住宅ローンの相談は金融機関と任意売却協会へ

 
住宅ローンの支払いが苦しい時、最初に行ってほしいのが、金融機関に相談してください。

何か解決する?

金融機関に行くことでは、今この収入であることで完済ができない。そのことで、銀行などでは完済のために契約内容の変更の提案になります。

住宅ローンの契約とは、金融機関、保証会社の審査によって、申し込み時点で完済可能な場合に審査通過になります。そこで、事情が変わって返済負担を小さくしてもらう、返済期間を長くすることで、金融機関であくまでも完済計画を立て直すことになります。

それでも返済ができない場合

住宅ローンの支払いができない時に残債がとても多い場合、また収入が極端に少ない場合、現在はコロナ禍で困っている方も多いことでしょう、

金融機関に相談に行くまでもないと思っている方もいますが、支払いが困難だとしても一度は必ず相談に行きましょう。そこで、妙案があるかもしれません。

ちなみに、減収の原因がコロナの場合は、住宅ローンの借り換え、契約内容は柔軟対応であり、今ならいつも時よりも対応は良くなっています。ただし、それでも完済ができない場合は、相談だけで、次のことも考えましょう。

任意売却の選択

そこで、支払いができない住宅ローンがある時に売却をしてしまうこと。住宅ローンの支払いをしている時には、抵当権が金融機関になっています。そこで、交渉をした上で売却をすることを言います。

現在、任意売却に関しては、法的にも認定されていることですが、金融機関の許可も必要になっています。任意売却では、住宅ローンが残る不動産を売却します。売却したお金は住宅ローンの充当することになります。債務整理の時には自己破産で不動産は強制的に売却されます。

任意売却と大きく違うのは、売却益になります。住宅ローンの支払いが大きく変わることですが、住宅ローンの完済ができないにしても、自己破産より任意売却の方が売却益が大きくなります。

同意ができれば

金融機関によりますが、任意売却の方が住宅ローンの充当が大きくなります。債務者の支払い能力が低下してしまうことでは、任意売却をすることでより残債務を減らすことができると言う内容です。

実際には、任意売却業者、不動産会社が行うことになりますが、任意売却協会もあります。任意売却に関しては、住宅ローンの支払いが苦しい方の救済策になります。

協会では、フリーダイヤルで相談ができます。住宅ローンの契約をしている、どうも完済が困難な場合は、是非相談してください。全国展開していますので、なんとか住宅ローンの支払い解決策として、任意売却も検討してみてください。

任意売却の最高の形とは?

任意売却とは、住宅ローンの残債務があるのに売却してしまうことです。

売却をする時には、抵当権があれば勝手に行うことができません。そこで、債権者である金融機関に抵当権を外してもらうことが必要になります。

住宅ローン支払いができない

住宅ローンの契約をしました。
順調に返済ができれば良いのですが、収入がなくなったとか、他に借金が多くとても住宅ローンの返済ができなくなった。その時に、自己破産だったり、個人再生という債務整理の選択があります。

この方法では、不動産を手放すことが覚悟です。ブラックリストになってしまうなどのデメリットもあります。

自己破産でいいんじゃない?

確かに、借金の返済ができない時の自己破産というのは最大の救済策です。カードローンだったり、各種ローンの返済もゼロになります。

しかし、住宅ローンの場合では、不動産というモノが存在しています。法的に自己破産してしまった時には、不動産は競売物件になります。そこからの利益では、とても少ないことになります。それでも、法的には支払いができないので仕方ないことです。

任意売却では原則的には、市場価格での売却を目指します。少なくとも競売より売却益が大きいことになります。

任意売却のメリット

そこで、金融機関としても債務者の返済ができない。自己破産では、法的に手続きを進めることになりますが、最終的には売却益も少ない。しかし、金融機関では任意売却されることで、本来の住宅ローンの返済額を請求することができます。

すなわち、任意売却の方が金融機関にとっても損が少ないことになります。

交渉の問題

任意売却では専門業者に依頼することになります。

不動産会社などでは、専門的見地からの交渉になります。債権者の協力が必要になりますが、過去に多くの任意売却を成功している業者の依頼で、うまく交渉によっては、金融機関も自己破産されるよりは良いと判断することがあります。

債務者も協力を

任意売却の話しでは、任意売却業者にすべてを委託することになります。具体的な交渉、売却までではなく、その後の住まいなども世話してくれる場合があります。リースバック対応の任意売却であれば夢が広がります。

住宅ローン契約、支払いができない。任意売却を決定して、購入者が出てくる。売却金で住宅ローンの支払いをして、住宅ローンの完済をする。その不動産に賃貸の形で住むことが可能な場合があります。

不動産会社の中では、任意売却後のリースバック対応していることで、住宅ローンの完済後そのままその不動産に住むことが可能な場合もあります。ここまでが最高のメリットになりますが、少なくとも債権者、債務者、任意売却業者の3者の協力で、全てが丸く収まることが任意売却の醍醐味です。

住宅ローン返済困難だけど、自己破産だけが解決策ではない 

住宅ローンの支払いをしている時は、完済しなければ自分の家とは言えません。買い物をローンで支払うことでは、完済して初めて自分のものになります。

住宅ローンは金融機関で契約

銀行などの金融機関で契約をしますが、住宅ローンの支払いをしている間では、抵当権がついています。ですから、完済したときに抵当権を外し、初めて自分の不動産になります。

住宅ローン契約では、所定の返済をしていく。金利が付く、その際の手続きなどがいろいろとありますが、当然住宅ローンは大変なことです。

支払いができなくなった

住宅ローン返済、クレジットカードのリボ払い、キャッシングにしても返済ができない場合は、債権者に対しては最大の配慮が必要です。

住宅ローンでは、自分のものになっていないときですし、借金をしているのは自分です。返済は義務であり、支払いができませんというのは違反です。しかし、たいていどんな支払いにしても、返済日前の支払い相談は柔軟に対応しています。

コロナ禍の現在では、国を挙げて住宅ローンの返済相談は対応していますし、その他借入に関してもコロナが原因で収入が減ったと言えば、猶予が存在しています。

猶予とか対応、相談と言っても

ローンの返済で猶予があると言っても、それは、たいてい返済期間が延ばすだけです。金融機関も金融業者もきちんと完済までのプランになります。

これは、本当は返済が正常にできないことでは、総返済額がとても多くなる。支払いができないときに相談では、仕方ないので今は少しの返済でよろしい。しかし、後できちんと返済をしてください。その際に、金利はしっかりともらいますということ。

相談しても埒があかない

住宅ローンにしても、キャッシングなどの支払いができないとき、債権者に相談に行く。その時には、今は良いけれど、結果的にはたくさんの支払いをすることになります。

住宅ローンでは、もともとが大金の借金であり、とても返済ができないということになります。そこで、この住宅ローンもキャッシングも諦めるというのが、債務整理になるでしょう。住宅ローンの返済ができないときには、自己破産の選択が多いでしょう。

自己破産をする前に

住宅ローン限定ですが、不動産というモノがあるときには自己破産ではない方法で住宅ローンの解決をみることがあります。それが、任意売却になります。

任意売却は、債権者に対して、住宅ローンの支払いができない。債務整理ではなく、その不動産を売却して、そのお金で支払うこと。住宅ローンはそのままで、不動産だけを売却させてほしいとのことです。一見調子の良い話しですが、所有者である債権者としては、自己破産されるよりはましという考え方もあります。

任意売却の選択について

任意売却は、専門知識だけではなく、その不動産の売却の可能性の見極めが必要です。全国に任意売却業者が存在していますが、しっかりと相談が必要です。

地域によっては、任意売却が困難な場合もありますが、住宅ローンの支払いができないときには、債務整理、自己破産だけではないということです。

任意売却とブラックリスト

任意売却の話題が最近耳にすることが多いです。コロナ感染拡大などで、住宅ローンの見直しをする方が多いです。

収入が回復しない

コロナの影響で、収入が激減したり、会社が倒産してしまった。その時に住宅ローンの負担が大きい場合では、債権者の金融機関では、長期の返済の相談ができます。

しかし、現実的に完済が無理と言うときには、任意売却の勧めの記事も多いです。住宅ローンの場合は、支払いができないときには、任意売却の方法があるとのことです。

任意売却ではどうなる?

任意売却業者では、住宅ローンの残債務がある不動産を売却することを言います。その時に、金融機関では抵当権を外して、売却を許可します。

実は、住宅ローンはそのまま生きています。任意売却をするけれど、もし売却されたときには、住宅ローンの支払いをすることになります。

金融機関にしてみれば、どんな形でも住宅ローン完済ができることでは交渉に応じることが多いと言います。任意売却では、不動産を売却してしまうので、自分のものにはならない。売却して住宅ローン完済したときには、任意売却で不動産を購入した方のものになります。

住宅ローン契約したけれど

任意売却では、完済したけれど、自分の家にならない。しかし、住宅ローン完済ができるし、個人信用情報機関での金融事故もないということです。

住宅がないことで引っ越しだったり、ときには、住宅ローンの返済が残ることもあります。しかし、その時には負担ない住宅ローンの返済になります。

債務整理ではない

任意売却そのものは債務整理ではありません。それは、債権者に対しては、任意売却で住宅ローンの返済をすることになります。そして、自分のものにならないこと。

しかし、返済は実行していることでは、自己破産とはまったく違うことになります。そこで、今住宅ローンの支払いができないときには、任意売却はしっかりと検討してください。

タイミングの問題

住宅ローンの支払いができないと数ヶ月返済していない事実があれば、ブラックリストになってしまうことがあります。これは、自ら金融事故になります。

そこで、任意売却の決定としては、遅滞延滞前にきちんと検討してください。任意売却の交渉、説明に関しては、専門業者に申し込みをしてください。不動産会社が対応していることがありますが、全国対応になっている所もあります。金融機関にとっても、残債の返済が多くできる方がありがたいことになります。

任意売却では全国組織で対応していることです。任意売却と自己破産の債務整理の選択は慎重に検討が必要です。今では、すぐに自己破産ではなく、任意売却は検討してください。

任意売却の選択は是非検討、相談だけでも早めに

住宅ローンの支払いができないときに、債権者の金融機関には相談してください。

その時に、収入が少なくなって、今の金額は負担が大きい。そこで、返済額を小さくして、返済期間を延ばすという提案がされることになるでしょう。

とても完済ができない

住宅ローン返済ができない理由の一つに失業がありますが、中には離婚などの問題もあります。そこで、とにかく返済ができないし、完済が無理なときには、どうにかしなければならないでしょう。

返済ができないと遅滞、延滞していくと、金融機関、保証会社からの請求。裁判所からの呼び出しがあり、全て無視していると、競売物件になります。要するに、所有者は自分ではありません。

自己破産の残債務があるときには、好き勝手にできないでしょう。自己破産したとしても競売物件になります。

売却の相談

ここで言う売却とは任意売却のことです。住宅ローンの支払いができないことで、今抵当権がある不動産に対して、金融機関に売却して住宅ローンに充当したいと申し出ます。それが、住宅ローンの任意売却になります。

債務者がこれ以上の返済ができない。金融機関としては、不動産は返済ができないのなら、最終的に競売物件になります。しかし、抵当権を外し、任意売却をすることでは、市場価格の取引になれば、売却価格も高い。その上、それで住宅ローンの支払いをするのですから、金融機関としても良い話しです。

延滞遅滞もしていないのであれば、即市場価格で売れた、高い売却益であれば、住宅ローン完済になることになります。このときに、不動産は購入者のものです。

購入者の意向によって

任意売却では、不動産会社などが仲介したときには、任意売却購入者に対して、賃貸物件としての契約の相談もできます。住宅ローン契約者が賃貸するリースバックです。購入者に意向として、任意売却で購入はしたけれど、賃貸収入があるという旨味です。

こちらも交渉次第ですが、もし購入者がかつての住宅ローン契約者に賃貸することで購入したのなら、そのまま住み続けることができます。この不動産は自分のものではありませんが、それでもそのまま住める。任意売却のメリットになりますが、全てがこのパターンではありません。ただ、任意売却としては、より条件が良い価格の売却を目指すことになります。

金融機関の返済ができないとなったときには、まずは相談してください。自己破産なども検討になりますが、住宅ローン以外に大きな借金がないときには、任意売却はオススメです。