住宅ローン滞納で給料の差し押さえはあるのか?

住宅ローン滞納をしていると、給料の差し押さえがあるのでしょうか?これはあります。税金等の滞納の場合は、給料差し押さえは早くに行われることがありますが、住宅ローンの場合、競売物件になってしまうという連絡もすべて拒否をした場合、そのまま強制執行になってしまったり、給料の差し押さえもあるらしいです。

ただし、消費者金融等の1ヶ月数万円と言った場合はあっても、住宅ローンの10万円と言うのは給料が多くなければできないので、現実的な話ではないですが、一応存在はしていることなのです。住宅ローンを滞納しなければならない事態になったとき、給料差し押さえなんて言うことにならないようにするために、できることは債務整理です。そして、住宅ローンの場合は、任意売却をおすすめします。

借金滞納をすると、差し押さえがきます。消費者金融等の場合、その家の財産などですが、車や家等が対象です。しかし、どちらもない、金目のものは存在しないことも多いのですが、住宅ローンの場合は、その債務そのものが大きな財産です。そして、滞納をしてしまうと、住宅ローン払わなくても良いから競売物件になってしまうのです。さらに、自己破産の債務整理になり、身ぐるみ剥がれることになります。

任意売却は、とりあえず競売ではなく事前に売却をして、その代金で住宅ローンの返済に充てるというものです。競売物件よりも高く売れることが多いですから、ものによっては住宅ローン完済もあります。給料差し押さえなんていうことにビクビクしながら住宅ローン滞納をするのではなく、ここはすっぱりと任意売却をして、新しい人生を考えたほうが建設的です。住宅ローン滞納は、あっては欲しくないことですが、もしそうなったときの対処法は任意売却です。