↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

早く借金をなくすために

借金がある方で返済が一度でも大変と感じた方は、二度とその借金を増やさないことです。
借金問題で悩んでいる方は、たくさんの勘違いをしている場合があります。

多重債務で借金を減らす

多重債務に陥りやすい方の特徴で1枚のカードローンの返済額を他の銀行カードローンなどを使ってお金を作って返済することです。

確かに、支払いはできますが、同時に新しい借金を産んでいることに気が付かないのです。
いえいえ、本当はわかっていますが、1つの返済ができたことに満足してしまいます。
しかし、それは新たな利息を付けた借金を増やすことになります。

ある程度の収入があり、返済もできていて多重債務ができる方は、それでなんとなくお金が回っているような気がしています。ですが、多重債務をするたび、借金総額は増えていきます。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

消費者金融系ではないから安心

銀行カードローンを利用している方は、自分のローンは消費者金融とは違うから安心と思っている方も多いですが、借入先が銀行か消費者金融なのかの違いで、金利も同じくらい高いので、同じだと思ってください。

ですから、安心ではなく、返済期日を守らないと延滞利息もとても高くなりますし、消費者金融と何か変わりありません。

借金してでも生活の質は変えたくない

生活の質の中で、住宅だけはなんとかしたい方もいます。
一つ昔なら、競売物件として、全財産没収の債務整理しかなかったのですが、現在は債務整理の中に住宅ローンを残すことで、家を守ることは可能です。

しかし、そのほか生活水準は下げなくてはなりません。
このように考えてる方の中で、自己破産をして借金ゼロにしたら良いと思っている方も多いようです。確かに、借金がなくなれば、生活水準は保つことができますが、自己破産はそう簡単にできるものではありませんし、それ相応の理由なども必要です。

一度借りたものは、約束通りきちんと返済をする。
途中返済ができないときには、債権者に話すことが礼儀です。
“早く返したいけれど”とは誰もが思っていることですが、その理由が言い訳がましくなったり、明らかに返済できないというのであれば、債権者との話し合いも困難です。

そんなときには、弁護士などに相談をしてください。
どうして弁護士?と思う方もいますが、法律で返済に関しての救済策の債務整理があります。
弁護士に相談するメリットとして、内容を理解できるだけではなく、債権者との間にはいってくれることで、返済条件を自分に良いものにできる可能性が高いのです。

早く返済したいと同時に、少しでも借金は減らしたいというのが本音ですが、債務整理はそれが現実のものとできる方法です。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可