済の請求がきます。今度こそ、金融機関からの最終通告になります。次からの連絡は保証会社で、代位弁済をしましたので、一括返済をしてください、そうしなければ言えは競売にかけられますと言う内容の通知がきます。

ということで、住宅ローンの滞納をすると、約6ヶ月から8ヶ月までで競売物件になってしまうことになります。この間、何らかのアクションを金融機関に行うことで競売を回避する手立てはありますが、返済能力がない場合は任意売却です。この任意売却の判断も早ければ早いほうが良いのですが、もう住宅ローンができない状態ですから、この家を売却して住宅ローンを完済しますということです。

住宅ローンのある物件だとしても市場での売却が可能で、不動産会社や任意売却専門業者と交渉をします。そこで、家の売買契約をし、売却できて住宅ローンの支払いが出来れば問題はありません。家は失いますが、競売ではありませんし市場価格が高ければ住宅ローン完済も可能です。