住宅ローンが払えない方に3つの選択

住宅ローンが払えない時の選択は3つあります。

  • そのまま返済せずに競売物件で退去
  • 債務整理の個人再生を選択して、住宅ローンの完済を目指す
  • 任意売却をして、住宅ローンの完済をする

です。

どれが良いかというと、任意売却で売却するこがベストですが、売却の可能性は住んでいる地域によって違います。買い手のニーズがある地域、任意売却専門業者などがいる場合は積極的な任意売却ができますが、家が売却の可能性がない地域ですとそのまま売却ができず、結局競売にかけられることが予想されます。

もし、債務整理で住宅ローン以外の返済が減額され、住宅ローンの返済ができる可能性があるのなら、個人再生がおすすめです。金融機関には事情を話して、住宅ローンの減額(完済期間が伸びる事もある)をしてもらい、最終的に完済をしてその家に住み続けることが理想です。

債務整理の個人再生は時間がかかる事ですが、信頼できる弁護士に相談をした上で、他の借金の債務整理と同時にマイホームを守る、住み続けることが実現できます。その際に、存在する連帯保証人にも迷惑をかけずに済みます。払えない、滞納が続くことで、即連帯保証人にも迷惑がかかることですから、どの道を選択をするか、債務整理をするのなら、早めに弁護士などに相談されて前後策を考えると良いでしょう。