↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

債権者からの提案を呑むのも返済方法の一つ


債務整理では様々な返済方法があります。借金を滞納した場合、消費者金融などの債権者からの連絡は当然きます。そこでは、今後の返済方法についての相談ができます。その時に、債務者であるこちら側が債務整理を口にして、直接交渉をするのが任意整理です。

「支払うことができないから、利息分をカットしてくれ」が任意整理の内容です。それができない場合に債権者からの提案で、返済期間の延長や返済額の減額が提案されます。これも一種の任意整理と言えるでしょう。

ホームページやCMで言う任意整理は、債務者にとって有利なことですが、債権者からの提案は債権者にとって有利な任意整理といえます。また、これで個人信用情報機関に報告が行き、ブラックリストに載る事になります、

しかし、お金を借りたのは債務者です。そして、最初の契約で約束した利息を払わなければならない義務もあります。それを途中で放棄して、債権者に大損をさせるのが本来の任意整理です。仕方ないでしょ払えないんだからというのは、債権者にしてみれば言い訳です。本来交わした約束が違うことになります。それを法的に妥協してくれというのですから、債権者にしてみればとんでもないことです。

ですから、債権者からの提案で債務者は損はするけれど、返済は続けることが同意してしまうこともあるでしょう。書類の手続きで手数料として数万円あれば、もとの通り普通の返済に戻れます。ブラックリストに載るし返済額も多くなりますが、一応は債権者が納得する内容になります。

債務者にとっては損なことですが、債権者にしても経営がかかっていることです。そして、利息分の請求ができないということになると死活問題で、滞納した債務者に対して、穏やかな提案、債務者にとって損が大きいけれど負担は小さな返済方法を持ちかけてくることがあります。

それが利息制限法に引っかからないのであれば問題はないのですが、損をするのがイヤというのではあれば、債務者が債務整理の方法を考えることが必要になります。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

債務整理にはいろいろな返済方法があるけれど…


借金問題で弁護士に相談をするのは、返済方法についてです。債務者の返済能力がない場合、債務整理にすがりつくのがベストです。

自己破産や特定調停、個人再生、任意整理がありますが、どれも最初の契約違反で返済はできないけれど、然るべき手続きを踏むことで返済を大幅に楽にすることができます。その方法について、弁護士に行ってもらうケースもありますし、アドバイスをもらうことができます。

今すぐ対処してほしいのが多重債務の方です。もし、その借金がギャンブルや遊興費であったり、今は無職で収入がないのであったとしても、債務整理をすぐに行うようにしてください。遊び金の借金は、なんとなく後ろめたいという方もいます。しかし、債務整理ではそのような制限はありません。

また、無職である場合も、なんとなく債務整理をやって良いものかと思う方もいます。無職に関しては一部の債務整理しかできないので、できる債務整理をともに考えていくことになります。

現在、弁護士が手がける債務整理では、任意整理が多いと言われています。返済額のうち利息分をゼロに近づけるもので、多重債務者は元金だけを負担のない返済方法に変えることです。しかし、特定調停や個人再生では、その借金が5分の一程度になったり、自己破産ですとゼロが可能です。

債務整理で、最初からこのようなとにかく借金を圧縮したいと相談にくる方もいます。それはそれで、弁護士としても対応できることですが、借金額や今後の経済状態によっては、内容を確認した方が良い事も多いです。任意整理以外の債務整理は時間もかかりますが、借金を大きく減らすことができます。

それを知っておくと、今さら任意整理じゃなくて自己破産の方がずっと得をするからと簡単に考える方もいます。弁護士に依頼をせずに自分で行ってみるとよりわかりますが、結構大変です。ただ、借金ゼロの自己破産後の生活は憧れますけれど。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

債務整理ではなくまとめローンという返済方法


弁護士に自分の借金の相談に行ったとき、債務整理ではない返済方法を提案されることもあります。それが、まとめローンです。

世の中には消費者金融、自動車ローン、カードローンなど様々なローンがあります。普通に生活をしている方でも、月の返済額が相当高い方も多いのですが、住宅ローンや自動車ローン、カードローンもショッピングは借金の概念がない方も多いです。消費者金融とかキャッシングというと、お金のやり取りですから、いかにも借金ですというイメージは払拭できないようです。

しかし、全て借金です。人から物を借りている状態で、車などはローン完了まで自分のものにはなりませんし、家も同じです。いわばキャッシングだけが、即自分のものになってしまうと言う性質があるのです。

ところで、まとめローンですが、このように各種ローンを抱えていると、返済日や返済金額がまちまちになっていることがほとんどです。それを1つにしませんか?と言うものです。まとめローンは、キャッシングだけで数社利用している多重債務者が、あるカードローンでそれらの借金総額の借り入れができる場合、まとめローンとして高額な借り入れをします。その他の借金をすべて完済にして、新たに借りたまとめローンだけの返済をしていく方法です。

この方法は、まとめローンができるほどの借入ができることが条件になりますが、借金額は大幅に下がることになります。住宅ローンの完済は無理だとしても、自動車ローンまで完済出来れば、一挙両得の内容なのですが…。

弁護士に今の返済が大変というと、こんなまとめローンの提案でした。そして、これは債務整理ではなく返済方法を少しだけ楽にしましょうということです。早速、まとめローンができるか検討しているところです。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

保証人に迷惑をかけない返済方法について


債務整理で迷惑がかかってしまう方がいます。それが保証人です。返済を滞納した借金に保証人や連帯保証人がいる場合、請求がそちらに行きます。

この時に、単なる保証人の場合は、一応断ることができますが、連帯保証人は絶対に支払う義務があります。そして、連帯保証人が支払えないということになると、連帯保証人も債務整理をする羽目になってしまいます。

今の世の中、簡単に他人の保証人にならないほうが良いと言うのはこのようなことがあるからで、金融機関においても、保証人を探してもらうのではなく、手数料をとって保証会社利用を勧めるところも多いです。

債務整理で自己破産をした場合は、保証人のある借金も含まれてしまいます。しかし、その他の債務整理については、申立を選べます。つまり保証人に迷惑をかけたくないから、その借金は債務整理をしないことができます。返済方法として、返済額があまり大きくないものについては任意整理もありますが、多額の内容だったり、住宅ローンが含まれているときには、任意整理以外の方法が良い場合が多いです。

債務者本人の返済能力がないときに行う債務整理ですが、なんとか保証人を守りたい一心での債務整理も可能です。内容については、弁護士などに相談されることをオススメします。お金が絡むことですから、弁護士などの専門家からの説明が安心ですし、確実な債務整理の成功のためには、依頼が妥当だと思われます。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

弁護士に債務整理を依頼をすると…


激しい取り立てに合っている債務者本人にとっては、一刻も早く取り立てだけでもなんとかしてほしいと思うところです。

どんな事情があるにしても、弁護士に債務整理の依頼をすると、その取り立てはストップします。消費者金融、銀行ローン、カードローンすべての取り立てと催促がなくなるのですが、必ず弁護士と債務整理についての相談を始めましょう。債務整理のことはあまりわからない方で、多額の借金がある方、おまけに無職というケースも珍しくありません。

昔勤めていたときのクレジットカードが有効でどんどん借りていったら、返済できなくなった。通常では考えられない行動のようですが、人間はわからないもので、このような行動に陥ってしまう方はとても多いのです。これが多重債務者になるきっかけだからです。

多重債務者は、絶対に借金を減らすことができない堂々巡りで、返って借金を膨らませています。金融業者は、個人信用情報機関で債務者本人の情報は入手でき、ひどい多重債務だと借入させてくれない会社も多いですが、限度いっぱい貸付をする場合もあります。債務者本人にとってその場は助かったということですが、借金に足を踏み入れることになります。

このようなケースでも、支払いができなくなって債務整理をすることは可能です。自分で債権者と話し合いができない場合(たいていはムリです)は、弁護士に依頼をしてください。上記のように、取り立てストップ、弁護士とどのようにして借金を減らしていこうという建設的な話し合いを続けて、最も適切な債務整理を選ぶことができます。

借入額が多く多重債務の場合で返済がムリな場合は、任意整理程度の利息カットでは到底返済ができないことから、自己破産が妥当とされています。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可