離婚後の住宅ローン滞納

住宅ローンの返済している最中の離婚については、離婚の原因にも関係してきます。

ここで整理するこことして、家を残すとしてのなら、

  • 住宅ローンを返済
  • その家に誰が住む
  • 名義はどうする

また、家は手放す場合は、

  • 任意売却などをして住宅ローンを完済する
  • 借金が多い場合、自己破産等で競売になってしまう

ということです。

現在、住宅ローンと離婚で多いパターンは、夫に非がある場合ですが。

  • 妻が住む
  • 妻に名義変更
  • 夫が返済

です。いわば、その住宅が慰謝料代わりの対処です。

その時に、妻が連帯保証人になっているかどうかが問題です。もし住宅ローンの滞納があれば、妻も返済義務が生じます。ただし、他人がなっているのであれば、その方の返済により、妻は住んでいることができます。しかし、返済ができなくなった時点で、妻は家を追い出されることになり、家も手に入らないことになります。

では、妻だけがでていき、そのまま夫が返済して住み続ける方法もあります。ただし、妻の連帯保証人はそのままの場合、夫名義の家ですが、滞納をしてしまうと妻に請求が行き、そこでも一悶着がでてきそうです。実際に多いトラブルですが、元夫の借金で、どうして私が自己破産なのよという結論です。しかし、この手の話はとても多いのです。アドバイスは必要です。