1つではない離婚の形 住宅ローンはどうする?

夫婦だけの離婚ではなく、子供も居る場合は大変です。例えば、引き取ったほうが住宅ローンの家に住む様になることが多いですが、返済と名義をどうするかです。財産分与ということで言えば、額面上慰謝料も十分にもらい、妻が家を出て行き夫名義で家に夫や子どもが残る。慰謝料なしで、この家を慰謝料として妻と子どもが残り、夫がでていく。慰謝料ありの上、家を妻名義にして夫が家を出て行く、など様々なパターンがあります。

家を慰謝料代わりにして、夫が返済して妻が住むのが理想とされていますが、それでも夫が一人で返済できるだけのものがあれば良いですが、滞納すると連帯保証人の妻などに請求が行きます。最近は、夫婦共働きで住宅ローンの返済をしている家庭が多いですが、離婚になった場合は、返済ができなくなってしまうことが予想される時、任意売却等で家を売り、とりあえず住宅ローンの完済を目指すのが良いとされています。競売と違い、市場価格での売却が見込まれます。

とりあえず住宅ローン完済を目指して売却し、余ったお金を配分、新しい1人の生活を始めことがすっきりとすることでしょう。住宅ローン滞納の事態は絶対に起こさないようにすることです。離婚後の滞納関係の話は、人間関係をぐちゃぐちゃにしてしまいます。