住宅ローンが払えないときの連帯保証人

連帯保証人のいる住宅ローンの場合、払えないときにはどうなるのでしょうか?住宅ローンの返済の日に振込などがない場合、翌月に2ヶ月まとめてお支払いくださいと言うような案内が金融機関からきます。これで、来月に支払いができれば問題はありません。

ただし、これに対応しないと、連帯保証人に対して住宅ローンの支払いが行きます。テレビドラマなどで、知り合いの保証人になって財産を失うということがありますが、これがその例です。もし、その住宅ローンの残高の金額が多ければ財産を失う事になりますし、連帯保証人になったからには当然の義務です。保証人と連帯保証人は違います。連帯保証人の方が支払い義務は高いですから、金融機関からの支払い命令に対して必ず従わなければならないのです。

では、連帯保証人のある住宅ローンを払えないことで自己破産をしたとします。そうした場合も、借金は連帯保証人に行くことになります。この場合、連帯保証人も自己破産をしてしまうケースになります。その他、債務整理の個人再生のときも、債務者本人が楽した分の不足分は債権者から連帯保証人に請求がきます。

ただ、任意整理と特定調停のみ連帯保証人への影響はありませんが、連帯保証人も債務整理の借金返済ができなかったことで、個人信用情報機関にのってしまい、本人が行いたいクレジットやローンがしばらく受けられないことになります。

住宅ローンを組むときに簡単に連帯保証人になるものではありません。債務者を信用しないわけではありませんが、リスクが大きすぎます。最近では、連帯保証人を保証会社に依頼をすることが多いですが、お金はかかりますがその方が絶対に良いでしょう。信用を失ってしまうからのではなく、連帯保証人の人生を地獄に陥れることもあり、他人の人生を背負うことができるかの大切な決断だからです。