離婚が原因で住宅ローン滞納をしないために

住宅ローン滞納の問題で、最近原因の一つとして多いのが離婚です。普通、夫婦で住宅ローンを組むときには、夫名義、妻が連帯保証人か夫婦共同名義として財産にすることが多いです。一応共有財産となるのですが、住宅ローン滞納と離婚が重なった場合、何を考えなければならないでしょうか?

まず、名義関係ですが、必ず債権者に承認が必要です。連帯債務者、連帯保証人も同じですが、承認の上、名義を変更することになります。そして、財産分与になりますが、家は一つしかなく別々に暮らすことになればどういった分け方をするか?が問題です。住居に夫が住み続ける、妻が住む、住宅ローンの支払い方法の変更がある場合、名義変更を拒否されることもあります。そうなると、住宅ローンの一括返済を求められ、場合によっては競売になることも考えられます。

では、これを機に住宅ローンの借り換え、任意売却の必要がある場合には、銀行対策も考えておきましょう。借り換えローンなどについては、ファイナンシャルプランナーなどにも相談をしましょう。できれば、円満な離婚問題解決を導き、2人が納得行く方法を考えることが大切です。

ということで、住宅そのものをどうするかなどは、よく話し合いをするのですが、滞納の事態になったときには話合いばかりではなく、泥沼な状態になることが多いに考えられます。ベストなのは、2人の共有財産であるから、今の時点で任意売却をしてしまうことです。離婚にあたって住宅ローンの滞納を回避するため扱い方は色々で、ローンのことだけではなく、離婚の相談もできる専門家のアドバイスは必要です。