住宅ローン延滞で競売の前に考えること

住宅ローンの返済には一定のルールがあります。消費者金融やカードローンとは違い、もし返済ができないときには、家がなくなってしまうものです。消費者金融などは無担保ローンであり、返済できない状況になった時にも差し出す担保がありませんが、住宅ローンの場合は家を競売にかけることで解決します。競売は、長年返済の住宅ローンが一瞬にして水の泡となってしまうことを意味します。

住宅ローン延滞が続き、滞納になってしまった場合の話ですが、一定の返済がないと金融機関からの連絡が入ります。この時にすぐに競売になるのではなく、完済までの方法を考えていきます。返済額を調整したり、返済期間を見直すなどの対応で、とにかく返済を続けられるようにしてくれます。

競売だから仕方ないと諦めるのはまだ早いのですが、どうしても返済ができないとなった場合、今度は不動産会社に相談です。それも任意売却対応のところで、今住宅ローンをしている物件が市場価格での売却ができるかどうかの相談です。不動産会社では、その物件が市場価格での売却が見込めるのなら、金融機関に交渉して、売却に動き出します。

これは、住宅ローンの残額に相当する売却益が出る場合、そのまま金融機関に支払うことで、住宅ローン完済を目指すものです。そこで、住宅ローンは完済となれば、その家は買い手のものになるのですが、売却益のお陰で、住宅ローンはなくなります。

結局は、この任意売却は住宅ローンのためのもので、家は人手に渡ってしまいます。しかし、市場価格は競売のような入札ではないため、高く売れることが多いです。ですから、競売ではなし得ない住宅ローン完済ができます。金融機関にしてみれば競売よりも割の良い話になりますから、不動産会社の交渉にも前向きな場合が多いとされています。